コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-963-5666

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.06.06
コーヒー

コーヒーの体にいい飲み方は?摂取するメリットと注意点を解説

コーヒー体にいい

コーヒーを飲んでいると、本当に体に良い飲み物なのか不安になる方も多いと思います。

そこで今回は、コーヒを飲むメリットや体に良い飲み方を紹介していきます。

コーヒーが好きな方は、ぜひ参考にして下さい。

コーヒーを飲むメリットは

コーヒーを飲むメリットは

コーヒーを飲むメリットとは次になります。

  • 二日酔いのケア
  • ダイエット効果
  • リラックス効果
  • 筋肉の活性化
  • むくみの解消

二日酔いのケア

コーヒーに含まれている「カフェイン」は、二日酔いのケアをしてくれる効果があります。

またコーヒーには、腎機能のケアをする効果もあるので、アルコールを飲んだ次の日に摂取することはとてもおすすめです。

朝からブラックコーヒを飲むと胃がキリキリするという方は、ミルクや砂糖を入れても効果が期待できます。二日酔いやお酒を飲んだ翌日には、ぜひコーヒーを摂取しましょう。

ダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインには「脂肪燃焼効果」が期待できます。そのためダイエットをしているという方は、コーヒーを飲むことがおすすめです。

また新陳代謝が活性化することもあるので、運動をする際にコーヒーを飲んでも効果があります。

ダイエットをしている方や運動をしている方は、ぜひ試してみて下さい。

リラックス効果

コーヒーの独特な香りには、「リラックス効果」や「集中力を高める効果」が期待できます。

またコーヒーを飲む際に、リラックス効果を求める場合は、深煎りの豆がおすすめです。

ぜひコーヒーを飲む際は、豆にもこだわってみて下さい。

関連記事コーヒー豆の正しい選び方は?購入のポイントや保存方法を紹介

筋肉の活性化

コーヒーには、筋肉を活性化させる効果や疲労を感じにくくする効果があります。

またコーヒーには、アドレナリンの分泌促進効果があります。アドレナリンを分泌することで、運動もすっきりとした気分でおこなうことができます。

筋トレの効率を高めたいという方は、ぜひコーヒーを飲んでください。

むくみの解消

カフェインには、「利尿作用」があります。

利尿作用があるため、体にある余分な水分を排出する効果が期待できます・

体にむくみを感じるという方は、ぜひコーヒーを飲んでください。

このようにコーヒーを飲むことには、様々なメリットがあるので覚えておきましょう。

コーヒーを飲む際の注意点は

コーヒーを飲む際の注意点は

コーヒーを飲むと多くのメリットがありますが、飲みすぎは良くありません。

コーヒーを飲みすぎると次のようなメリットが考えられます。

  • 心拍数の増加
  • 自立神経の乱れ
  • 貧血
  • 歯が黄ばむ

心拍数の増加

カフェインを過剰に摂取してしまうと、「交感神経」が高ぶります。

交感神経が興奮してしまうことが原因で、心拍数が増加してしまいます。

またコーヒーを飲みすぎてしまうと、心拍数を穏やかにする働きがある「アデノシン」の働きを抑えてしまいます。コーヒーは体にいいですが、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。

自律神経の乱れ

コーヒーに含まれているカフェインを過剰に摂取してしまうと、「自立神経」が乱れてしまう恐れがあります。

自立神経が乱れてしまうと、次のような症状が現れます。

  • 耳鳴り
  • 慢性的な疲労感
  • 感情の波が激しくなる
  • 不安や焦りを感じる
  • 息切れ
  • 手足のしびれ

自立神経が乱れてしまうと、「ストレス」や「生活習慣の乱れ」などの症状が出てきてしまうので、注意しましょう。

貧血

カフェインは、「鉄分」の吸収を抑えてしまう効果があります。

その為カフェインを過剰摂取してしまうと、鉄分が不足してしまい貧血になってしまう恐れがあります。

少し貧血気味に感じているという方は、コーヒーの摂取を控えるようにしましょう。

歯が黄ばむ

コーヒーを飲むと、「シロップ」や「ミルク」が歯に付着してしまいます。

そのためコーヒーは、歯が黄ばむことや虫歯になる可能性が高くのなる飲み物でもあります。

対策方法としては、コーヒーを飲んだ後に歯磨きや水で口をゆすぐことで対策することができます。コーヒーをよく飲むという方は、ぜひ実践して下さい。

コーヒー・カフェインの一日適用量は

コーヒーの一日適用量は

ここまで紹介してきましたが、コーヒーを飲む際は、「カフェインの過剰摂取」に注意する必要があります。

成人の方の場合、カフェインの一日の摂取量は、400㎎といわれています。そのため一日に呑んでいいコーヒーの量は、3~4杯になるので注意しましょう。

まとめ

まとめ

コーヒーは、カフェインの摂取量に気をつけると、とても体に良い飲み物です。

ダイエットをしている方や筋トレをしている方なども、是非コーヒーを飲んでみて下さい。

またコーヒーを飲む際は、一日3~4杯を目安にするようにしましょう。