コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-963-5666

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.05.07
資格全般

国家資格の難易度~おすすめ資格とは~

国家資格の難易度とは

資格 難易度

国家資格の難易度が決まる2つの重要なことは以下の通りです。

  • 合格率
  • 受験者のレベル

合格率

合格率によって、国家資格の難易度が決まります

国家資格の合格率が低いものほど、難易度が高いと言えるでしょう。

受験者のレベル

国家資格の難易度は合格率だけではなく、受験者のレベルも判断する必要があります

同じ合格率でも、受験者のレベルが低い場合と高い場合では難易度が異なるからです。

難関国家資格は、自然と高い受験者が集まるので、合格率で判断できるでしょう。

しかし、受験資格がない誰でも受験できる資格は、全く勉強しないで受ける人もいるので受験者のレベルは様々です。

そのことから、国家資格の難易度は合格率だけではなく、受験者のレベルも判断基準の1つになります。

資格難易度ランキング

ランキング

国家資格難易度ランキング

難易度の高い国家資格TOP3をご紹介します!

  • 司法試験
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士

これらの国家資格は、資格取得までに複数回の試験・長期の実務研修が必要とされるので難関度が高い資格です。

法律資格難易度ランキング

法律系の資格の多くが超難関資格です。

法律系の難関資格の一覧をご紹介します。

  • 司法試験
  • 公認会計士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 中小企業診断士
  • 知的財産管理技能士1級
  • 社会保険労務士
  • 行政書士

IT資格難易度ランキング

IT関係の難問~超難問までの資格をご紹介します!

  • ITストラテジスト試験
  • システム監査技術者試験
  • プロジェクトマネージャー試験
  • ITサービスマネージャー試験
  • システムアーキテクト試験
  • エンベテッドシステムスペシャリスト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • 情報処理安全確保支援士試験

難易度が高い国家資格を取得するためには

難易度が高い国家資格を取得するには、どの資格であっても勉強することが必要です。

また、ある程度の時間を要するのでその時間の確保も必要です。

そのため、難易度が高い国家資格を取得する人には通信講座などの受講がおすすめです。

また、仕事をしながら資格を取りたい人にむけて、次に短期間で取れるおすすめ国家資格をご紹介します。

短期間で取れるおすすめ国家資格

おすすめ国家資格

長期間、勉強が必要になる国家資格が多い中、短期間の講習受講だけで取得できる資格もあります。

短期間で取得できる国家資格を3つご紹介します。

甲種防火管理者および防災管理者併せて開催される2日間の講習受講と簡単な修了試験で2つの国家資格が取得できます。
衛生推進者(1日のみ講習)/安全衛生推進者(2日間の講習)安全衛生推進者を取得すると衛生推進者も取得したことになります。
食品衛生責任者(1日の講習受講と簡単な修了試験)どこの都道府県で取得しても全国で有資格者として働けます。

この3つの国家資格は費用も安く、様々な業界で役に立つ資格なのでおすすめです。

まとめ

国家資格の難易度は合格率・受験者のレベルによって決まります。

難易度の高い国家資格TOP3は司法試験司法書士不動産鑑定士の3つです。

どの資格も合格率は5%以下なので合格するには数年間勉強する必要があります。

国家資格は、司法試験など超難関なものから1日の講習を受けるだけの簡単な刺客まで幅広くたくさんの種類の資格があります。

短期間で取得できる資格は甲種防火管理者や防災管理者・衛生推進者や安全衛生推進者・食品衛生責任者などがあります。

取得が簡単であっても、責任が重く重要な仕事なので、これらの資格は就職や転職に有利になります!

ぜひこの記事を参考にしながら仕事や趣味に生かした資格を取ってみてくださいね!