コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.10.05
資格別解説

インテリアプランナーは国家資格?難易度や勉強方法を解説します

インテリア 国家資格

インテリア業界の中でも、インテリアプランナーの資格を取得したいという人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インテリアプランナーの難易度や対策方法を解説していきます。

インテリアプランナーの資格は、民間資格なため、誰でも取得することが可能です。

そのほか、インテリアに関係する資格も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

インテリアプランナーってどんな資格?活躍できる場所

インテリア 働ける

インテリア業界に入るためには、絶対的なルートがないため、まずはインテリア関係の資格を取得することがおすすめです。

なかでもおすすめの資格が、インテリアプランナーです。

インテリアプランナーの資格を取得すると、あらゆる建築物の設計や内部空間の企画を立てることができます。

また、インテリアプランナーの資格を取得すると、次のようば場所で活躍することができます。

  • 住宅メーカー
  • 設計会社
  • リフォーム会社
  • デザイン・設計事務所

求人募集の中には、インテリアプランナーの資格を取得していることを条件に挙げている企業が多いです。

インテリア業界で働くために資格を取得したいという方は、ぜひインテリアプランナーの知資格を取得してみてください。

インテリアプランナーの難易度や合格率は

インテリア 合格率

インテリアプランナーの試験内容は、「学科試験」と「設計製図試験」です。

学科試験の合格率が60%なのに対して、製図設計の合格率は25%と非常に低いです。

そのため、インテリアプランナーの資格を取得するためには、設計製図の知識を身につけておくことが重要でしょう。

設計製図の対策方法

設計製図の試験では、設計意図や設計技能を表現する能力が求められます。

過去の課題テーマには、「公園にあるブックカフェ」や「レンガ倉庫を回収して作る日本酒専門店」など、テーマはに豊富です。

そのため、教本で設計製図の基本的な知識を身につけるだけでは、合格することが難しいでしょう。

設計製図の試験に合格するためには、基礎知識を押さえながら、オリジナリティがあるデザインを設計できるようにしておきましょう。

また、インテリアプランナーの試験は5年以内に「学科試験」と「設計図試験」に合格すれば問題ありません。

まずは、学科試験に合格して、その後設計図試験に挑戦するのも一つの方法でなので覚えておきましょう。

インテリア関係の資格4選

インテリア 4選

インテリアプランナー以外にも、インテリア関係の資格は多くあります。

インテリア業界で働くために資格の取得を考えているという方は、どのような資格があるのか、一度チェックしておきましょう。

  • インテリアプランニングアドバイザー
  • インテリアコーディネーター
  • パーソナルカラープランナー
  • インテリアデザイナー

インテリアプランニングアドバイザー

インテリアプランニングアドバイザーの資格は、インテリアの種類や選び方を学ぶことができる資格です。

レイアウト方法からインテリア計画まど、幅広い知識が身につくため、初めてインテリアについて勉強をするという方にはおすすめの資格です。

また、インテリアプランニングアドバイザーの資格は、インテリア業界に携わるための心構えまで学ぶことができます。

インテリア業界で働くためには、どのような能力が必要なのか不安という方も、まずはインテリアプランニングアドバイザーの資格を取得してみてください。

【一般社団法人日本技能開発協会認定資格】インテリアプランニングアドバイザーの資格

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの資格は、インテリアのコーディネートを専門に学ぶことができます。

インテリアプランナーとの違いは、個人住宅を専門的に学ぶというところです。

そのため、個人住宅を専門的に学びたいという方は、インテリアコーディネーターの資格を取得することがおすすめです。

関連記事インテリアコーディネーターの資格を独学で取得することは可能?

関連記事インテリアコーディネーターに関連する資格は?向いている人の特徴

パーソナルカラープランナー

インテリアの空間には、必ずカラーが存在するため、色彩の知識はインテリア業界に役立ちます。

パーソナルカラープランナーでは、お客様に合う色を選ぶことができます。そのため、パーソナルカラープランナーの資格を取得していると、お客様から信頼を勝ち取ることができるでしょう。

インテリア業界で仕事をするうえで、何か一つ武器が欲しいという方は、ぜひパーソナルカラープランナーの資格を一緒に取得してみてください。

【一般社団法人日本技能開発協会認定資格】パーソナルカラープランナーの資格

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、家具や雑貨あらゆるプロダクトを利用して、室内空間を演出する職業です。

インテリアのデザインは、クライアントさんから頼まれることが多いため、資格を取得していると信頼を得ることができます。

また、インテリアデザイナーの仕事は、クライアントさんの目的にあった空間を作ることです。

そのため、パーソナルカラープランナーなど、色彩についての資格を取得すると、さらに満足してもらえることが期待できます。

室内空間を演出したいという方は、インテリアデザイナーの資格を取得してみてください。

インテリア業界を目指すなら資格を取得しよう

インテリア おすすめ

インテリア業界で働きたいという場合は、まず資格を取得することがおすすめです。

資格を取得することで、クライアントさんやお客様から信頼を勝ち取ることができます。

また、インテリアに関係する資格は多くあります。
それぞれ特徴も違うため、ぜひ自分に合った資格を取得するようにしてください。