コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-600-2505

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2021.01.04
コーヒー

ペットボトルコーヒーおすすめ15選〜ペットボトルコーヒーの選び方〜

ペットボトルコーヒー アイキャッチ

普段の生活に欠かせないと感じている人が多い「コーヒー」。

コーヒーを飲むことが多いという方は、手間をかけずに飲むことができるペットボトルコーヒーがおすすめです。

しかし、種類も多く、どう選んだらいいか分からない人も多いと思います。そこで今回はおすすめペットボトルコーヒーを紹介していきます。

ブラックコーヒー6選

ブラックコーヒー6選

ブラックコーヒーを好んで飲むという方におすすめなペットボトルコーヒーは次になります。

  • 【UCC】ブラックコーヒーコールドブリュー無糖
  • 【サントリー】クラフトボスブラック
  • 【コカ・コーラ】ジョージアジャパンクラフトマンブラック
  • 【キリンビバレッジ】ファイアワンデイブラック
  • 【伊藤園】TULLY`S COFFEE Smooth BLACK
  • 【味の素AGF】ブレンディ(R)タグゴー

それぞれのコーヒーの特徴を見ていきましょう。

【UCC】ブラックコーヒーコールドブリュー無糖

【UCC】ブラックコーヒーコールドブリュー無糖

ペットボトルコーヒーの中でも、雑味や苦味、酸味が強調されておらず、クリアで飲みやすいペットボトルコーヒーです。

香料なども使われていないため、ゴクゴクと飲めるという特徴があります。

飲みやすいブラックコーヒーを探しているという方には、ブラックコーヒーコールドブリュー無糖がおすすめです。

また、ペットボトルでコーヒーは飲みにくいという方も多いのではないでしょうか。

ブラックコーヒーコールドブリュー無糖は、女性でも持ちやすいようにペットボトルの形が工夫されています。

【サントリー】クラフトボスブラック

【サントリー】クラフトボスブラック

酸味や苦味にもくせがないため、飲みやすいブラックコーヒーです。

浅煎りでスッキリとしたコーヒーが好みという方は、クラフトボスブラックがおすすめです。

また、コーヒーの量も500mlと持ち運びには、ピッタリです。

飲みやすいブラックコーヒーなため、日頃お茶や水を飲んでいるという方も、ぜひクラフトボスブラックを飲んでみてください。

【コカ・コーラ】ジョージアジャパンクラフトマンブラック

【コカ・コーラ】ジョージアジャパンクラフトマンブラック

ジョージアジャパンクラフトマンブラックは、日本人の味覚に合わせ作られたブラックコーヒーです。

苦味はほどよく抑えられており、スッキリとした後味になっています。

また、ジョージアジャパンクラフトマンブラックは、コーヒー独特な香りや風味をしっかりと感じることができるペットボトルコーヒーです。

ペットボトルコーヒーを選ぶ際に、香りや風味を優先したいという方におすすめです。

【キリンビバレッジ】ファイアワンデイブラック

【キリンビバレッジ】ファイアワンデイブラック

ファイアワンデイブラックは、ペットボトルコーヒーの中でも、コーヒー感を強く感じることができます。

りも強く、常温でも美味しく飲むことができます。

また、量も600mlと他のペットボトルコーヒーに比べると多いです。

仕事のオンライン中に愛用する方は多く、リピート率は46%もあります。

【伊藤園】TULLY`S COFFEE Smooth BLACK

【伊藤園】TULLY`S COFFEE Smooth BLACK

TULLY`S COFFEE Smooth BLACKは、20代~40代の方に人気なコーヒーです。

そのため、酸味を抑えてあり、よりすっきりとした味わいを感じることができます。

また、ペットボトルコーヒーを時間を掛けて飲みたい方や持ち運びたいという方のために、スムースな口当たりになるよう工夫がされています。

口当たりの良いブラックコーヒーを飲みたいという方にTULLY`S COFFEE Smooth BLACKはおすすめです。

【味の素AGF】ブレンディ(R)タグゴー

【味の素AGF】ブレンディ(R)タグゴー

ブレンディ(R)タグゴーは、低抽出されたコク深いコーヒーです。雑味も少なく、後味がスッキリとしています。

また、他のペットボトルコーヒーに比べると、コーヒーの苦味がしっかりとあります。

苦味を感じるブラックコーヒーが好みという方に、ブレンディ(R)タグゴーはおすすめです。

以上がおすすめのブラックコーヒーになります。

ブラックのペットボトルコーヒーは、ゴクゴクと飲めるように工夫がされていることが分かります。

コーヒーを飲むと多くのメリットがあるため、日常の飲み物をブラックコーヒーに変えてみてください。

関連記事コーヒー1日の適量目安は?カフェインの効果や摂取がおすすめの理由

ミルク入りコーヒー4選

ミルク入りコーヒー4選

ミルクコーヒーを好んで飲むという方におすすめのペットボトルコーヒーが次になります。

  • 【UCC】上島珈琲店黒糖入りミルク珈琲カフェオレ
  • 【サントリー】クラフトボスラテ
  • 【コカ・コーラ】ジョージアご褒美カフェオレペットボトル
  • 【アサヒ飲料】ドトールカフェ・オ・レ

