コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.11.24
資格別解説

コーチング資格実践のポイント!目的や目標達成に必要なスキルを解説

コーチング

部下の人材育成の手法として、近年コーチングが注目されています。

コーチングのスキルを身につけることができると、組織内のコミュニケーションが増えることや自ら考え行動する部下を教育することができます。

この記事では、コーチングが注目されている理由や基本的なスキルを解説していきます。

コーチングを実践したいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

コーチングとは?社員の能力育成をサポートするツール

コーチングとは

コーチングとは、相手の話に耳を傾け、観察や質問を行い、相手の内面にある答えを引き出す手法のことをいいます。

コーチングをマスターすることができると、セルフコーチングや組織をマネジメントする能力が身につきます。

コーチングをより理解するためにも、まずはコーチングの歴史について見ていきましょう。

 

コーチングの歴史

コーチという言葉ができたのは、1500年代といわれています。もともとは、馬車という意味が意味で使われていました。

馬車の役割である「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味から派生して、「人の目標を支援する」という意味でコーチングという言葉が使われるようになりました。

1950年頃には、ハーバード大学の教授であるマイルズ・メイス氏が、著書の中でコーチングはマネージメントに必要なスキルであると記したことをきっかけに、1980年には、多くのコーチングに関する出版物が出されました。

現在日本でも、教育現場だけではなく、医療関連の方や専門職など、様々な方がコーチングに興味持ちました。

コーチングの基礎を覚えることができると、独自の活用方法で部下をマネジメントすることやコミュニケーションを図ることができますよ。

 

目標達成マネジメント

組織には、必ず達成しないといけない目標があります。チーム全体で、どのように目標に達成するのかを考える際にコーチングは力を発揮します。

チーム全体をコーチングするメリットは、課題解決の当事者意識が高まることや、さまざまな情報やアイディアがきっかけで課題を解決することができるところです。

コーチングは基本的に1対1で行うべきではありますが、部下の積極性などを引き出したい場合は、チーム全体で目標を決めてコーチングを実践してみることがおすすめです。

関連記事コーチング型マネジメントの活用方法〜部下の能力を最大限に高めるには〜

 

コーチングとティーチングの違い

コーチングとは、相手に答えがあることを前提に考えます。

そのためコーチングでは「傾聴」「質問」「承認」の3つのテクニックを使い、相手の答えを引き出すことが基本になります。

しかしティーチングは、答えは伝える側にあるという考え方を持って接することが基本になります。

そのため、ティーチングでは、相手が自分と同じようになるためのサポートをするという手法になります。

ティーチングは、相手が自分と同じようになれることを目標としているため、業務内容がマニュアル化されている仕事には有効なことが多いです。

コーチングとティーチングでは、目的や手法が大きく異なることが分かります。

コーチングとティーチングは、場面に応じてしっかりと使い分けるようにしていきましょう。

関連記事コーチングとは?意味や目的、ティーチングとの違いについて解説

 

コーチングは胡散臭い?

コーチングはなんだか「胡散臭い」「気持ち悪い」「意味がない」などといわれることがあります。

これは、コーチングを詐欺や悪徳業者が自己啓発セミナーと謳って、人々を招き入れようとするという背景があるからです。

他にもネガティブな意見がある理由について下記の記事で詳しく解説しています。

関連記事コーチングが胡散臭い、気持ち悪い、意味がないと言われる理由を解説

 

コーチングに人気が集まる理由は

コーチング 人気

近年コーチングは、とても人気が集まっています。なぜコーチングに人気が集まっているのか詳しく解説します。

 

組織におけるコミュニケーションの重要性

終身雇用が当たり前だった昔とは違い、現在は、中途採用が当たり前になってきました。

そのため、幅広い年齢層の方を人材育成する方法やコミュニケーションを取る必要がある時代になってきました。

コーチングの基本は「傾聴」「質問」「承認」の3つのため、円滑にコミュニケーションを行うことができるようになります。

組織にいると、仕事やプライベートなど、様々な場面で相性の悪い人間とも接しないといけない場面が多くあります。

コーチングを覚えることができると、気が強い人や意見を曖昧にぼかす方など、相手のタイプを考えて接する方法を知ることができますよ。

 

