コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.06.09
コーヒー

コーヒーの資格を取得するメリットは?おすすめの資格を紹介します

コーヒー 資格

コーヒーの資格を取得しようか考えているという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、コーヒの資格を取得するメリットやおすすめの資格を紹介していきます。

コーヒーの資格取得を考えているという方は、ぜひ参考にして下さい。

コーヒーの資格を取得するメリット

コーヒーの資格を取得するメリット

コーヒーに関する資格を取得すると、どのようなメリットがあるのか気になる方も多いと思います。

コーヒに関する資格を取得すると、次のようなメリットがあります。

  • 自分の店を持つことができる
  • コーヒーを美味しく飲むことができる
  • 健康を管理することができる
  • コーヒーに関する知識が身につく

自分の店を持つことができる

カフェを開く1つの方法として、自宅カフェを開業があります。

自宅開業カフェなど個人で経営をしていく際は、集客の為にも専門的な知識を持っておくと有利になります。

将来的に自分のカフェを開きたいという場合は、コーヒー関連の資格を取得しておくといいでしょう。

またコーヒー関連以外にも、「食」の資格を取得しておくと、役立ちます。将来自分のカフェを成功させたいという方は、食に関する資格にも挑戦してみて下さい。

関連記事バリスタになりたい!資格のメリットや必要な資格をご紹介します

コーヒーを美味しく飲むことができる

コーヒーは、豆や挽き方にこだわるだけで、美味しく飲むことができます。

そのためコーヒー関連の資格を取得すると、自分好みのコーヒーを飲むことができます。コーヒー好きの方は、ぜひコーヒー関連に資格取得に挑戦して下さい。

関連記事コーヒー豆の正しい選び方は?購入のポイントや保存方法を紹介

関連記事コーヒーの焙煎方法!自家焙煎のやり方やコツを紹介

関連記事コーヒー豆の挽き方|淹れ方に合わせて挽き目を選ぼう

健康を管理することができる

コーヒーには、カフェインがが含まれているので、飲みすぎると良くありません。

正しい知識でコーヒーを飲むと「ダイエット効果」や「むくみケア効果」などが期待できます。

健康に関する知識を持つていると、お客様や自分の為にも役立ちます。コーヒーの正しい飲み方を知りたいという方にも、コーヒー関連の資格はおすすめです。

関連記事コーヒーの体にいい飲み方は?摂取するメリットと注意点を解説

関連記事コーヒー豆の美味しい飲み方や選び方|自宅で楽しむ方法を紹介!

以上がコーヒーの資格を取得するメリットです。コーヒーの資格を最大限活かすためにも、自分に合った資格を選ぶことが重要です。

下記の記事では、おすすめの資格を8選紹介しています。コーヒーの資格に興味があるという方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事コーヒーのおすすめ資格8選!資格を取得するメリットを解説します

コーヒーに関する知識が身につく

コーヒーの資格を取得すると、コーヒーに関する知識が身につきます。コーヒーを美味しく淹れるための技術だけではなく、歴史などを学ぶことで、更にコーヒーを味わうことができますよ。

日本と世界では、コーヒーの広がるまでの歴史にも違いがあります。各国のコーヒー豆の特徴なども知ることができるため、興味のある方は、歴史についても学んでみてください。

関連記事コーヒーの歴史〜日本や世界に広がった理由とは〜

そのほかコーヒーの知識を身につけると、コーヒーかすの応用方法なども知ることができます。

関連記事コーヒーのかすを消臭剤に!出がらしで脱臭効果としてエコに再利用!

