コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-963-5666

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.06.03
コーヒー

コーヒー豆の正しい選び方は?購入のポイントや保存方法を紹介

コーヒー豆 選び方

コーヒー豆で美味しくコーヒーを飲みたいと考えている方も多いはずです。ですがコーヒー豆には、沢山の種類があるので選び方が分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、コーヒー豆の選び方を解説ます。

コーヒー豆おすすめの生産地なども紹介していくので、ぜひ参考にして下さいね。

コーヒー豆の選び方は?購入する際のポイントを紹介

コーヒー豆の選び方は?購入する際のポイントを紹介

コーヒー豆にこだわると、自宅でもコーヒーを楽しむことができます。

自分好みのコーヒー豆を選ぶ方法が次になります。

  • アイス・ホットで選ぶ
  • 産地で選ぶ
  • 飲み方や好みで選ぶ

アイス・ホットで選ぶ

コーヒー豆を選ぶ際は、自分が「アイスコーヒー」と「ホットコーヒー」のどちえあを飲むのかで、拘ることも1つの方法です。

コーヒー豆でアイスコーヒーを飲みたい場合は、長時間焙煎できる豆を選ぶことがおすすめです。

なぜならコーヒ豆は、長時間焙煎するほど、香りや風味が強くなります。アイスコーヒーの場合は、長時間焙煎をしないと、香りや風味を感じることは難しいです。

コーヒー豆でアイスコーヒを飲みたいという方は、長時間焙煎できる豆やアイスコーヒ専用の豆を選んでみましょう。

産地で選ぶ

コーヒー豆は、生産地が違うだけで酸味やコクも違ってきます。

コーヒー豆の生産地として、代表的な物を幾つか紹介していきます。

【ジャマイカ】

生産地がジャマイカのブルーマウンテンは、バランスの取れた味わいが特徴です。

喉越しや香りも良く「コーヒーの王様」といわれているコーヒー豆です。

酸味や苦みに癖があるコーヒーが苦手という方は、バランスの取れたブルーマウンテンがおすすめです。

【インドネシア】

生産地がインドネシアのマンデリンは、苦みとコクがしっかりとあることが特徴です。

酸味は控えめで、シナモンのような風味をすることから、人気のあるコーヒー豆です。

苦みやコクがあるコーヒーが好きという方は、ぜひマンデリンを購入してみて下さい。

【アメリカ(ハワイ島)】

生産地がアメリカ(ハワイ島)のコナは、強い酸味が特徴です。

酸味がありながら、しっかりと甘い香りがすることもあり「世界三大コーヒー」と呼ばれています。

酸味が強いコーヒーや人気のある豆を飲んでみたいという方は、コナを購入してみて下さい。

このように生産地が違うだけで、酸味やコクなどが全く違います。

コーヒー豆を選ぶ際は、ぜひ酸味にも注目して下さい。

飲み方や好みで選ぶ

コーヒーを飲む際は、「ブラック」や「ミルクや砂糖を入れる」など飲み方にこだわりがあると思います。

ブラックコーヒーを好んで飲むという方は、「浅煎り~中煎り」のコーヒー豆がおすすめです。

またミルクや砂糖を入れてコーヒーを飲みたいという方は、「深煎り」のコーヒー豆を選ぶといいでしょう。

関連記事コーヒーの焙煎方法!自家焙煎のやり方やコツを紹介

コーヒー豆の正しい保存方法は

コーヒー豆の正しい保存方法は

コーヒ豆を保存する歳は、次のことに気をつける必要があります。

  • 温度変化のある場所は避ける
  • 酸素に極力触れない場所を選ぶ
  • 湿度の高い場所は避ける

温度変化のある場所は避ける

コーヒー豆は、温度変化に弱く酸化の原因になってしまいます。

コーヒー豆を冷蔵庫に保存してしまう方も多いですが、出した時の外と中の温度差が激しいこともあり酸化の原因になってしまいます。

コーヒー豆を保存する場合は、温度の変化が少ない、涼しい場所に保存するようにしましょう。

酸素に極力触れない場所を選ぶ

コーヒー豆が酸素に触れてしまうと、参加が進んでしまいます。

そのためコーヒー豆を補完する際は、酸素に触れない場所に置く必要があります。

酸素に触れさせないためにも、密閉した容器に保存するようにしましょう。

湿度の高い場所を避ける

コーヒー豆は水分に触れてしまうと。品質やカビの繁殖などの原因になってしまいます。

コーヒ豆を保存する際は、密閉容器に入れ、湿度の低い場所に保存するようにしましょう。

関連記事いつもより美味しくするコーヒー粉・豆の保存方法とは?

コーヒー豆と粉タイプの違いは

コーヒー豆と粉タイプの違いは

コーヒー豆を購入する際は、コナタイプとどのようば違いがあるのかも知っておくことがおすすめです。

粉タイプと豆タイプでは、どのような違いがあるのか紹介します。

豆タイプのメリットとデメリット

豆タイプのメリットは、なんといっても挽きたての味わいが楽しめることです。

粉タイプに比べると手間はかかりますが、劣化を抑えることができるので経済的にもコーヒーを楽しむことができます。

ですが少量ずつ購入しないといけないなどのデメリットもあるので覚えておきましょう。

粉タイプのメリットデメリット

粉タイプのメリットは、コーヒーを飲むまでに時間が掛からない所です。

朝にコーヒーを飲む場合などは、コーヒー豆を挽く時間がないという方も多いと思います。そのような方は、粉タイプがおすすめです。

またデメリットしては、コーヒー豆とは違い粛清することもないので劣化が早いので注意する必要があります。

このように粉タイプと豆タイプには、それぞれメリットとデメリットがあります。ぜひそれぞれのメリットとデメリットを知った上で、コーヒを楽しんで下さい。

まとめ

まとめ

コーヒー豆でコーヒを飲むと、酸味や風味を感じることができます。コーヒーを楽しく飲みたいという方は、ぜひコーヒー豆でコーヒーを飲んでみて下さい。

またコーヒーを美味しく飲む為には。コーヒー豆を正しく保存する必要があるので注意しましょう。

関連リンクコーヒー&マネージメント資格取得講座