コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.10.21
資格別解説

パーソナルカラーの資格を取得するべき!カラリストになる方法は?

パーソナルカラー資格

パーソナルカラーの資格を取得してカラリストになりたいという方はいませんか。

この記事では、カラリストになるためにおすすめのパーソナルカラーに関する資格を紹介しています。

また、カラリストに向いている方やパーソナルカラーの資格を取得するとどのような業界で働けるのか解説しています。

パーソナルカラーに関する資格に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

パーソナルカラーの資格を取得するべき!向いている人を解説

カラリスト 向いている

パーソナルカラーの資格を取得した後に、カラリストとしてやっていけるか心配という方も多いのではないでしょうか。

まずは、どのような方がパーソナルカラーの資格をしっかりと活かすことができるのか見ていきましょう。

  • 海外に行くことが好き
  • 流行りに敏感
  • 自分の意思を伝えることができる
  • ファッションやメイクに興味がある

海外に行くことが好きな人

日本と海外では、色の使い方が違うこともあり、海外に足を運び勉強をしないといけないこともあります。

また、海外に行かない場合でも、外国の方をコミュニケーションを取らないといけないこともあるでしょう。

そのためパーソオナルカラーの資格を活かしたい場合は、海外に行く勇気も必要です。仕事で海外に行くこともあるので、海外に行くことが好きだという方は、パーソナルカラーの資格を活かすことができるでしょう。

流行りに敏感

カラリストとして働くためには、センスだけではなくマーケティング能力が必要です。

マーケティング能力を構築するためにも「何が流行っているのか」「これから何が流行りそうなのか」など、流行りに敏感になることが大切です。

カラリストになりたいという方は、新しい情報を自分なりに咀嚼できる能力をつけておくようにしましょう。

自分の意思を伝えることができる

カラリストは、お客様の要望を聞き出し、それに見合った意思を伝えることが仕事です。

そのため、自分の意思をっかりと伝えるプレゼン能力も求められます。

センスだけではなく、コミュニケーションを摂ることが多い職業でもあるので、人と接するのが好きだという人は、パーソナルカラーの資格を活かすことができます。

ファッションやメイクに興味がある

カラリストは、色彩だけではなくファッションやメイクに興味がある人が向いています。

なぜなら、カラリストは、色彩に関する知識だけではなく、最終的にはセンスが必要になる職業だからです。

ファッションやメイクのために色彩の知識を身につけたいという方は、カラリストとして活躍できるでしょう。

パーソナルカラーの資格を取得すると活躍できる業界

パーソナルカラー業界

パーソナルカラーの資格を取得すると、カラリストとして次のような業界で働くことができます。

  • アパレル業界
  • ネイル・メイク業界
  • 美容業界
  • アクセサリー業界
  • インテリア業界
  • web業界

カラリストの仕事内容は、TPOに合わせふさわしい色彩をアドバイスすることです。

そのほか、マーケティング戦略や商品企画など、商品の売上を伸ばすための色彩活用方法を提案することもあります。

このようラリストを目指している方は、次のパーソナルカラー講座を受けることがおすすめです。

  • パーソナルカラープランナー
  • 色彩技能パーソナルカラー検定
  • カラーコーディネート講座
  • カラーコーディネーター

パーソナルカラープランナー

パーソナルカラープランナー

パーソナルプランナーの資格は、最短であれば2週間で資格を取得することが可能です。

色彩に関する基礎知識だけではなく、「色が与える感覚」や「配色のポイント」なども解説されています。

また、パーソナルヵラ-診断の基本を知ることができるため、資格を取得すると実践でも役立ちます。

自宅で簡単に試験を受けることもできるため、時間がないけどカラリストを目指したいという方は、ぜひパーソナルカラープランナーの資格を取得してください。

【一般社団法人日本技能開発協会】パーソナルプランナーの資格

色彩技能パーソナルカラー検定

色彩技能パーソナルvカラー検定は、内閣府認証全国検定推進機構にも登録されている資格です。

そのため、カラリストの中では知名度のある資格になります。

また、資格を取得後も会員になることで、セミナーやイベントに参加することができます。

資格取得後も、セミナーやイベントに参加したいという方は、色彩技能パーソナルカラー検定の資格を取得することがおすすめです。

しかし、試験日程日が決まっているため、好きなタイミングで資格を取得できるわけではないので注意しましょう。

カラーコーディネート講座

カラーコーディネート講座の資格を取得すると、教本だけではなくカラーカードやパーソナル布スウォッチなどもセットでついてきます。

そのため、カラーコーディネート講座を受講すると、実際に道具を使いなが学ぶことができます。

最大で12ヶ月までサポートがあり、1日30分~60分の勉強で資格を取得することが可能です。

資格の取得を長期的に考えている方や実際に道具を使いながら勉強をしたいという方は、カラーコーディネート講座のし各区を取得することがおすすめです。

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの資格は、最短1ヶ月で資格を取得することが可能です。

また、万が一不合格の場合は全額返金になるため、初心者の方でも安心して受講することができます。

また、カラーコーディネータの資格に合格すると、さらにもう一つ無料で資格を取得するサービスがついています。

パーソナルカラー講座だけではなく、さらにインテリアやネイリストの資格を取得すると、カラリストとしてより活躍することができます。

資格を複数取得したい方は、カラーコーディネーターの資格を取得することがおすすめです。

カラリストになるためにもパーソナルカラーの資格を取得しよう

パーソナルカラー まとめ

カラリストになることができれば、幅広い業界で働くことが可能です。

カラリストを目指しているという方は、パーソナルカラーの講座を受講して資格を取得するようにしましょう。

また、パーソナルカラーの講座を受講する際は、本記事で紹介した資格を取得することがおすすめです。

カラリストを目指しているという方は、ぜひパーソナルカラーの資格を取得しましょう。