コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.08.05
資格別解説

食生活アドバイザーとは?仕事内容や魅力について解説します!

食生活アドバイザー 仕事

食生活アドバイザーは、近年モデルや女優も取得していることもあり、とても人気のある資格です。

仕事だけではなく、プライベートでも活用することができるので、取得を考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、食生活アドバイザーの魅力や仕事内容について解説していきます。

食生活アドバイザーとは?どんな資格なのか徹底解説

食品アドバザー 仕事内容

食生活アドバイザーとは、健康な生活を送るため、食生活についてアドバイスをすることができる資格です。

食生活アドバイザーの資格を取得することができると、次のような職場で働くことができます。

  • 食品メーカー
  • 飲食店
  • 医療・福祉現場
  • 食品売場
  • 薬膳コーディネーター

上記のような、食品を取り扱う職場に転職をしたいという方には、おすすめです。

また食生活アドバイザーの資格を取得していると、生活習慣病などの予防をすることも可能です。

試験を受ける条件はないため、お子様やご家族のために、食生活を学びたいという方も資格を取得することがおすすめです。

食生活アドバイザー2級と3級の違いは?合格率などを比較しました

食生活アドバイザー 比較

食生活アドバイザーは、2級と3級に分かれています。資格の取得を考えている方の中には、どちらを取るべきなのか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、2級と3級の違いを紹介していきます。

食生活アドバイザー2級の合格率は33%。資格を取得するメリットは?

食生活アドバイザー2級の合格率は、約33%と難易度が少し高めです。

食品生活アドバイザー2級のカリキュラムでは、食生活を整えるだけではなく、食を提供するための知識を学ぶことができる特徴があります。

  • 栄養と健康について
  • 食文化と食習慣
  • 食品学
  • 衛生管理
  • 食マーケット
  • 社会生活

カリキュラムを見てもらうと分かりますが、非常に幅広く食について学ぶことができます。

薬膳コーディネーターや医療・福祉現場など、食品を提供する職業につきたいという方は、食生活アドバイザーの2級を取得するようにしましょう。

食生活アドバイザー3級の合格率は55%。資格を取得するメリットは?

食生活アドバイザー3級の合格率は、約55%と2級に比べると高いです。

なぜ2級に比べて合格率は高いかというと、消費者として食生活を見直すカリキュラムが組まれているからです。

  • ウェルネス上手になろう
  • もてなし象頭になろう
  • 買い物上手になろう
  • 段取り上手なろう
  • 生き方上手になろう
  • やりくり上手になろう

2級のカリキュラムに比べると、提供者ではなく、自身の生活に役立つカリキュラムになっていることが分かります。

そのため、お子様やご家族のために、食についての知識を学びたいという方は、食生活アドバイザー3級の資格を取得することがおすすめです。

こちらが食生活アドバイザー2級と3級の違いになります。

カリキュラムを比較してもらうと分かると思いますが、食を提供する立場になりたい場合は、2級を取得することがおすすめです。

食生活アドバイザーの活用方法は?将来に繋がるおすすめの行動を紹介

食生活アドバイザー 活用

食生活アドバイザーの資格を取得しても、しっかりと活用しないと意味がありません。

特に食生活アドバイザーの3級では、提供者としての知識を学ぶことが出来ません。そのため資格を取得したはいいが、上手く活用することが出来ないという方も多いでしょう。

食生活アドバイザーを取得後に、おすすめの行動を紹介していきます。

個人でサービスを作り上げる

近年、オンラインで自分の知識やサービスを提供することが簡単です。

そのため、食生活アドバイザー3級の資格を取得した方でも、簡単に資格を活かすことができます。

身体の調子が悪く困っている方に悩みを改善できるレシピを提供することができるでしょう。

そのほか、消費者としての買い物の上手なやりくり方法などを発信していくと、ユーザーがついてきてくれる可能性が高まります。

自宅で副業として稼ぎたいという方は、ぜひ個人でサービスを作り上げてみて下さい。

調理師免許の資格を取得する

最終的に自分の店を持ちたいという場合は、調理師免許を取得しておくと、お客様からの信頼も高まります。

調理師免許を取得するためには、2年以上の調理義務が必要になります。

食生活アドバイザーの資格を取得していると、面接にも合格できる可能性がとても高いです。そのため、2年以上の調理業務ができる職場選びに苦労することはありません。

食生活アドバイザーの知識と調理師としての技術があれば、お客様からより信頼を勝ち取ることができます。

美味しく栄養バランスの良い料理を作ることができると、他の飲食店とも差別化を図ることができるでしょう。

将来的に自分のお店を持ちたいという方は、ぜひ調理師免許の取得を目指してみて下さい。

仕事で食生活アドバイザーの資格を活かせるかは自分次第!

食生活アドバイザー 自分次第

食生活アドバイザーの資格は、意味がないという声もあります。ですが、個人サービスを作り上げられることや、お客様の信頼を勝ち取ることができる資格であることは間違いありません。

特に食生活アドバイザーの3級は、消費者としての知識が中心なので、積極的に資格を活かさないという方も多いです。

ですが、世の中は、提供者よりも消費者の数の方が圧倒的に多いです。そのため、消費者としての知識はとても需要があります。

ぜひ、資格を取得している自分に自信を持ち、積極的に行動するようにして下さい。