コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.12.27
コーヒー

コーヒーに適したお湯の温度とは〜温度管理のおすすめアイテム〜

コーホー温度 アイキャッチ

コーヒーの味は、コーヒー豆や水分量だけではなく、お湯の温度でも変化があります。

この記事では、コーヒーに適したお湯の温度を解説します。

また、コーヒーのお湯を管理するためのアイテムも紹介しています。

コーヒーをバランス良い味わいで飲みたいという方は、ぜひ参考にしてください。

「抽出速度」はお湯の温度で変化する

「抽出速度」はお湯の温度で変化する

コーヒーの味は、豆の種類や水の量で調整しているという方は多いのではないでしょうか。コーヒーの味は、抽出速度によって変化します。

抽出速度によって、どのような変化があるのか見ていきましょう。

コーヒーの成分の抽出速度は一定ではない

コーヒーの成分の抽出は、一定ではありません。

お湯の温度により、成分が抽出されるまでの時間は異なります。

  • お湯の温度が高い場合・・・成分の抽出スピードは速い
  • お湯の温度が低い場合・・・成分の抽出スピードは遅い

上記のようにお湯の温度により、成分の抽出スピードは異なります。

温度により抽出スピーガが異なるのは、コーヒーだけではありません。

紅茶や緑茶も同じく、お湯の温度が高いと、味の抽出スピードは高くなります

素材を抽出する際は、お湯の温度の調整も忘れないようにしましょう。

「苦味と酸味」はお湯の温度で変化する

「苦味と酸味」はお湯の温度で変化する

 

