コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.10.30
資格別解説

コーチングとは?ティーチングとの違いや実践方法を詳しく解説

コーチングとは

近年日本では、コーチングが流行っていることもあり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コーチングとは何かやコーチングをするために必要な能力を解説します。

コーチングに興味があるという方は、ぜひ参考にしてください。

コーチングとは?ティーチングとの違いを解説

コーチングとは、相手の話に耳を傾けて観察や質問、提案を行い内面にある答えを引き出す手法になります。

コーチングを行うことで次のようなメリットがあります。

  • 目標や理想の明確化
  • 考え方や選択技を増やす
  • 新しい気づきをもたらす
  • コミュニケーションの促進
  • 視点を増やす

こちらがコーチングを行うメリットです。

そのため、コーチングは人材教育や子育て、マネジメントなど様々な場面で活用することができます。

相手の個性を伸ばしたい場合や自主的な行動を取らせたい場合は、コーチングを学び実践してみることがおすすめです。

コーチングとティーチングの違い

コーチングとは、相手に答えがあるということを前提に考えるため、傾聴が基本になります。

しかしティーチングは、答えは伝える側にあるという考え方なため、相手が自分と同じことをできるようになるのをサポートしていくという考え方です。

そのためティーチングは、業務内容がマニュアル化されている場合は有効です。

言葉は似ていますが、コーチングとティーチングは異なります。

場面や状況に合わせて使い分けるようにしましょう。

コーチングを行う際に必要なスキルは

コーチング スキル

コーチングは、相手のことを理解しコミュニケーションをスムーズに取る必要があります。

スムーズに相手のことを理解するためにも、コーチングでは次の3つのスキルが必要です。

  • 傾聴
  • 質問
  • 承認

傾聴

コーチングは、相手が答えを持っているという考え方になるため、「聴く」ことが基本になります。

傾聴をする際に大切なことは、相手が自分の話を聴いてくれていると感じてもらうことです。

そのためにコーチングでけ話をする際は、「オウム返し」や「話を促す」ようなテクニックを利用します。

そのほか、座る位置や距離感などでも、相手が感じる印象は違います。

質問

コーチングで質問をする際は、相手が答えを導き出せるようにすることが重要です。

そのためにも質問をする際は、未来に見据えて質問をすることを意識するようにしましょう。

☓悪い例

「なぜ仕事を失敗したの?」

◯良い例

「同じ仕事をする機会があった場合は、良くするためにどうすればいいと思う」

 

良い例の方は、尋問的な質問ではないため、相手も答えやすくなっています。

また、未来系の質問は、相手が考え新しい視点を持ってくれる可能性が非常に高いです。

承認

コーチングで承認をする際のコツは、相手にしっかりと敬意を伝えることです。

敬意を伝えることで信頼関係を築けるため、今後の成長を促進させる効果もあります。

また、承認する際に注意しないといけないことは、相手にお世辞と思われないことです。

お世辞だと思われないためにも、客観的な事実を伝えることや自分の意見を話すということも大切です。

そのほか、名前で呼ぶことや意見を求めることも相手との信頼関係を築く際は重要です。

こちらの「傾聴」「質問」「承認」のスキルを覚えておくと、日常でも役立つことが多くあります。

コーチングを学んでみたいという方は、下記を参考にしてみてください。

関連記事コーチングを学ぶ方法は?実践するメリットやおすすめの講座を紹介

コーチングの実践方法は?4つステップを詳しく解説

コーチング スキル

コーチングいは、多くのメリットがあるため実践してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コーチングの実践する際に必要な4つのステップを解説します。

コーチングを実践してみたいという方は、ぜひ参考にしてください。

  • ステップ1:現状の確認
  • ステップ2:ゴールの具体化
  • ステップ3:成果を妨げている課題を見つける
  • ステップ4:行動計画の作成

ステップ1:現状の確認

コーチングを始める際は、相手が今置かれている状況を確認することか始めます。

状況を確認することで、相手も自分の話を聞いてもらえていると安心感や不安の解消に繋がります。

また、現状を確認する際は、次の3つのことを意識するようにしましょう。

  • 信頼関係を築く
  • 相手が話しやすい1対1の状況を作る
  • 推測や主観で話を進めず事実確認を行う

ステップ2:ゴールの具体化

現状を把握することができた場合、次にゴールを具体化していきます。

ゴールを具体化する際に重要なことは、ゴールを明確にすることです。

「ゴールの先にある目的」や「ゴールに対する価値基準」など、相手から聞き出すことを心がけるようにしましょう。

また、ゴールを達成することで、マイナスの影響を及ばしてしまうことも考えられます。ゴールを具体化する際は、どのようなマイナスの要素があるのかもしっかりと聞き出すようにしてください。