それぞれのコーヒーの特徴を見ていきましょう。

【UCC】上島珈琲店黒糖入りミルク珈琲カフェオレ

【UCC】上島珈琲店黒糖入りミルク珈琲カフェオレ

ミルク入りコーヒーの基本は、コーヒーとミルクの割合が5対5です。

しかし、上島珈琲店黒糖入りミルク珈琲カフェオレは、コーヒーとミルクの割合が2対8とミルクがとても多いです。

ミルク感の強いミルクコーヒーを好んで飲むことが多いという方には、上島珈琲店黒糖入りミルク珈琲カフェオレがおすすめです。

上島珈琲店黒糖入りミルク珈琲カフェオレには、黒糖が含まれているため、口に含むとしっかりとコクが広がります。

黒糖の風味が好きという方は、上島珈琲店黒糖入りミルク珈琲カフェオレを飲んでみてください。

【サントリー】クラフトボスラテ

【サントリー】クラフトボスラテ

クラフトボスラテは、ラテの中でも飲みやすいミルクコーヒーです。

また、オフィスワーカーをターゲットにしているため、時間をかけて飲むことを想定されています。

そのため、クラフトボスラテはスッキリとしており、飲みやすいです。

甘さが控えめなミルクコーヒーを探しているという方は、クラフトボスラテを飲んでみてください。

【コカ・コーラ】ジョージアご褒美カフェオレペットボトル

【コカ・コーラ】ジョージアご褒美カフェオレペットボトル

ジョージアご褒美カフェオレペットボトルは、厳選された国産牛乳、北海道クリーム100%、特性ミルクソースの3つを使用されています。

そのため、贅沢でコクのあるミルクコーヒーであることが、ジョージアご褒美カフェオレペットボトルの特徴です。

奥深い味わいがあるため、デザート感覚で飲むことができます。

オフィスワーカーに向けたペットボトルコーヒーが多いですが、ジョージアご褒美カフェオレペットボトルは、家事や仕事終わりに自分へのご褒美として楽しむことができます。

【アサヒ飲料】ドトールカフェ・オ・レ

【アサヒ飲料】ドトールカフェ・オ・レ

ドトールカフェ・オ・レは、ドトール社が監修しているペットボトルコーヒーです。

そのため、ドトールコーヒーの特徴でもある、直火焙煎にオリジナルコーヒー豆の改良が重ねられているコーヒーになります。

直火焙煎がされているため、味や香りがしっかりとあり、コク深い味わいを感じるコーヒーです。

ドトールコーヒーを好んで飲むという方は、同じ焙煎方法を採用している、ドトールカフェ・オ・レがおすすめです。

以上がおすすめのミルクコーヒーになります。ミルクコーヒーを好んで飲むという方は、ぜひ試してみてください。

微糖コーヒー3選

微糖コーヒー3選

微糖コーヒーを好んで飲むという方におすすめなペットボトルコーヒーが次になります。

  • 【伊藤園】TULLY`S COFFEE Smooth LATTE
  • 【コカ・コーラ】ジョージアジャパンクラフトマン微糖
  • 【AGF】ブレンディボトルコーヒー微糖