お湯の温度次第で、成分の抽出スピードに辺があるこを説明しました。

では、抽出のスピードを調整することで、コーヒーにどのような影響があるのでしょうか。

抽出されやすい「酸味」

コーヒーの酸味は、お湯の温度に影響を受けることは少ないです。そのため、お湯の温度が低い場合でも、酸味を引き出すことは可能です。

酸味のあるフルーティーなコーヒーを楽しみたいという場合は、低めのお湯でコーヒーを入れることがおすすめです。

「抽出速度」はお湯の温度で変化する

焙煎されたコーヒーから出てくる苦味は、時間をかけないと抽出することはできません。

そのため、高いお湯で抽出すると、コーヒーの苦味を引き出すことができます。

コーヒーに苦味を出したいという場合は、お湯の温度を高めることがおすすめです。

「雑味」は熱すぎるお湯が原因になる

お湯が沸騰するまで温度をあげてしまうと、コーヒーに雑味が出てしまいます。

コーヒー淹れる際の理想のお湯の温度は、80℃~95℃です。

お湯の温度を高める際は、90℃~95℃を超えないように注意しましょう。

このようにコーヒーは、豆や水分量だけではなく、お湯の温度によっても味に変化が出ます。

80℃~95℃の範囲で、好みの温度を見つけてみてください。

焙煎度合いに適したおすすめのお湯の温度

焙煎度合いに適したおすすめのお湯の温度

焙煎には、大きく分けると、「浅煎り」「中煎り」「深煎」の3つがあります。

焙煎の度合いによっても、成分の抽出スピードや味は異なります。

浅煎りは「酸味」が強い

コーヒーの酸味を引き出したいという方は、お湯の温度を高め、浅煎りをすることがおすすめです。

そのため、浅煎りをする際は、お湯の温度を90℃~95℃にするといいでしょう。

また、焙煎も同じく、お湯の温度を高くしてしまうと雑味が出てしまいます。

浅煎りをするためにお湯の温度を高める際は、注意しましょう。

深煎は「苦味」が強い

コーヒーに苦味を出したい場合は、お湯の温度を低め、深煎りすることがおすすめです。

そのため、深煎をする際は、お湯の温度を80℃~85℃にすることがおすすめです。

バランスの良い味わいコーヒーを淹れるためには

豆の焙煎度合いや、お湯の温度により、コーヒーの味は異なることが分かります。

バランスの良いコーヒーを淹れた場合は、次のような温度設定にすることがおすすめです。

  • 酸味が特徴の浅煎り豆・・・お湯の温度は高め
  • 苦味が特徴の深煎豆り豆・・・お湯の温度は低め

上記がバランスの良いコーヒーを淹れるための温度設定です。

コーヒーを飲む際は、豆や水の量だけではなく、お湯の温度にもこだわってみてください。

お湯の理想的温度とは

お湯の理想的温度とは

コーヒーを淹れる際の、理想の温度は、80℃~95℃です。

  • 酸味を出したい場合・・・80℃~85℃
  • 苦味を出したい場合・・・90℃~95℃
  • 中間をとりたい場合・・・85℃~90℃

こちらがお湯の理想温度になります。

また、お湯には理想の温度がありますが、豆や使う水質によっても異なります。

そのため、普段から飲んでいるコーヒー豆に合う温度を見つけることが、美味しいコーヒーを淹れる秘訣です。

80℃~95℃の中で、自分の好みやコーヒー豆の種類によって、温度を調整してみてください。

お湯の温度を管理するためのおすすめアイテム

お湯の温度を管理するためのおすすめアイテム

お湯の温度を調整することで、コーヒーに酸味や苦味を出すことができます。

しかし、コーヒーの温度を80℃~95℃に調整しないと、コーヒーの雑味が引き立ってしまいます。

そこで今回は、コーヒーの温度を調整する際におすすめの道具を解説します。

  • クッキング温度計
  • 赤外放射温度計
  • ケトルに付ける温度計
  • 温度調整・保温機能があるケトル

クッキング温度計

クッキング温度計は、コーヒー以外にも揚げ物や炒めものなど、様々な料理をする際に使われています。

クッキング温度計の中でも手に入りやすくおすすめなものが、棒のついたタイプの温度計です。

温度を測りたい部分に棒をいれるだけでいいので、使い方も簡単です。

温度計の表示は、デジタル式とアナログ式があります。

ひと目でお湯の温度を知りたいという場合は、デジタル式がおすすめです。

しかし、温度計の針を見ながら、お湯の温度を見ながら調整したい場合は、アナログ式がおすすめです。

また、メーカーによっては料理温度計や調理用温度計など、名称が様々です。基本的な機能は同じなため、好みのものを使ってみてください。

赤外線放射温度計

赤外線放射温度計は、測りたい部分に赤外線を当てることで、温度を測ることができます。

クッキング温度計は、棒を入れることで少しではありますが、温度に変化が起きてしまいます。

赤外線温度計は、赤外線を当てるだけなので、温度が変化することもありません。

また赤外線温度計は、温度計とお湯が接触することもないので、洗う手間も省けて衛生的です。

より正確に温度を測りたいという方は、赤外線温度計がおすすめです。

ケトルにつける温度計

ケトルにつける温度計は、両手が空くというメリットがあります。両手が空くため、温度を見ながら、コーヒーを淹れることが可能です。

また、ケトルやコーヒーポットにつけるタイプの温度計は、他社のメーカーでは使えないという可能性があります

そのため、ケトルやコーヒーポットにつけるタイプの温度計を購入する際は、事前に調べるようにしましょう。

温度調整・保温機能があるケトル

ケトルの中には、温度計や保温機能があるものがあります。

お湯の温度をイチイチ測ることがめんどくさいという場合は、温度調整ができるケトルを使うことがおすすめです。

また、ケトルの中には、お湯が冷めてしまった場合でも、設定した温度に温め直せる機能などもあります。

そのほか、1℃単位で温度を設定できるケトルもあるため、お湯の温度にこだわりたい場合はおすすめです。

このようにお湯の温度を調整できるアイテムは多くあります。

コーヒーだけではなく、料理をする際に利用したい場合は、クッキング温度計や赤外線放射温度計がおすすめです。

お湯の温度を調整するために使いたいという場合は、温度調整や保温機能があるケトルがいいでしょう。

まとめ

コーヒー 温度まとめ

コーヒーは、お湯の温度が変わるだけで、酸味や苦味が異なります。

コーヒーを淹れる際は、80℃~95℃のお湯で調整するとバランスの良い味わいを出すことができます。

お湯の温度が95℃を超えてしまうと、コーヒーの雑味が出てしまうため注意しましょう。

また、お湯の温度を管理する際は、赤外線温度計や温度調整ができるケトルがおすすめです。

TOPへ