コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-963-5666

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.06.07
資格別解説

家電製品アドバイザーとは~分野別対策方法~

家電製品アドバイザーとは

家電アドバイザー

家電製品アドバイザーとは、消費者に合った商品選択・使用方法などのアドバイスを適切に行うための知識・技能を持った家電製品のアドバイザーです。

家電製品にまつわる基本的な機能や使用方法、不良品・故障品が発生した際の対応方法、廃棄処理手段、あるいは接客など、家電販売に関する専門知識が必要になる資格です。

家電製品アドバイザーにおすすめの人とは

家電製品アドバイザーの資格は、家電量販店で働きたい人には必須の資格です。

会社によっては昇進の要件になっているところもあります。

複雑化している家電製品を、消費者にわかりやすく説明やアドバイスするセールスマンになるための資格です。

家電製品アドバイザーの資格と合わせて「接客スキル」も向上できれば、専門知識とお客様満足度の向上にまでつながります。

相乗効果でスキルアップを目指しましょう!

関連記事接客業に役立つ資格は?接客関連の資格が評価される点を紹介します

家電製品アドバイザーの概要

家電製品アドバイザー

家電製品アドバイザーの試験科目は3科目です。

  • AV情報家電
  • 生活家電
  • CS法規

資格認定は3通りです。

資格合格基準
家電製品アドバイザー(AV情報家電)AV情報家電+CS法規の2つに合格
家電製品アドバイザー(生活家電)生活家電+CS法規の2つに合格
家電製品総合アドバイザーAV情報家電+生活家電+CS法規の3つに合格

1科目200点満点のうち140点以上で合格です。

180点以上の合格でプラチナグレード(3科目)・ゴールドグレード(2科目)がもらえます。

1回目の受験の合格率だけでいえば、20~25%なので、きちんと対策をして試験に臨む必要があります。

家電製品アドバイザーに合格するには

家電製品アドバイザー

難易度が年々上がってきている家電製品アドバイザーに合格するには、どのように勉強していけばいいかを分野別に解説します!

家電製品アドバイザー資格全体の勉強方法

まず前回(半年前)の過去問を解くことがオススメです。

今の技術革新の早さからして当然ですが、新しい用語にどんどん入れ替わっているので1年半以上前の過去問は必要ありません

テキストで1から勉強する人もいますが、分量が多すぎるので過去問を解きながら、分からない問題・分からない用語を徹底的に調べて理解する方法が良いでしょう。

AV情報家電の勉強方法

この分野の情報は入れ替わりが激しいので、今の旬を知るためにも常に家電量販店に出向くなどして最新情報を知っておく必要があります

例えば、「BD(ブルーレイディスク)」は古く、今現在は「Ultra HD Blu-ray」です。

最新情報を知る意識は常に必要です

「防じん・防水」に関しては毎回出題されていますので、押さえておきましょう。

生活家電の勉強方法

AV情報家電に比べると、入れ替わりは激しくありませんが、理解しておかないと正解できないのできっちり対策が必要です。

「家庭用冷凍冷蔵庫」、「照明器具」、「家庭用エアコン」は重要ポイントですので押さえておきましょう。

CS法規の勉強方法

AV情報家電・生活家電とは違い、CS法規は月日が経過しても大きく変化がないので覚えて理解するだけです。

個人情報保護・知的財産・特定商取引・独占禁止法など法律の知識を身につける必要があります。

また、家電のリサイクルや家電のマークなどを押さえておきましょう。

また、法律が変わることがあるので法律改正される内容は必ず理解しておかなければなりません

3科目の中で1番点数が取りやすいので、確実に点数を取っていきましょう。

勉強方法まとめ

勉強方法には、人それぞれのやり方があると思います。

「平日の日中は仕事でなかなか時間が取れない」「土日に勉強しようと思っても魔が差して違うことをしてしまう」など勉強の方法について悩んでいる方は多いので、そんな方はこちらに勉強法を記載しているので参考にしてみてください。

関連記事資格勉強をするメリットは?おすすめの勉強方法を解説します!

家電製品アドバイザーの資格はむやみに取る必要は無い

家電製品アドバイザー

この記事では、家電製品アドバイザーの概要と、対策方法についてご紹介させていただきました。

家電製品アドバイザーの資格は、会社の規定で給与や時間給のアップなどを記載しているところでは有用ですが、そうでない会社ではこの資格を持っていても給与面に変わりはありません。

家電製品アドバイザーの資格試験は一度取得しても、5年で更新が必要になるため、給与アップを考えて取得する方は、取得前に勤務する(している)会社の規約を確認しておきましょう。

とはいえ、資格の取得は体系的に学ぶことができ、知識量は確実に増えるので、取得を目指す方は、資格をうまく活用して他者との差別化を図りましょう

同僚や職場の方との知識量が圧倒的に違えば、与えられる仕事も変わってくるので、仕事に対するモチベーションも変わってくるかもしれません。

関連記事社会人に有利な資格とは?働きながら取れる資格を厳選!