自ら仕事ができる社員の能力を育成する

近年、ビジネス環境が変化するスピードが早くなってきています。

そのため、指示されてから行動をする人材を育成していると、ビジネスの変化に対応できない恐れがあります。

コーチングでは、相手が答えを持っていることを前提にするため、考えながら行動する機会を与えてあげることができます。

コーチングの手法を使いながら指導することは、自ら考え行動する社員を育成することができますよ。

 

最高の自分に導くセルフコーチング

コーチングの知識を身につけると、自らをコーチングする「セルフコーチング」をすることができます。

セルフコーチングを覚えると、次のようなメリットがあります。

  • 目標や理想を見つけることができる
  • 目標達成のスピードが上がる
  • 相手に対する理解を深めることができる
  • 自主性や自律性が生まれる

人材教育では、相手から尊敬されるということも重要になります。

セルフコーチングをすることで、より行動力や自己肯定感が高まるため、相手からも尊敬される人間になることができますよ。

 

コーチングがおすすめな人の特徴は

コーチング おすすめ

コーチングは次のような方におすすめです。

  • 人に関心がある
  • 人の話を聞くことが好き
  • 人の気持ちに敏感
  • 向上心がある
  • 人をサポートするのが好き

上記のような方がコーチングに向いています。

コーチングは、あくまでサポートすることが目的です。そのため、人にアドバイスをしたいという方には向いていません。

そのほか、コーチングは、目標を達成するために、大きな挑戦やリスクを取らないといけないことが多くあります。

仕事をしていく上で、安心感や安定を求めているという方もコーチングには向いていないでしょう。

 

コーチとして活動するには

コーチとして活動するには

コーチとして活動するには、自分がどのようなコーチになりたいのか、活動分野を決めておく必要があります。

  • エグゼクティブコーチ
  • ライフコーチ
  • ビジネスコーチ

コーチングは、上記の3つの分野があります。コーチとして活動したいという方は、自分がどの分野のコーチとして活動したいのかを決めておく必要があります。

それぞれの分野について詳しく解説していくので見ていきましょう。

 

エグゼクティブコーチ

エグゼクティブコーチとは、エグゼクティブ層といわれる、経営者や経営幹部を対象にしたコーチングのことを指します。

エグゼクティブコーチでは、主に組織の課題を解決し、ビジネス上で成果を出すことが重視されます。

また、経営者や経営幹部を対象としているため、ビジネスの知識やコンサルティング能力が求められることもあります。

 

ライフコーチ

ライフコーチとは、個人個人がより良い人生を送れるように、相手の人生全般を対象にしたコーチングのことを指します。

イフコーチでは、人生全般のモチベーターとなることが役割になるため、幅広い相手のコーチをすることが多くなります。

そのため、モチベーターとなるだけではなく、相手に合わせてコーチングをする能力が問われます。

 

ビジネスコーチ

ビジネスコーチとは、ビジネスの領域に特化したコーチングのことを指します。

ビジネスコーチの効果としましては、組織目標の達成や部下の自主性や自律性を育てることが役割となります。

組織内で信頼関係を作るためにも、ビジネス経験や理解が求められることになります。

また、エグゼクティブコーチとの違いは、組織のリーダーだけを対象としていないところです。

同じコーチングでも、コーチをする対象が違うことを覚えておきましょう。

関連記事コーチングはビジネス成功の秘訣!人材育成の活用におすすめスキル

 

コーチングの基本スキル

コーチングの基本スキル

コーチングの基本となるスキルは、次の3つになります。

  • 傾聴
  • 質問
  • 承認

なぜ、コーチングには、上記の3つのスキルが必要なのか見ていきましょう。

 

傾聴

コーチングでは、相手が答えを持っていることが前提として考えるため、傾聴することが基本になります。

傾聴をするときに大切なことは、相手が自分の話に興味や理解を示してくれていると感じてくれることです。

そうすることで、相手との信頼関係を築くことができ、多くの話を聞くことができます。

相手に話を聞いていると思わせるテクニックとして、オウム返しやアイコンタクトなどのテクニックが有名です。

 