それぞれのコーヒーの特徴を見ていきましょう。

【伊藤園】TULLY`S COFFEE Smooth LATTE

【伊藤園】TULLY`S COFFEE Smooth LATTE

TULLY`S COFFEE Smooth LATTEは、ミルクの甘さでコーヒーの味を引き立てています。

カフェラテに甘さを求めておらず、スッキリとした味わいを求めているという方にTULLY`S COFFEE Smooth LATTEはおすすめです。

また、TULLY`S COFFEE Smooth LATTEは、カロリーオフなため、スイーツなどの甘い食べ物と一緒楽しむことができます。

低カロリーなラテを探しているという方に、TULLY`S COFFEE Smooth LATTEはおすすめです。

【コカ・コーラ】ジョージアジャパンクラフトマン微糖

【コカ・コーラ】ジョージアジャパンクラフトマン微糖

ジョージアジャパンクラフトマン微糖は、甘さが控えめなコーヒーです。

た、水だし抽出がされているため、飲みごこちが良い微糖コーヒーです。

また、ペットボトルコーヒーのデメリットでもある、温度がゆっくりとぬるくなるという変化にも対応しています。

そのため、ゆっくりと飲んでも飽きない味わいになっています。

苦すぎず、ちょっとだけ甘いコーヒーを求めているという方は、ジョージアジャパンクラフトマン微糖がおすすめです。

【AGF】ブレンディボトルコーヒー微糖

【AGF】ブレンディボトルコーヒー微糖

ブレンディボトルコーヒー微糖は、コクと香りがしっかりとあるコーヒーです。

後味もしっかりとあるため、まろやかなコーヒーを好んで飲むという方に、ブレンディボトルコーヒー微糖はおすすめです。

また、ブレンディボトルコーヒー微糖は、900mlと容量も多いです。

容量が多く入っているペットボトルコーヒーを探しているという方は、ブレンディボトルコーヒー微糖は飲んでみてください。

以上がおすすめの微糖コーヒーです。微糖コーヒーを好んで飲むという方は、試してみてください。

カフェインレス2選

カフェインレスコーヒー3選

カフェインレスコーヒーを好んで飲むという方におすすめなペットボトルコーヒーが次になります。

  • 【UCC】BEANS&ROASTERS デカフェ・ラテ
  • 【ネスレ】ネスカフェゴールドブレンドこく深めボトルカフェインレス無糖

それぞれのコーヒーの特徴を見ていきましょう。

【UCC】BEANS&ROASTERS デカフェ・ラテ

【UCC】BEANS&ROASTERS デカフェ・ラテ

ROASTERS デカフェ・ラテは、甘さが抑えられており、すきっきりした飲みやすいコーヒーです。

人工甘味料が使われておらず、砂糖の上品な甘さがあるコーヒーです。

コーヒー感をそこまで感じることなく、ミルクの美味しさを味わうことができます。

また、ノンカフェインなため、夜に飲むことができるというのもROASTERS デカフェ・ラテの良いところです。

夜にコーヒーを飲むことがあるという場合は、ROASTERS デカフェ・ラテを選ぶことがおすすめです。

【ネスレ】ネスカフェゴールドブレンドこく深めボトルカフェインレス無糖

【ネスレ】ネスカフェゴールドブレンドこく深めボトルカフェインレス無糖

ネスカフェゴールドブレンドこく深めボトルカフェインレス無糖は、カフェインが97%カットされているコーヒーです。

しっかりとコクがあり、スッキリとした後味を感じることができます。

また、容量も900mlあるため、自宅でノンカフェインのコーヒーを飲みたいという方にもおすすめです。

以上がおすすめのノンカフェインコーヒーです。

カフェインの適量は決まっているため、過剰に摂取してしまうと身体に影響が出てしまいます。

カフェインを過剰に摂取していると感じる方は、ノンカフェインコーヒーに切り替えることがおすすめです。

関連記事コーヒー1日の適量目安は?カフェインの効果や摂取がおすすめの理由

ペットボトルコーヒーの選び方

ペットボトルコーヒーの選び方

ここまで、多くのペットボトルコーヒーを紹介してきました。

多くの種類を紹介したこともあり、どのコーヒーを選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ペットボトルコーヒーを選ぶ際は、次のことを意識するといいですよ。

  • 好きな味で選ぶ
  • 容量で選ぶ
  • お気に入りのカフェとコラボしているものから選ぶ

それぞれの理由について解説します。

好きな味で選ぶ

ペットボトルコーヒーを選ぶ際は、自分の好みの味をはっきりすることが重要です。

コーヒーを飲む際に、香りや酸味、コクや味わいなど、自分がどのようなコーヒーを好んで飲んでいるのかを振り返ってみてください。

容量で選ぶ

ペットボトルコーヒーは、900mlや500mlなど、様々な容量で販売されています。

仕事中に飲むという方の場合は、オフィスワーカーをターゲットにしているコーヒーを選ぶと良いでしょう。

自宅でコーヒーを楽しみたいという場合は、900mlのコーヒーがおすすめです。

このようにペットボトルコーヒーを選ぶ際は、自身のライフスタイルを考え、適切な容量のものを選ぶようにしましょう。

お気に入りのカフェとコラボしているものから選ぶ

ペットボトルコーヒーの中には、カフェとコラボしている商品もあります。

例えばチェーン店であるドトールコーヒーの場合は、万人受けするようなバランスの良い味になっています。

ペットボトルコーヒー選びに迷った際は、知っているメーカーから選ぶというのも一つの方法でしょう。

まとめ

コーヒーペットボトル まとめ

ペットボトルコーヒーには、多くの種類があります。満足いくコーヒーを選ぶためにも、まずは、自分の好みの味を見つけることが重要です。

香りや酸味、コク、味わいなどが、ペットボトルコーヒーを選ぶ際の基準になるので、覚えておくといいでしょう。

また、様々な容量のペットボトルコーヒーがあるため、ライフスタイルにあった適切な量を選ぶようにしてください。

TOPへ