コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.11.18
資格別解説

ヨガインストラクターになるには?活躍するためにおすすめの資格

ヨガインストラクター なるには

近年では、芸能人でもしている方が多くいるため、ヨガスタジオが増えてきていることもあり、ヨガインストラクターの需要も増えています。

これからヨガインストラクターを目指しているという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ヨガインストラクターになるになるにはどうすればいいのか解説していきます。

ヨガインストラクターは、活躍の場も多く、未経験でもなることができます。少しでもヨガインストラクターに興味があるという方は、ぜひ参考にしてください。

ヨガインストラクターになるには?まずは資格を取得することがおすすめ

ヨガインストラクター 資格

ヨガインストラクターを目指している場合は、まず資格を取得してみることがおすすめです。

資格を取得することで、ヨガインストラクターとしての技術や知識があることを証明することができますよ。

ヨガインストラクターの資格は、多くの種類があるため、未経験の方でも取得することが可能です。ヨガインストラクターを目指しているという方は、まずは資格の取得を目標にしてみてください。

ヨガインストラクターとして活躍するためにおすすめの資格

ヨガインストラクター おすすめの資格

ヨガインストラクターは、民間資格になるため、必ず資格が必要というわけではありません。しかし、資格を取得しておかないと、お客様から信頼されることができないため、インストラクターとして活躍することが難しくなってしまいます。

資格を取得しておくと、ヨガインストラクターへの転職や就職が有利になるため、活躍できる幅も広がりますよ。

ヨガインストラクターとして活躍を目指しているという方におすすめの資格を紹介するので参考にしてください。

ヨガプロフェッショナル

ヨガプロフェッショナル

 

ヨガプロフェッショナルの資格では、多くのヨガのポーズについて解説されています。

簡単なヨガのポーズから、難しいヨガのポーズまで知ることができるので、お客様のニーズに合わせて対応することができますよ。

また、ヨガのポーズを多く知っておくことができると、スポーツジムやヨガスクール、医療現場など、様々な場所で働くことができますよ。

そのほか、ヨガプロフェッショナルの資格は、お客様にニーズを合わせることができるため、独立や開業もしやすい資格ですよ。

【一般社団法人日本技能開発協会】ヨガプロフェッショナル

日本ヨガインストラクター協会(JYIE)

日本ヨガインストラクター協会の資格は、JYILの認定校でスクール・レッスンを受講することで、認定試験の受験資格を得ることができます。

そのため、知識だけではなく、身体的にもヨガを学ぶことができます。実際に自身が実技を受けた経験は、インストラクターになった際に活かすことができるでしょう。

また、日本ヨガインストラクターの資格には、「マスター」「アドバンス」「シニア」の3つのコースがあります。資格取得後も、さらにヨガの知識や技術を深めることができますよ。

ヨガインストラクター

ヨガインストラクターでは、マタニティやキッズなど、6つのヨガスタイルを学ぶことができます。

6種類のヨガスタイルを学ぶことができるため、初心者の方でも幅広く活躍することができますよ。

また、ヨガインストラクターの資格では、スクーリング制度というものがあり、実際にプロの方から直接指導を受けることも可能です。

実際にプロの方から直接指導を受けることで、知識だけではなく、技術も身につく通信講座になっていますよ。

こちらがプロとして活躍するためにおすすめな、ヨガインストラクターの資格です。上記で紹介した資格は、初心者の方でも安心して資格を取得することができますよ。

ヨガインストラクターの資格取得後は即行動!おすすめの仕事の探し方

ヨガインストラクター 仕事の探し方

ヨガインストラクターの資格を取得することができた場合は、次に仕事を探していきます。

ヨガスタジオの数は多くあるため、資格を取得することができたら、様々な方法で仕事を探すことができますよ。どのような方法で仕事をさがすべきなのか。

おすすめの求人サイトや仕事の見つけ方を解説していきます。

フィットネス業界専門の求人サイトを利用する

ヨガインストラクターの仕事は、一般的な求人サイトにも記載されています。しかし、大手チェーンのヨガスタジオで働きたい場合などは、フィットネス業界専門の求人サイトを利用することがおすすめです。

フィットネス業界専門の求人サイトの中でもおすすめなのが「fitness job」です

fitness jobでは、女性歓迎の求人特集や履歴書を登録することで企業からスカウトされるスカウト機能などがあります。

そのほか、「ヨガルーム」や「Yoga Job」などの求人サイトでは、個人経営や小規模のチェーン店のヨガスタジオの求人が多く記載されています。

求人サイトを利用する際は、ぜひ上記で紹介したサイトを利用してみてください。

代行サイトやSNSを利用する

ヨガインストラクターとして、知識や技術がある場合は業務委託の求人に募集するという方法があります。

しかし、ヨガインストラクターとして業務委託で働く場合は、営業をする必要があるので手間が掛かってしまいます。

そこでおすすめなのが、登録制ヨガ講師派遣サービス「YOGA DATABANK」を利用することです。

YOGA DATABANKに登録しておくと、野外イベントやオフィスヨガあど、様々な場所で活躍することができますよ。

そのほか、Facebookのグループでは、ヨガインストラクターに向けた求人情報が記載されています。業務委託として活躍をしたいという場合は、代行サイトやSNSを利用すると、仕事を見つけることができますよ。

自分でレッスンを開催する

近年では、ヨガのオンラインレッスンのニーズがとても増えております。

そのため、自分でレッスンを開催するということも以前よりかは簡単に行うことができますよ。

そのほか、自分でレッスンを開催する方法として、レンタルスタジオを予約する方法なごがあります。自分でレッスンを開催したいという方は、予約だけではなくレッスンの宣伝なども全て自分でしないといけないことを頭に入れておきましょう。

こちらがヨガインストラクターのおすすめの仕事の探し方になります。

ヨガインストラクターの仕事の場は様々あるため、ぜひ自分に合った活躍の場所を見つけてくださいね。

ヨガインストラクターの仕事が見つからない場合は代行を探そう

ヨガインストラクター 代行

ヨガインストラクターの資格は取得できたけど、仕事をなかなか見つけられないということも考えられます。

万が一仕事が見つからなくて困っている場合は、ヨガインストラクターの代行を探すことがおすすめです。

ヨガインストラクターの代行とは、インストラクターとピンチヒッターとして代行レッスンを行うことです。SNSのグループや代行を募集するサイトなども多くあるため、仕事が見つからない場合は、代行を務めることがおすすめです。

代行を務めることで仕事が決まることや自分のレッスンの特徴を見つけることができますよ。

ヨガインストラクターになりたい方は必ず資格を取得しよう

ヨガインストラクター 資格取得しよう

ヨガインストラクターは、資格を取得することができると、幅広く活躍できることが分かったと思います。

仕事が見つからないという場合でも、資格さえあれば、代行レッスンを務めることでプロとして活躍できるチャンスが訪れることもありますよ。

また、ヨガインストラクターの資格には、多くの種類があります。どの資格を取得すればいいのか分からないという方は、本記事で紹介した資格を取得すると、幅広くヨガの知識や技術が身につきますよ。