コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2021.02.04
資格別解説

ブルベ夏(サマータイプ)に似合う色の特徴〜似合うコーデやメイクも紹介〜

パーソナルカラー サマー

「似合う色」を理解するだけで、アイテム選びやアイテム同士の組み合わせ方を知ることができます。

「似合う色」というのは、パーソナルカラーのことです。 今回は、パーソナルカラー・ブルベ夏(サマータイプ)さんに似合うカラーの特徴やコーデやメイクを紹介。

ブルベ夏(サマータイプ)の特徴

ブルベ夏(サマータイプ)の特徴

ブルベ夏サマータイプの方は、エレガントで優しい雰囲気をもっています。

顔は、白く透明感があり、輪郭もっきりとした小顔が特徴的です。芸能人では「石田ゆり子さん」や「木村多江さん」がサマータイプに該当します。

サマータイプに該当する方は、パステルカラーやソフトカラーなど、クリアで明るい色が似合います。

初夏をイメージさせるブルーベーズの水色や淡いラベンダーピンク、スモーキーグレーなどのカラーを取り入れると、上品な女性らしさを演出することができます。

関連記事あなたへのおすすめパーソナルカラーとは〜タイプ別おすすめアイテムも紹介〜

ブルベ夏(サマータイプ)に似合うカラー

ブルベ夏(サマータイプ)に似合うカラー

パーソナルカラーには「ブルーベース」と「イエローベース」の2種類があります。

  • イエローベース・・・暖かみや黄みがあるカラー
  • ブルーベース・・・冷たく青みがあるカラー

サマーとは、低綾度なブルーベースの色合いのことをいいます。
以上のことを踏まえ、サマータイプの方が色を選ぶ際は、どのような色を選択すればよいのか紹介します。

サマータイプの方は、黄みがかっていないオフホワイトがおすすめです。

ブルーと合わせることで、軽快な印象を与えることができます。

ベージュ

サマータイプの方は、スモーキーベージュがおすすめです。

白や青色を取り入れたコーディネートをする際は、明るめのローズベージュなどを取り入れてみてください。

ブラウン

サマータイプの方は、ココアやローズブラウインなど、ピンクみを帯びた色がおすすめです。

冬にブルー系の色やオフホワイトの洋服を着る際に、ココアやローズブラウンなどのカラーを合わせることで季節感を出すことができます。

グレー

サマータイプの方は、明るさがあるブルーグレーやスモーキーグレーを選ぶことがおすすめです。

青みの入ったグレーのコートやジャケットを着ると、大人びた上品な印象を与えることができます。

ネイビー

サマータイプの方は、グレイトネイビーのような、スモーキーなネイビーがおすすめです。

オフィスシーンなどでネイビーを選ぶと、品が良く引き締まった印象を与えることができます。

ピンク

サマータイプの方は、オーキッドやソフトフューシャーなど、青みが強いピンクやローズピンク、パウダーピンクが似合います。

ペーパーミントなどのグリーンと合わせることで、女性らしさを引き出すことができます。

黄色

サマータイプの方は、ライトレモンイエローのような、青みの強い黄色がおすすめです。

黄色をコーディネートに採用する際は、メリハリのある配色にすることがポイントです、黄色の反対色である、スカイブルーやパンジーブルーなどと合わせてみてください。

サマータイプの方は、ブルーグリーンのような青みが強い緑色やミントグリーンがおすすめです。

緑をコーディネートに採用する際は、ピンク色と合わせることでロマンチックな印象を与えることができます。サマータイプの方は、デートシーンで、緑色を取り入れたコーディネートをしてみてください。

サマータイプの方は、プラムのような赤みのある紫やラベンダーがおすすめです。

ライトブルーと合わせることで、品がよく見られ相手からも好感を持たれます。サマータイプの方は、オフィスシーンで、紫いろを採用してみてください。

以上がサマータイプの方が似合う色になります。

ブルベ夏(サマータイプ)に似合うコーデ配色のポイント

ブルベ夏(サマータイプ)

先程、サマータイプの方が似合う色を紹介しました。

サマータイプは、穏やかで、上品なスタイルが似合います。そのためコーデをする際は、エレガントな服装やノーブルな服装、シンプルな服装をすることがおすすめです。

以上のことを踏まえた上で、サマータイプの基本スタイルや避けたほうが良いカラーを見ていきましょう。

基本スタイル

サマータイプの方の基本スタイルを3つ紹介します。

【基本スタイル1】

パウダーピンクやローズピンクに、ラベンダーを合わせたピンクコーデがおすすめです。ピンクコーデは、女性らしい上品な印象を与えることができます。

ピンクを軸にコーデをする際は、ペーパーミントと合わせてあげると、さらに女性らしさを引き出すことができますよ。デートシーンには、ピンクを軸にしたコーデを考えてみてください。

【基本スタイル2】

ラベンダーとソフトホワイトのトップスにミディアムブルーのボトムスを合わせたコーデがおすすめです。

そほのか、ラベンダーに問とブルーを合わせ、足元にネイビーを合わせると、引き締まったコーデになります。ビジネスシーンには、ラウとブルーやラベンダーなど合わせたコーデをしてみてください。

