コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.12.26
コーヒー

コーヒー1日の適量目安は?カフェインの効果や摂取がおすすめの理由

コーヒー適量アイキャッチ

コーヒーにはカフェインが含まれているため、1日何杯まで飲んで良いのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コーヒーを一日何杯まで飲んで良いのか適量について解説していきます。

また、カフェインを過剰摂取すると、どのような影響が身体にあるのかについても紹介しています。

普段からコーヒーをよく飲むという方は、ぜひ参考にしてください。

カフェインの1日の摂取量は

カフェインの1日の摂取量は

コーヒーを飲む際に気をつけないといけないことが、カフェインの摂取量です。

カフェインは、摂取しすぎてしまうと身体に悪いため、摂取量を把握しておくようにしましょう。

飲料や食品に含まれている

カフェインはコーヒー以外にも、様々な食品や飲料に含まれています。

  • コーヒー
  • お茶
  • エナジードリンク
  • チョコレート
  • ガム
  • 医薬品

カフェインといえばコーヒーを想像する方も多い思います。しかし、カフェインは、コーヒー以外にも含まれています。

特に日本人がカフェインを摂取している飲料や食品が下記になります。

100gあたりのカフェイン含有量
玉露160mg
エナジードリンク70mg
コーヒー60mg
紅茶30mg
烏龍茶20mg
ほうじ茶20mg
コーラ10mg
カフェインレスコーヒー5mg

上記が100gあたりに含まれるカフェイン量になります。

コーヒーだけではなく、お茶やジュースなどからも、カフェインを摂取していることがわかります。

安全とされているカフェインの摂取量は、1日400㎎とされており、妊婦や授乳婦の場合は200㎎です。さら小児や青年の場合は、90mgです。

カフェインの過剰摂取は、血管疾患や早死などのリスク上昇の原因です。

カフェインは、コーヒー以外にも含まれているため、過剰に飲みすぎないように注意しましょう。

コーヒーを適量に摂取した効果

コーヒーを適量に摂取した効果

コーヒーはしっかりと適量を守りながら飲むと、様々なメリットがあります。

  • 脳の活性化
  • ダイエット効果
  • 動脈硬化や心臓病の予防
  • 糖尿病・認知症の予防

それぞれどのような効果なのか解説します。

脳の活性化

コーヒーに含まれているカフェインは、中枢神経を興奮させる効果あります。中枢神経を活発にすることで、眠気もなくなり、脳が活性化されます。

また、カフェインだけではなく、コーヒーの香りにも脳を活性化する効果あります

そのほか、コーヒーに含まれているクロロゲン酸は、65歳以上の方が摂取すると、認知機能のテストが良好になるという実験結果も出ているため、仕事や勉強前に飲むと良いでしょう。

カフェインの効果は、コーヒーを飲んでから1時間後に効果が現れます。

そのため、仕事や勉強をする、1時間前にコーヒーを飲むようにしましょう。

ダイエット効果

食後にコーヒーを飲むと、消化を促進させる効果があります。

消化を促進させる効果があるため、ダイエットだけではなく、消化不良や便秘の方にもおおすすめです。

またカフェインには、血液中の脂肪酸化数値を上昇させる効果があるため、筋肉が脂肪酸を燃やしてくれる効果が期待できます。

動脈硬化や心臓病の予防

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、心筋炎や心筋梗塞を抑える効果があります。

ーヒーには、体内に起きる炎症を抑える効果があるため、ストレスによる酸化を予防できます。

また、健康のためにコーヒーを飲む歳は、適量を守ることも大切ですが、ゆっくと飲むことも重要です。

糖尿病・認知症の予防

コーヒーを飲むと、2型糖尿病の発症リスクが体がします。

なぜ2型糖尿病の発症を予防することができるのかというと、コーヒーには、細胞内の毒性タンパク質の蓄積を防ぐことができるからです。

また、コーヒーを毎日3杯飲むことで、認知症を予防するこも期待できます。

カフェインには、知的鋭敏さを高める効果があるため、記憶力を向上させることもできます。

そのほか、アルツハイマー症の発症を遅らせることができるなど、コーヒーを飲むと目に見えない効果も多くありますよ。

また、コーヒーもシナモンやチョコレートを加えることでさらに良い効果を発揮することができます。

日頃からコーヒーを飲むという方は、ぜひシナモンやチョコレートを加えてみてください。

関連記事コーヒーとチョコレートは相性抜群!〜嬉しい効果やおすすめの組み合わせとは〜

関連記事シナモンコーヒーの効果・効能とは〜おすすめアレンジレシピを紹介〜

コーヒーの適量は1日3杯~5杯は本当?

