コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-600-2505

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2021.01.18
資格別解説

パーソナルカラーに役立つおすすめ資格

パーソナルカラー資格種類 アイキャッチ

色彩に関する、資格や検定試験は、多くあります。それぞれの検定で学べる内容が違うため、自分に合った検定や資格を受ける必要がありますよ。

この記事では、パーソナルカラーの知識や技術が身につくおすすめの資格を紹介します。

各資格の特徴も詳しく解説しちるので、自分に合った資格を見つけてみてください。

パーソナルカラーにも資格がある

パーソナルカラーにも資格がある

パーソナルカラーには、多くの資格があります。

パーソナルカラーの知識や技術を身につけることができると、個人々々に合った色を理解することができます。そのため、パーソナルカラリストやデザイナーなど、幅広い業界で働くことができますよ。

そのほか、パーソナルカラーの資格を取得すると、次のような業界で活かすことができます。

  • フアッション・アパレル業界
  • 美容業界
  • プライダル業界
  • アクセサリー業界
  • フラワー業界
  • インテリア業界
  • ホテル業界
  • 広告・Web業界
  • 福祉業界…など

色彩についての知識や技術を身につけると多くの場面で役立てることができます。

将来を見据え、何か資格を取得したいという方は、パーソナルカラーの資格を取得することがおすすめです。

おすすめ資格

パーソナルカラー資格

パーソナルカラーを身につけることができる資格は、多くあります。

より実践的な技術や知識を学ぶたいという方は、次の資格を取得することがおすすめですよ。

  • 色彩技能パーソナルカラー検定
  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター検定試験
  • 色彩士検定
  • パーソナルカラリスト
  • 色彩活用パーソナルカラー検定(JーCOLOR)
  • ラピスアカデミーパーソナルカラーアナリスト
  • パーソナルカラーアナリスト

それぞれどのような特徴の資格なのか解説していきます。

色彩技能パーソナルカラー検定

料金
モジュール17700円
モジュール28800円

色彩技能パーソナルカラー検定は、内閣府認証全国検定推進機構にも登録されている資格です。

色彩理論やパーソナルカラーについての知識を理解することができるため、美容やファッションの現場で役立つ検定です。

色彩技能検定には、「モジュール1(初級)」「モジュール2(中級)」「モジュール3(上級)」で分かれています。

上級に関しては、初級と中級に合格してから受験することが可能です。

色彩検定

料金
3級7000円
2級1000円
1級15000円
UC級6000円

色彩検定は、初めて検定が実施されたのが1990年です。

30年ほどの歴史をもっている検定なため、高い知名度を誇っています。

色彩検定には、次の3つの段階に分かれています。

  • 3級:色彩学の基礎を学ぶ
  • 2級:3級の範囲をより深く学ぶ
  • 1級;2級と3級の範囲に加え、色彩の専門的な知識や技能を学ぶ

1級は筆記と実技があるため、難易度が一気に難しくなります。

また、色彩検定には、「UC級」があります。

uc級は、色彩検定2級~3級の基礎をベーズに、ユニバーサルデザインについて学ぶことができますよ。

カラーコーディネーター検定試験

料金
3級5340円
2級7480円
1級9620円

カラーコーディネーター試験では、色の性質や特性、色彩の知識が身につきます。

色が持つ効果を詳しく知ることができるため、ビジネスの場面で色についての知識を活かすことができますよ。

カラーコーディネーターには、「アドバンスクラス」と「スタンダードクラス」の2種類があります。

スタンダード知識では、カラーコーディネーターとしての基礎知識が問われます。

アドバンスコースでは、カラーコディネータとしての幅知識や応用力が問われる問題が出題されます。

会社の中で、違うスキルエオ身につけたいという方は、カラーコーディネーター検定試験の資格を受けてみてください。

色彩士検定

料金
3級6000円(税込)
2級7500円(税込)

色彩士検定では、色彩についての基礎知識から応用まで、幅広い知識を身につけることができます。

試験内容は、実技問題や実践的な問題が多いため、アーティストやデザイナーからも人気がある資格です。

公式が準備したテキストから、問題が提出されるため、独学で勉強をすることも可能です。

将来的にデザイナーやアーティストとして活躍したいという方は、色彩士検定の資格を取得することがおすすめです。

パーソナルカラリスト

料金
3級7700円(税込)
2級11000円(税込)
1級17600円(税込)

パーソネルカラリストでは「人と色」について、学ぶことができます。

人と色は、美容やファッションだけではなく、SNSや販売、福祉など、様々な分野に関係しています。そのため、パーソナルカラリストの資格を取得すると、幅広い場面で色彩についての知識を活かすことができますよ。

パーソナルルラリスト公式テキストから出題されるため、勉強範に困ることはありません。色彩についての知識がないという方でも安心して受けることができますよ。

色彩活用パーソナル検定(JーCOLOR)

料金
3級5000円
2級8000円

色彩活用パーソナル検定では、色彩活用をするための技術や知識を身につけることができます。

実際の現場で色彩を活用するための術を知ることができるため、実践で色彩を活かしたいという方におすすめです。

色彩活用パーソナル検定を運営している「JーCOLOR」は、カラーイベントなどの活動もしているため、資格取得後も色彩について学ぶことができます。

そのほか、条件がを満たすことができれば、認定講師として活動することも可能です。

資格取得後、活躍の幅を増やしたいという方に色彩活用パーソナルカラーはおすすめです。

ラピスアカデミーパーソナルカラーアナリスト

料金
パーソナルカラー入門コース受講料:23000円
教材費:2200円
カラー&イメージコンサルタント養成コース受講料:663,000円
教材費:30750円
入学金:10000円

ラビスアカデミーパーソナルカラーアナリストでは、「プロ養成コース」と「入門コース」の2種類があります。

入門コースは、一日簡潔なため、資格を取得したいが、時間がないという方にもおすすめです。

プロ養成コースでは、パーソナルカラーについての分析やアドバイスをすることができるようになります。

そのため、個人コンサルティングやセミナーなど、幅広い活躍をすることができますよ。

プロとしての活動もバックアップしてくれるサポートがあるため、パーソナルカラーアナリストとして活躍したい方におすすめです。

パーソナルカラーアナリスト

料金
パーソナルカラーアナリスト入会均
受講料:224,000円
個人レッスン:448,000円(教材費込み)

パーソナルアナリストでは、色の識別技術やパーソナルカラー診断技術について学ぶことができます。

実践中心のカリキュラムクマれているため、プロの実務スキルを身につけることができます。

また、講師陣は、第一線で活躍しているプロの方なので、プロのレベルを理解することができる資格でしょう。

コース終了後には、ビジネスオリエンテーションという企業するにあたってのノウハウを学ぶことができます。そのため、将来フリーランスとして活躍したいという方に、パーソナルカラーアナリストはおすすめです。

まとめ

パーソナルカラー資格種類 アイキャッチ

パーソナルカラーの資格には、様々な種類があることが分かりました。

そのため、パーソナルカラーの資格を取得する際は、学び対知識や技術、将来自分が進みたい道を明確にすることが大切です。

また、資格によっては、独立や開業をサポートしてくれる場合があります。将来独立を目指しているという方は、サポート体制がしっかりとしている資格を取得するようにしましょう。

TOPへ