コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.10.31
資格別解説

オーガニック目的とは?無農薬野菜を作る際のポイントを解説

オーガニックとは

環境や健康のことを考え、オーガニック食品が気になるという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オーガニックとは何なのか、オーガニックの目的やメリットを解説します。

無農薬野菜を作る際のコツも紹介しているので、オーガニックが気になるという方は、ぜひ記事を参考にしてください。

オーガニックとは?

オーガニックとは、太陽や水、生物など自然を生かした農林水産業や加工法のことです。

2001年には、有機JAS法というオーガニック食品ルールができました。

オーガニックの基準は次になります。

  • 環境や生態系を維持している
  • 種や苗を植える2年~3年前は以上に農薬や科学肥料を使用していない
  • 周辺の農場からも農薬や科学肥料が流れてこない
  • 栽培中に農薬や化学肥料を使用していない
  • 土やたいひを作る際にミミズや微生物を利用している
  • 雑草や病害虫から守るために農薬や化学製品を使用していない
  • 収穫後の輸送や保管の工程の際に農薬や科学製品に汚染されていない
  • 遺伝子組み換えの技術を仕様していない

上記などがオーガニックの基準になります。

しかし、オーガニックは、緊急事態やむを得ない状況になった際は、農薬や化学製品を使用することを許しています。

例えば、災害や害虫など、農薬を使わないといけない場合は、指定された農薬を使用することができます。

オーガニックは、基本的に農薬や化学肥料を使用してはならないというルールであることも覚えておきましょう。

オーガニックの目的とメリット

オーガニック 目的

オーガニックの目的は、人間や動物、微生物など、環境に負荷をかけない生産方法を目的としています。

そのためオーガニックは、安全や安心というだけではなく、生き物の生態系を守るというメリットがあります。

そのほか、オーガニックには次のようなメリットがあります。

  • 厳しい基準をクリアしている
  • 素材の味を感じることができる
  • 生産者が分かる
  • アレルギーの予防に繋がる

厳しい基準をクリアしている

オーガニックは、有機JSA法の基準をクリアしている食品です。

先程紹介したように、有機JSA法の基準は厳しいため、オーガニック認証されている食品は安心です。

安心したオーガニック食品を購入したい場合は、JSA法をクリアしたという証明になるマークを選ぶようにしてください。

JSA

こちらがJSA法の基準をクリアした証明のマークになります。

オーガニック食品を購入する際は、ぜひJSAのマークがついたものを選ぶようにしましょう。

素材の味を感じる

オーガニックは、化学調味料が入っていないため、味の素材を楽しめるというメリットがあります。

また、土地や季節の環境の変化により、味が変わるというのもオーガニックならではです。

また、オーハニックの味を引き立てたい場合あ次の調味料を使って料理をすることがおすすめです。

  • 醤油
  • 味噌
  • みりん
  • 菜種
  • オリーブオイル

生産者が分かる

オーガニック食品は、作った農家さんの情報を紹介していることが多いです。

また、ホームページなどがある場合は、栽培方法まで分かるので安心できるというメリットがあります。

どこで、どんな人が栽培しているとのか知りたいという方には、オーガニック食品がおすすめです。

アレルギーの予防に繋がる

アレルギーの原因として、農薬や科学肥料などが考えられます。

オーガニック食品は、基本的に農薬や科学肥料などが含まれていないため、アレルギーの予防にも繋がります。

アトピーや喘息など、完治することが難しい病気を持っている方にもオーガニック製品は人気があります。

また、アレルギーの予防のためにオーガニック食品を利用したいという方は、栄養学の資格を取得することがおすすめです。

栄養学の資格を取得すえうと、より美味しく安全に調理することができるでしょう。

【一般社団法人日本技能開発協会】食育栄養アドバイザー

オーガニック食品には、上記のようなメリットがあります。

オーガニックは、環境だけではなく健康にも様々なメリットがあるため、ぜひ試してみてください。

無農薬野菜の作り方は?失敗しないためのコツを解説

無農薬品 作り方

無農薬野菜には、様々なメリットがあるため、自宅で作りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

無農薬野菜は、コツさえ覚えてしまえば、自宅でも作ることが可能です。

無農薬野菜を作りたいという方は、次のことに気をつけましょう。

  • 栽培品種選び
  • 害虫対策を行う
  • 栽培環境を整える

栽培品種選び

野菜の中にも、病気に強い野菜や虫がつきにくい野菜があります。

無農薬野菜を作る際は、育ちやすく丈夫な野菜を選ぶことがポイントです。

寒い地域に住んでいる場合は、ほうれん草など、冷温に強い野菜を選ぶといいでしょう。

温かい地域に住んでいるという方は、サツマイモなど、生育適温が高い野菜を選んでください。

また、栽培をする際は、通販などで固定種を購入することがおすすめです。

害虫対策を行う

無農薬野菜を作る際は、害虫対策をしっかりと行う必要があります。

害虫対策には、様々な方法がありますが、中でもおすすめなのが「マルチング」です。

マルチングとは、植えた植物の表面をビニールで覆う方法です。

害虫の他にも温度変化から守ることや土の乾燥の対策にもなります。

また、マルチングを行う際は、次のことに気をつけるようにしてください

  • 土に水分が染み込んでるタイミングで行う
  • 土の表面とマルチをピッタリと行う
  • 水のやりすぎには注意する

こちらがマルチングを行う際に気をつけることになります。

また、マルチには、透明や黒、シルバーなど様々な色があります。

黒のマルチは雑草の防止、シルバーのマルチは、害虫の予防など効果が異なるため注意しましょう。

栽培環境を整える

野菜を作る際は、環境を整えることはとても重要です。

種まきをする前に必ず水はけや風通しをチェックしておきましょう。

また、野菜には生育適温があるため、季節に合わせて野菜を育てるということも重要です。

万が一地温が足りないと感じた場合あ、透明のマルチをかけるなど対策を行うようにしましょう。

こちらが無農薬野菜を作る際のコツになります。

農薬での野菜つくりよりも難しいため、まずは育てやすい野菜から育てることがおすすめです。

オーガニックについて詳しく知りたい場合は講座学習がおすすめ

オーガニックアドバイザー

オーガニックに興味があるという場合は、講座学習で詳しく学ぶことがおすすめです。

なぜなら野菜の育て方は、春野菜や夏野菜などによって異なるため、独学で学ぶことは非常に難しいです。

そのほか、オーガニックの資格を取得することで食に関する仕事や美容に関する業界でも活躍することができます。

オーガニックに興味があるという方は、ぜひ「オーガニックベジタブルアドバイザー」の資格を取得してみてください。

【一般社団法人日本技能協会】オーガニックベジタブルアドバイザー