コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-963-5666

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.08.24
資格別解説

インテリアコーディネーターに関連する資格は?向いている人の特徴

インテリアコーディネータ

インテリアコーディネーターを目指すために、資格を取得したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インテリアに関連する資格を紹介していきます。

どのような方がインテリアコーディネーターに向いているのかも解説しています。

インテリアコーディネータになるには?おすすめの資格を紹介

インテリアコーディネータ おすすめ

インテリアコーディネーターは、建築や空間デザインなど、様々な知識が必要になります。

そのため、転職や就職を考えている場合は、資格を取得しておくことがおすすめです。

インテリアコーディネーターを目指す際に、取得するべき資格を紹介していきます。

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランニングアドバイザー
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 建築CAD検定

インテリアコーディネータ

インテリアコーディネーターの資格は、「内装」「家具」「ファブリック」「照明器具」「住宅設備」など、幅広い知識が身につく資格です。

またインテリアのデザインだけではなく、商品知識が身につく資格でもあります

商品選択のアドバイスやインテリアの計画のアドバイスなどを目指しているという方におすすめの資格です。

インテリアプランニングアドバイザー

インテリアプランニングアドバイザーとは「インテリアの構造」「選び方」などの知識が身につく取得になります。

インテリアの基礎から学ぶことができるので、即戦力として活躍することができる資格です。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、高齢社会の住まい作りについての知識が身につく資格になります。

そのため資格取得後は「福祉用具メーカー」や「バリアフリー住宅を扱う会社」などで活躍することが可能です。

また、福祉環境コーディネーターで身につけた知識は、ご家族や自身の将来のためにも役立つます。

これからの世の中は、高齢社会のため、将来的にも役立つ資格といえるでしょう。

インテリア関連の中でも、将来役立つ資格を取得したいという方は、ぜひ福祉住環境コーディネーターの資格を取得することがおすすめです。

建築CAD検定

建築CAD検定とは、CADソフトを利用して、一定の時間内で実務レベルの建築設計図面を作成できることを証明できる資格です。

インテリアコーディネーターとしてCADのスキルがあると「インテリアの総合プロデュス」や「見積作成・施設管理」など幅広く活躍することが可能です。

インテリアを図面作成などに興味があるという方は、CADソフトをサワれるようにしておくくと、活躍の幅も広がりおすすめです。

インテリアコーディネーターに向いている人は

インテリアコーディネータ 向いている人

このようにインテリアコディネーターになれる資格は、幾つもあります。

では、どのような人がインテリアコーディネーターに向いているのでしょうか。

インテリアコーディネータに向いている人を紹介していきます。

  • 相手の意思を尊重できる人
  • 体を動かすことが好きな人
  • pcを扱うことができる人

相手の意思を尊重できる人

インテリアコーディネーターは、相手の意思を聞きながらデザインを考えることになります。

中には、自分の好みではないインテリアを提案されることもあります。

そのようなときにも、お客様の意思を尊重したデザインを考えることが,インテリアコーディネーターの仕事です。

体を動かすことが好きな人

インテリアコーディネーターは、華やかなイメージもあると思いますが、実際は体力が必要な仕事です。

重い家具を運んだり、工事現場に足を運んだりと、1日中荷物を運ぶこともあります。

納品日やイベントが開催されると、スケジュール的にも厳しくなることが多いです。

デスクワークではありますが、ある程度体を動かすことに慣れておきましょう。

pcを扱うことが得意な人

近年は、イメージを手書きすることはなく、デジタルで作業を行ないます。そのためインテリア・コーディネーターを目指す際は、PCスキルが必須です。

PCで画像の編集やトレースなどをすることが、苦に感じないという方がインテリアコーディネーターに向いているでしょう。

また間取りや寸法など、図面を図る際は、CADなどのツールを扱います。

その他にも、資料の作成をする際には、ExcelやWordなども利用することになります。インテリア・コーディネーターを目指しているという方は、いぅていのPC操作に慣れておきましょう。

数字に抵抗がない人

インテリア・コーディネーターは、数字を扱う機会が非常に多いです。

「寸法」「重さ」「高さ」など、正確に、計算する方法を覚えないと仕事をすることはできません。

その他、利益を出すための計算なども、インテリアコーディネーターはする必要があります。

デザインや感性も大事ですが、インテリアコーディネーターは数字を使うということも頭に入れておきましょう。

インテリアコーディネーターの資格を活かせる場所

インテリアオーディネータ 活かし方

インテリアコーディネーターの資格を取得すると、様々な場所で活躍することができます。

  • ハウスメーカー
  • 不動産会社
  • 設計デザイン
  • 空間プロデュース業

インテリアコーディネータとして信頼されると、住宅だけではなく様々な場所をコーディネートすることができます。

信頼されるためにも、ぜひインテリアコーディネーターに関する資格の取得目指しましょう。