おすすめのコーヒーの資格は

おすすめのコーヒーの資格は

このようにコーヒーに関する資格を取得しておくと、メリットが多くあります。

最後にコーヒーの資格を取得したい方に向けて、おすすめの資格を紹介します。

それぞれ資格を取得すると、どのようなメリットがあるのかも解説しているので、参考にして下さい。

  • コーヒー&マネージメント資格
  • コーヒーコーディネーター
  • コーヒーソムリエ

コーヒー&マネージメント

コーヒー&マネージメントでは、コーヒーの知識だけではなくカフェ開業に向けて必要な経済力を学ぶことができます。

そのためカフェを開業したいという方には、おすすめの資格になります。

オープン前にするべきことなどがイメージ出来ないという、未経験の方は、「コーヒー&マネージメント」に挑戦して下さい。

コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターの資格では、コーヒーの知識とカフェ開票に必要な知識を学ぶことができます。

「コーヒー&マネージメント」資格との大きな違いは、オンラインで多くの人と繋がれるところにあります。

資格勉強は、なかなかモチベーションを保つことが難しいです。一人で資格勉強のモチベーションが保てるか不安という方には、コーヒーコーディネーターがおすすめです。

ラーキャリは、運営スタッフに疑問点を問い合わせる形になるので、社会人の方や一人でコツコツと資格勉強をしたいという方に合っています。

ぜひ自分のライフスタイルに合わせて、資格を選ぶようにしましょう。

コーヒーソムリエ

コーヒーソムリエの資格では、「コーヒー豆の種類」や「美味しくコーヒーを飲む為の知識」を学ぶことができます。

コーヒーソムリエの資格は、「日本安全食糧料理協会」という団体が認定しています。取得していると、安全性や健康面でも、お客様から信頼されるでしょう。

またコーヒーに関わらず、○○ソムリエのような資格は、知名度が高いです。将来的に「料理教室」「セミナー」を開きたいという方にはおすすめの資格です。

コーヒーの資格は、様々な種類があります。資格によって学べる内容なども異なることが分かると思います。

コーヒーの資格に興味があるという方は、自分に合った資格を選ぶようにしましょう。

コーヒーの資格を取得するためのポイント

コーヒーの資格を取得するためにも、次のことを知っておくようにしましょう。

  • 費用
  • 合格率や難易度
  • 通信講座で取得が可能なのか

それぞれについて詳しく解説します。

費用

コーヒーの資格費用は、1万円~7万円と幅広くあります。資格の中には、合格した際や資格を更新する際に費用が発生するものもあります。

値段をおさえたいという場合は、勉強は独学でし、試験のみを受けることができる資格もあります。中には、実際に講師から教われる資格もあります。

自身のが興味のある資格の内容だけではなく、費用もしっかりとチェックしておくようにしましょう。

関連記事コーヒー資格取得にかかる費用や学習期間は?講座の難易度や特徴も説明

合格率や難易度

コーヒーの資格は、趣味レベルのものから、プロのバリスタレベルの資格まで幅広くあります。

難易度が高い資格であれば、コーヒに関する知識だけではなく、テイスティングや接客サービスなど、プロろして活動するために必要な技術を学ぶことができます。

しかし、費用も高くなるため、自宅で美味しいコーヒーを飲みたいという場合は、難度の低い資格を選ぶことがおすすめです。

関連記事コーヒー資格取得にかかる費用や学習期間は?講座の難易度や特徴も説明

通信講座で取得が可能なのか

コーヒーの資格は、通信講座で取得することが可能です。コーヒーの民間資格などもありますが、自宅で学べることや隙間時間を使いやすいことを考えると、通信講座がおすすめです。

そのほか、通信講座で資格を取得すると、実際にテキストを見ながらコーヒーを挽くことやラテアートを楽しむことができます。自分のペースで勉強することもできるので、通信講座の中から、興味のある資格を選ぶようにしましょう。

関連記事コーヒーの資格を通信で取得するメリットは?おすすめの資格を紹介

まとめ

まとめ

コーヒーの資格を取得するメリットは多くあります。

コーヒーの資格は取得することで、自分の店を持つことも可能なのでとてもおすすめです。

資格の種類も多くあるので、ぜひ自分に合ったものを取得するようにしましょう。

TOPへ