【基本スタイル3】

ブルーグレーとローズベージュのトップスに、ココアのボトムスをあわせたコーデがおすすめです。

グレー系やブルー系の色が似合うというサマータイプの方は、ココアと合わせたコーデをすることがおすすめです。がっちりとしたシーンでは、ぜひグレー系やブルー系のコーデををしてみてください。

避けたほうが良いカラー

サマータイプの方は、黄みがかったイエローベースの色が苦手です。そのほか、極端に淡い色や鮮やかな色は避けるようにしてください。

また、サマータイプの方が「スプリングタイプ」「オータムタイプ」「ウィンタータイプ」の色を身につけると、外見が悪くなってしまうので注意しましょう。

  • スプリングタイプの色・・・顔色が悪く見られ、しつこい印象を与えてしまう
  • オータムタイプの色・・・顔色が悪く見られ、重い印象を与えてしまう
  • ウィンタータイプの色・・・色に負けて浮いた印象を与えてしまう

サマータイプの方が、そのほか3タイプの色を身に着けてしまうと上記のようなデメリットがあるので注意しましょう。

ブルベ夏(サマータイプ)におすすめの服装

サマータイプの方におすすめの服装を紹介します。

フェミニンタイプのファッション

サマータイプの方は、フェミニンなファッションがよく似合います。

青みのあるピンクをセットアップにすると、華やかで品よくまとめることができます。小物をオーキッドを散らすと、さらにフェミニンなファッションにすることができます。

エレガントなファッション

ネイビーなコートに、くすみのあるパステルカラーのパーツをインすることで、エレガントに仕上がります。

足元に、ホワイトをあわせてあげると、清潔感がさらにますのでおすすめです。

大人のフェミニンタイプのファッション

サマータイプの方が、ベージュの洋服をきてしまうと、くすんで見えてしまうことが多いです。しかし、ローズベージュのような、ピンクがかったベージュであれば問題ありません。

ピンクがかったベージュ色のワンピースを着ると、大人のフェミニンなコーデに仕上げることができます。

ワンピース一枚で、プライベートからデートシーンまで使えるのでおすすめです。

ハイブランド系ファッション

サマータイプの方は、上品なデザインやシンプルなデザインが多いブランドを選ぶ必要があります。そのため「N.」や「ジルバイジルスチュアート」など、シンプルでかわいいブランドを選んでみてください。

バッグなどのアイテムを選ぶ際は、「クリスチャンディオール」のような、ネイビーやグレーのアイテムが多いブランドです。

そのほか、サマータイプの可愛らしく優しい雰囲気を活かすために、クロエやイブ・サンローラのような優しい色が豊富なブランドもいいでしょう。

ブルべ夏(サマータイプ)に似合うメイクのカラー

ブルべ夏(サマータイプ)に似合うメイク

各タイプによって似合うメイクのカラーは異なります。

パーソナルカラーに似合うメイクを解説するので、ぜひ参考にしてください。

肌色とベースメイク

サマータイプの方は、ブルーベースなため、ピンクオークル系の色が似合います。

  • ライトピンクオークル
  • ピンク
  • ライトオークル
  • オークル
  • ベビーピンク
  • ローズブラウン

ベースメイクをする際は、上記色の中から、肌の明るさや色に合うものを選びましょう。

また、ベースメイクで艶を出しすぎてしまうと、顔が浮いた印象になるので注意してください。

チーク

サマータイプの方は、淡いピンク系の色が似合います。そのため明るいローズピンクやスモーキーな青みがあるピンクを選ぶことがおすすめです。

オレンジ系の色をつけてしまうと、肌色がくすんで見えてしまうので注意しましょう。

リップ

サマータイプの方は、ローズピンクやモーブピンクのような青みのあるピンク系やラズベリーやストロベローな赤系の色が似合います。

パール感があるリップを選ぶことで、清楚で上品な印象を与えることができます。また、普段使いの場合は、ラメやグラスを控えめにするるようにしましょう。

アイカラー

サマータイプの方は、瞳が優しく、ふちがぼんやりとしているのが特徴です。そのため。穏やかな色を選ぶことがおすすめです。

ブルー系やパール系、ピンク系のアイカラーを場面に合わせて選んでみてください。

また、目の際は、黒のアイライナーで締めることが基本になります。黒が強すぎるという場合は、暗いシルバーやグレーの系の色を選びましょう。

まとめ

パーソナルカラーサマー まとめ

サマータイプに、似合わない色と似合う色があることが分かったと思います。自身に似合うコーデやメイクの色を理解することで、さらに自分の魅力を引き出すことができます。

また、パーソナルカラー16タイプ分割診断をすると、さらにサマータイプカラ4つのパターンに分類することができます。

より詳しく自身に似合う色を知りたいという方は、パーソナルカラー16タイプ分割診断をするといいでしょう。

関連記事パーソナルカラー16タイプ分割診断とは〜おすすめサロンも紹介〜