コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.07.30
コーヒー

イタリアコーヒーの正しい飲み方は?日本との違いについて解説

 

イタリア 正しい飲み方

イタリアコーヒーといえば「エスプレッソ」です。

実はイタリアと日本では、エスプレッソの飲み方が大きく違います。そこで今回は、イタリアでの正しいコーヒーの飲み方を紹介していきたいと思います。

正しい飲み方を知ることができれば、風味や味わいも大きく変わっていきます。ぜひ正しいイタリアコーヒーの飲み方を理解して下さいね。

イタリアコーヒーの正しい飲み方は?

アイキャッチ

イタリアコーヒーといえば「エスプレッソ」です。

日本とイタリアでは、エスプレッソの飲み方が大きく違います。どのような違いがあるのか見ていきましょう。

  • イタリアはブラックで飲むことがない
  • 砂糖を混ぜることはしない
  • 2~3口でコーヒーを飲んでしまう
  • 小さなカップで飲む

イタリアはブラックで飲むことがない

日本人の方は、エスプレッソをブラックで飲む方が多いです。ですがコーヒーの本場イタリアでは多くの方が、砂糖をいれてコーヒーを楽しんでいます。

砂糖を入れる量も人それぞれで、多い方の場合は、ティースプーン2~3杯の砂糖を加えます。

エスプレッソは、砂糖の入れる量によって大きく味が変わります。ぜひ自分好みの砂糖量を見つけて下さい。

砂糖を混ぜることはしない

エスプレッソコーヒーは、砂糖を入れた後、混ぜることはしません。

エスプレッソに砂糖を入れ、コーヒーの中に沈んでから飲むのが本場での飲み方です。

また本場では、そこに沈んだ砂糖を最後にティースプーンで食べるのも、エスプレッソの楽しみ方です。

2~3口でコーヒーを飲んでしまう

コーヒーは、熱いこともあり、チビチビと飲む方が多いですがエスプレッソは2~3口で飲むことがおすすめです。

なぜならコーヒーは、時間が経てば経つほど、冷めて香りが飛んでしまいます。特にエスプレッソはコーヒーの中でも風味を楽しむ飲み物です。

エスプレッソを乃武蔵は、香りを楽しみ一気に飲むようにしましょう。

小さなカップで飲む

エスプレッソを飲む際は、小さなカップで飲むことが基本になります。

写真のような小さなカップのことを「デミタスカップ」といいます。

エスプレッソをデミタスカップで飲む理由は、極深煎りの豆を使用しているので、味が苦くとても濃いです。そのため少量で満足感を味わうことが可能です。

飲み口も丸まっているので、コーヒーの風味をより感じることができるのもデミタスカップのメリットです。

コーヒーの風味を楽しみたい方や苦みのあるコーヒーが好きな方は、ぜひデミタスカップでコーヒーを楽しんでみて下さい。

関連記事エスプレッソの入れ方を知りたい!自宅で本格的に作る方法

関連記事エスプレッソの正しい飲み方は?苦いだけじゃない本当の魅力とは

イタリアンコーヒーおすすめのアレンジ方法を紹介

ここまでイタリアンコーヒーの、基本的な飲み方を紹介してきましたが、次に紹介するのはイタリアンコーヒーのアレンジ方法です。

どれも簡単にできるアレンジ方法になるので、ぜひ参考にして下さい。

アフォガード

アフォガード

アフォガードとは、アイスクリームに、エスプレッソをかけて味わうイタリア発祥のデザートです。

エスプレッソの苦味と、アイスクリームのミルクと相性が良く、とても人気のデザートになります。

あくまでアイスクリームが手沢のデザートのため、エスプレッソの入れすぎには注意しましょう。

シェカラート

シュカラートとは、主エーカーを利用した、イタリア風のアイスコーヒーになります。

作り方は、下記になります。

  1. シェーカーにガムシロップと砂糖を入れる
  2. エスプレッソのダブルを注ぐ
  3. 氷をたっぷりいれる

こちらがシェカラートの作り方になります。

またグラスは、「シャンパングラス」や「フルートグラス」に入れて楽しむことがおすすめです。

エスプレッソトニック

エスプレッソトニック

エスプレッソトニックとは、トニックウォーターとエスプレッソコーヒーをよくかき混ぜた飲み物になります。

トニックウォーターには当分が含まれているので、コーヒーと合わさり爽やかな味わいを感じることができます。

また炭酸水のエスプレッソをかき混ぜた商品も日本では何度か販売されています。

ですが相性があわないため、販売終了になっていることがほとんどです。そのため、エスプレッソトニックを作る際は、トニックウォータと混ぜるようにして下さい。