コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-600-2505

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.12.25
コーヒー

コーヒーソムリエ資格って?認定試験の難易度や勉強方法の紹介

コーヒーが大好きな人や、コーヒーを仕事としていきたい方には、コーヒーソムリエ資格がおすすめです。

美味しいコーヒーを淹れるための知識として活用したり、コーヒー関連の仕事に就く際に役立てたり、活用方法がたくさんあります。

今回は、日本安全食料料理協会の資格である「コーヒーソムリエ資格」について、資格内容や費用、勉強方法などをご紹介します。

コーヒーソムリエ資格とは

コーヒーソムリエ資格は、日本安全料理協会という団体が認定している民間資格です。

以前は「コーヒーアドバイザー」という資格名でしたが、2016年に「コーヒーソムリエ」に名前が変更されました。

資格の名前の変更はありましたが、試験内容や合格基準などは変わっていません。

日本安全料理協会は、「大切な人の健康と安全のために」をモットーに活動していて、さまざまな食品や料理についての基礎知識や技術の習得度合いを、食のスペシャリストとして認定しています。

その中でもコーヒーソムリエは人気の資格で、試験が2ヵ月に1回開催されています。

資格の内容

コーヒーソムリエ資格内容は、コーヒーに関する知識を広く浅く問われます。

コーヒー豆の種類や産地に関する基礎知識は、コーヒーの歴史、生豆の選び方、豆どうしの相性、コーヒー豆の産地、コーヒー豆の種類などの内容となっています。

コーヒー豆以外の内容は、コーヒーの淹れ方、豆の違いによる焙煎方法、抽出方法、淹れ方と味の関係、ラテアート、コーヒーカップの種類などの内容となっています。

広い範囲ですが、どれも基本的な内容が多いので、コーヒー初心者が知識を身につけるために適した内容です。

資格の費用

合格認定書または合格認定カードの発行には、5,500円(税込)かかりますが、定期的な更新費用はかかりません

コーヒーソムリエの資格は一度合格してしまえば、一生使えます。

また、独学で取得する資格なので、教材費用も別途かかります

受験料:10,000円(税込)
合格認定証の発行:5,500円(税込)

 

コーヒーソムリエを取るメリット

コーヒーソムリエの資格取得のメリットは3つあります。

  • コーヒーの趣味を極めることで、自信につながる
  • 自分の店を持つときに資格を活かせる

1.コーヒーの趣味を極めることで、自信につながる

コーヒーの歴史や豆の種類、コーヒーカップなど、コーヒーに関するさまざまな知識がつくことでさらにコーヒーが好きになります。

「この豆でいれたこの味のコーヒーが好き」などと具体的になるので、日常的にコーヒーを楽しむことができます

また、コーヒーの知識が身につくと、さまざまな場面で自信を持って話ができるようになります。

カフェ店員などの仕事に就いている場合、知識があることでお客様にも的確なアドバイスや、自信を持っておすすめすることができるようになります

お客様とコミュニケーションが取りやすくなると、信頼関係を深められるので、仕事も今よりも楽しく感じられます。

2.自分の店を持つときに資格を活かせる

将来的に、独立してカフェを経営していきたいと考えている方は、コーヒーソムリエの資格はおすすめです。

資格がなくても、カフェは開業できますが、お客様は美味しいコーヒーを求めています。

ただコーヒーを淹れて出している店よりも、美味しいコーヒーの淹れ方や豆の種類や挽き方などの知識があるお店の方が、客足は伸びます

また、一杯のコーヒーでお客様に喜んでもらうためにはコーヒーの基礎的な知識だけでなく、コーヒーカップへのこだわりやラテアートなどの一杯の価値をいかに高めるかも重要な要素になります。

関連記事バリスタになりたい!資格のメリットや必要な資格をご紹介します

コーヒーソムリエの試験に必要な知識や難易度

コーヒーソムリエの試験では、以下の10項目の内容から出題されます。この10項目の知識が必要となります。

  • コーヒーの歴史
  • コーヒー豆の産地
  • コーヒー豆の種類
  • 生豆の選び方
  • 豆同士の相性
  • コーヒーの淹れ方
  • 淹れ方と味の関係
  • 豆の違いによる焙煎
  • コーヒーカップの種類
  • ラテアート

また、コーヒーソムリエの難易度は決して高くありません。上記の10項目をしっかり勉強していれば難しくありません。

合格基準は70%以上の正答率です。

問題は全部で20問なので、14問以上の正解で合格できます。

コーヒーソムリエの勉強方法

コーヒーソムリエの試験は、何度でも受験はできますが、費用と時間を無駄にしないためにもしっかりと勉強する必要があります。

コーヒーソムリエの試験に合格するための勉強方法2つをご紹介します。

  • 独学
  • 資格講座

それぞれの勉強方法について、解説します!

独学

独学では、本や書籍を使って勉強します。

コーヒーソムリエの資格は、出題範囲が広く感じる方も多いですが、基本的な理解が求められているので、マニアックな知識を求める必要はありません。

そのため、何冊も読み込んで理解するというよりは、1冊を徹底的に読み込み、知識を身につける方法がおすすめです。

文字だけでなく、挿絵や図解のある本を選んで、知識を資格的に得られる1冊を選ぶと良いでしょう。無理なく、実践的に勉強することができます。

資格講座

日本安全食料料理協会での主催講座はありませんが、コーヒーソムリエに必要な知識が身に付く資格「コーヒープロフェッショナル」をラーキャリが提供しています。

コーヒーソムリエ資格は、完全独学なため、認定証発行など別途費用がかからないため、「コーヒープロフェッショナル資格」を取得することをおすすめします。

「コーヒーの歴史」「コーヒーの木・豆の種類」「コーヒーの淹れ方」などコーヒーの専門家になるための専門知識と基本的技術を習得できます。

最短2週間で資格取得が可能なので、難易度は易しく、初心者にも学習しやすい内容になっています。

また、分からないことや疑問点がある場合は、ラーキャリ専用サポート窓口に相談することが可能です。

コーヒーソムリエでの資格勉強は独学なので孤独になりがちですが、何かあれば相談できるので安心です。

関連記事コーヒープロフェッショナル資格

まとめ

一度合格してしまえば、一生使える「コーヒーソムリエ資格」は、自身の知識や技術を証明してくれます

また、合格認定証または合格認定カードに5,500円(税込)を要する以外は定期的な更新費用も必要ありません。

手軽に挑戦できて、一生ものの資格になることは、コーヒー好きには魅力な資格ですね。

その勉強方法は独学なので、ラーキャリの「コーヒープロフェッショナル資格」を取得する勉強方法がおすすめです!

TOPへ