ステップ3:成果を妨げている課題を見つける

現状確認とゴールの具体化を進めることがきたら、次に成果を妨げている課題を見つけます。

この段階で課題を明確にすることで、行動計画の作成をスムーズに行うことができます。

成果を妨げている課題を見つける際は、次のような質問をするようにしましょう。

  • 成果を妨げているものは何なのか
  • マイナスの結果は生み出していないか
  • 行動を止めているものは何なのか

上記のような質問は、仕事が忙しい中でもスムーズに部下と取れるコミュニケーションです。

話を聞いておくと、フォローもしやすくなるので、定期的に質問をするようにしましょう。

ステップ4:行動計画の作成

行動計画の作成をする際は、ゴールを実現するためにも、具体的に作成することが重要です。

行動計画を作成する際は、次のような質問をするとより具体的にゴールを描くことができます。

  • ゴールの期限
  • 中間ゴールの目標や期限
  • 誰がどのような役割を担うもか
  • どのような手順で進めるのか
  • はじめの一歩をどのようにするのか

また、ゴール計画を作成する際は、魅力的なゴールを描いていくと、相手のモチベーションも上がります。

建設的な批判を交えて、より具体的な行動計画を作成することを意識しましょう。

こちらがコーチングを実践する際の手順です。

「傾聴」「質問」「承認」することを意識して、ぜひ実践してみてください。

仕事で役立つこと間違いなし!コーチングをする際に大切なことは

コーチング 大切

先程はコーチングを行う際に必要なスキルを紹介しました。

コーチングは、実践しやすいこともあり試してみたいと感じている方も多いのではないでしょうか。

コーチングの実践を考えているという方は、次のことを意識してください。

  • 相手に尊敬されることを忘れない
  • 相手の良き理解者になる姿勢

こちらがコーチングを実践する際に大切なことです。

相手に尊敬されることを忘れない

話を聞いてばかりでいると、相手に下に見られてしまうことおあります。

そのため、コーチングをする際は、愛に尊敬されることが重要です。

相手に尊敬されるためにも、まずは、自分が目標や理想に向かって取り組む姿勢を見せるようにしましょう。

また、コーチングの技術を覚えることができた場合は、セルフコーチングを行うことがおすすめです。

セルフコーチングを行うことで、自分の価値基準や強み、弱みなどをしっかりと持つことができます。

より行動力や自己肯定感が高まるため、相手からも尊敬されやすくなるでしょう。

相手の良き理解者になる姿勢

コーチングする相手の考え方や価値観はそれぞれです。

そのため、自分とは違う考え方を持っているという方をコーチングすることもあるでしょう。

しかしコーチングをする際は、どのような考え方を持っている方も理解しようとする姿勢が重要です。

相手の言い分を否定せずに傾聴することを心がけるようにしましょう。

こちらがコーチングをする際のポイントです。

またコーチングの目的は、あくまで成果と成長を促進させることになります。

目的を見失う合わないようにコーチングするようにしましょう。

コーチングは多くのメリットあり!興味がある方は講座学習がおすすめ

コーチングプロフェッショナル

コーチングは、実践することで多くのメリットをもたらします。

人材教育やマネジメント、子育てなど多くのメリットがあるため、学んでおいて損はありません。

この記事を読んでさらにコーチングについて学びたいと感じた方は、講座学習で学ぶことがおすすめです。

「コーチングプロフェッショナル資格取得講座」では、コーチングの基礎から応用方法まで詳しく解説されています。

興味があるという方は、ぜひチェックしてみてください。

【一般社団法人日本技能開発協会】コーチングプロフェッショナルの資格