質問

コーチングを目的とした質問では、相手が答えを出しやすいように質問することが重要になります。

そのため、質問をする際は、未来を見据えた質問をすることを意識する必要があります。

良い質問悪い質問
「なぜ仕事を失敗したの?」「同じ仕事をする機会があった場合は、良くするためにどうすればいいと思う」

良い質問では、尋問的な質問ではないため、相手も答えにくいい質問になっています。

未来を見据えた質問をすることで、相手が新しい支店を持ってくれるというメリットもありますよ。

そのほか、スムージに質問をしていくためにも、シンプルなフレーズを用意しておくという方法があります。

「具体的に言うと?」や「例えば?」など、答えに対して深堀りをすることができるフレーズを用意しておくと、上手に質問をすることができますよ。

関連記事相手に気づきを与えるコーチングの質問スキルとは〜質問の目的や具体的質問方法〜

 

承認

承認は、コーチングの中でも、必要とされるスキルになります。

なぜなら、人間は誰もが認められたいと思っており、褒められることでモチベーションを感じるからです。

相手に自信をつけてもらうためやモチベーションを上げるためにも、コーチをする際は承認することを意識するようにしましょう。

また、コーチングをする際に気をつけないといけないことが、相手にお世辞だと思われないことです。

お世辞だと思わせないためにも、承認をしながらも、しっかりと自分の意見も伝えることを意識してください。

そのほか、意見を求めることで、相手に認めていることを示すというテクニックもあります。

こちらがコーチングの基本スキルになります。どのスキルも、相手に信頼されるためには、とても重要なスキルですよ。

関連記事コーチングの基本スキル3つのポイントと活用方法!傾聴・質問・承認

関連記事コーチングでの質問スキルは必要?手法を学んで目標達成に活かす

 

コーチングを実践する際のポイント

コーチングを実践する際のポイント

コーチングを行うことで多くのメリットがあります。そのため、コーチングを実践してみたいという方も多いのではないでしょうか。

コーチングを実践する際は、どのようなことに気をつけないといけないのか、ポイントを解説していきます。

 

答えを押し付けない

コーチングをしていると、部下が壁にぶつかってしまう場合があります。

壁にぶつかると、ついつい解決方法を提案したくなりますが、答えを押し付けてはいけません。

なぜならコーチングでは、相手が答えを持っていることを前提に考えるからです。

壁にぶつかった際は、その人なりの正解を引き出すためのサポートをすることが役割になります。

また、答えが自分と異なっている場合でも、相手の意見を尊重することもコーチングでは重要です。

 

双方向へのコミュニケーションを行う

組織内では、上司と部下のコミュニケーションでは、上司が一方的にコミュニケーションを取ることがあるでしょう。

しかしコーチングは、双方向のコミュニケーションが重要になります。

一方的なコミュニケーションは、相手が何を考えているのか汲み取ることが難しくなります。

相手の考えを理解するためにも、双方向のコミュニケーションを行うことを意識してください。

 

1対1で行うこと

コーチングをおこなうには、環境が重要になります。

周りに人が多い場所で話をすると、自分の意見を周りに聞かれたくない人から答えを引き出すことはできません。

コーチングをする際は、より相手の答えを引き出す必要があります。

相手の答えを引き出すためにも、1対1で行うことがおすすめです。

 

継続して行う

コーチングは、継続的に行うことが重要になります。

継続的に行うことで、相手も自分に関心があると感じてくれます。

継続的にコーチングを行うことで、相手の進歩状況を理解できるため、的確にサポートをすることも可能になります。

また、モチベーションアップなどにも繋がるため、コーチングをする際は、継続的に行うことを意識しましょう。

 

コーチングのプロになるためにやるべき行動

コーチングのプロになるためにやるべき行動

コーチングは、コーチングのプロを名乗ってしまえば、プロとして活動することができます。

しかし、プロのコーチを名乗るだけでは、コーチングのプロとして活動することは難しいでしょう。

プロのコーチとして活躍するためには、次のことを実践するようにしてください。

 

コーチングの商品化

コーチングの資格を取得して満足してしまう方は多くいます。

しかしコーチングのプロとして活動したい場合は、自分のコーチングスキルを商品化する必要があります。

自身のコーチングを商品化するためにも、まずはコーチングのスキルを磨く必要があります。

コーチングのスキルを磨く方法として、資格を取得する方法がおすすめです。

資格を取得することができると、お客様からも信頼されるため、話を聞き出しやすくなります。

コーチングのプロを目指す場合は、まずはコーチングの資格を取得することを目標にしてみてください。

 