コーヒーの適量は1日3杯~5杯は本当?

コーヒーの安全とみなされている、一日の摂取量が次になります。

安全とみなされる1日あたりの摂取量
成人1日400mg
小児、青年1日90mg
妊婦・授乳婦1日200mg

上記がカフェインの安全とみなされる適量になります。

コーヒー一杯にカフェイン80mgが含まれているため、一日の適量は3~5杯です。

また、コーヒーを3杯~5杯飲むことで、肝臓がんや心血管疾患のリスクを防ぐことができます。

しかし、カフェインを過剰に摂取すると早死するリスクもあるため注意しましょう。

コーヒーの飲み過ぎによる健康への影響

コーヒーの飲み過ぎによる健康への影響

ここまで、コーヒーを飲むとどのようなメリットがあるのか紹介してきました。

しかしコーヒーを飲みすぎてしまうと、多くのデメリットがあります。

コーヒーの飲み過ぎを防ぐためにも、どのようなデメリットがあるのか覚えておきましょう。

  • カフェインの過剰摂取による影響
  • 妊婦さん
  • カフェインが効きやすい人
  • 砂糖のとりすぎ

カフェインの過剰摂取による影響

カフェインを過剰摂取してしまうと次のような影響があります。

  • カフェイン中毒
  • 胃痛
  • 骨粗鬆症
  • 自律神経の乱れ
  • 睡眠の質の低下
  • 消化器官の乱れによる下痢や吐き気

上記がカフェインを過剰摂取してしまうことが原因で考えられる病気になります。

コーヒーを過剰摂取してしまうと、健康な成人のからでも身体に影響が起きてしまうことが分かります。

また、カフェインは、コーヒー以外にもお茶や医薬品などにも含まれています。

そのため、コーヒーは1日3~5杯に抑えるようにしましょう。

妊婦さん

妊婦さんがコーヒーを飲んでしまうと、栄養素や酵素が胎児へ送られにくくなり、低体重児となる可能性が高くなるとされています。

流産や発達障害になってしまうケースもあるので、妊婦さんは、カフェインを摂取することは控える必要があります。

どうしてもコーヒーが飲みたくなった場合は、たんぽぽコージーやのノンカフェインコーヒーを飲むといいでしょう。

また、妊婦さんだけではなく、カフェインには生理痛を悪化させてしまうことやシミの発生を促進させてしまう効果があることも分かっています。

体がカフェインに対してデリケートな場合は、カフェインの摂取には気をつけるようにしましょう。

カフェインが効きやすい人

成人している方のカフェインの1日の摂取量は、400ミリグラムです。しかし、人により、カフェインの安全量が異なります。

カフェインを摂取する際に重要なことは、自分の安全量を知ることです。

カフェインが効きやすいと感じている場合は、1日の摂取量を減らすようにしましょう。

また、カフェインはストレスが掛かっている時間に飲むと、効果が現れにくいといわれています。

そのためコーヒーを飲む時間は、ストレスを感じることが少ない、休憩中や昼寝前などがおすすめです。

自身のライフスタイルなどに合わせ、コーヒーをの無料や時間を変えるようにしてください。

砂糖のとりすぎ

コーヒーは糖尿病の予防することができますか、砂糖やミルクをたっぷりと淹れてしまうと逆効果です。

糖尿病だけではなくメタボなどの原因にもなるため気をつけましょう。

また、コーヒーと一緒に甘いものを食べるという方も多いと思います。

コーヒーに砂糖を加える際は、砂糖が控えめなチョコレートを選ぶなど、工夫をするように気をつけましょう。

まとめ

コーヒー適量 まとめ

カフェインは、一日3~5杯を目安に飲むと、良い効果を実感することができます。しかし、最も大切なことは、自分自身の適量を知ることです。

ストレスを感じる時間帯には飲まないなど、自身のライフスタイルに合わせてコーヒーを飲むようにしましょう。

また、妊婦さんや女性の方がコーヒーを飲むと、体調を崩してしまう恐れや胎児に悪い影響を及ぼしてしまう可能性があります。

カフェインには、メリットだけではなくデメリットも多くあるため、注意するようにしてください。