コーチングを体験する

コーチングの資格を取得することができた場合、実際にコーチングを体験することがおすすめです。

コーチングを実際に体験することで、コーチング相手の気持ちを理解することもできます。

また、プロの方のコーチングを受けることで、細かな技術を感じることができるのもメリットでしょう。

コーチングを実際に体験する場合は、コーチングでしっかりと結果をだしている方のところに行くようにしてください

コーチングは、誰から学ぶかにより、身につくスキルや知識が違うので気をつけましょう。

関連記事目標達成に効果はある?オンライン講座でコーチングを体験してみよう

 

コーチングの改善

コーチングをしていると、目標設定を高くしすぎてしまうことや経験の浅い人に対してすぐに答えを求めてしまうなど、様々なミスをしてしまうことがあります。

そのほか、スムーズに質問できないということもあるでしょう。

プロのコーチとして活躍するためにも、細かな部分は改善していくことが大切です。

コーチングで改善点を修正した場合は、一度セルフコーチングを行うことや台本化してしまうことがおすすめです。

関連記事コーチングを仕事にするには資格は必要?〜起業や独立に必要なスキルとは〜

 

コーチングの学び方4選

コーチングの学び方4選

コーチングの学び方は、次になります。

  • 講座で学ぶ
  • 本から学ぶ
  • 働きながら学ぶ
  • コーチングを受けてみる

上記のように様々な方法でコーチングを学ぶことができます。

コーチングについて書かれている本はたくさんあるため、本で学ぶことは一番手軽に行えます。

関連記事コーチングスキルを本で取得!実践に役立つおすすめ書籍9冊を厳選!

しかし、コーチングでは、お客様に信頼されることがとても重要になります。

そのため、コーチングを学ぶ際は、学んだということを証明できる講座学習がおすすめです。

講座学習は、資格を取得することができるため、お客様にも簡単に学んだことを証明することができますよ。

また、履歴書にも書くことができるため、コーチとして幅広く活躍することができます。

将来的にコーチングをしたいという場合は、資格を取得することがおすすめです。

関連記事コーチングは、スクールで学ぶのがおすすめ!〜コーチングスクールの選び方〜

 

また、コーチングを受ける場合は、事前に目標設定などが必要です。

コーチングを受ける場合のステップや事前準備についてはこちらの記事で説明しています。

関連記事コーチングセッションを受けるステップ6つ!目標設定や目的・理由

 

コーチング資格の取得方法は?おすすめの講座を紹介

コーチング資格

コーチングの資格には様々な種類があります。

プロのコーチを目指しているという方は、次の資格を取得することがおすすめですよ。

 

コーチングプロフェッショナル

コーチングプロフェッショナル

コーチングプロフェッショナルは、コーチングの知識が全くないという方いも分かりやすいテキストになっています

コーチングを進める際の注意点やコーチングをするときのマインドまで詳しく載っているため、プロとして活躍する際も役立てることができますよ。

また、コーチングの応用方法やセルフコーチングの方法まで解説されているので、コーチングを最大限に活かすことができます。

コーチングのプロフェッショナルを取得すると、コーチングのプロとして幅広く活躍することができますよ。

【一般社団法人日本技能開発協会】コーチングプロフェッショナルの資格

 

国際コーチング連盟

国際コーチング連盟は「ICF」と呼ばれており、世界138カ国に会員がいる資格です。

1995年にコーチングの本場であるアメリカで設立されたため、プロのコーチを目指しているという方にはおすすめです。

しかし、資格を取得するためには最低8名以上のクライアントと100時間のコーチングをする必要があります。

コーチング業界の中では大きな資格ではありますが、取得難度が高いので、講座を受ける際は注意しましょう。

 

トラスト認定プロフェッショナルコーチ

トラスト認定プロフェッショナルコーチは、実際にコーチングを受けながら技術や知識を学ぶことができます。

プロの技術を体幹しながら学ぶことができるため、細かなテクニックが身につきますよ。

また、自身のコミュニケーションタイプを診断することができるため、コミュニケーションの幅を広げることも可能です。

 

チャイルドコーチングアドバイザー

コーチングを子育てに活かしたいという方も多いのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのが、チャイルドコーチングアドバイザーです。

チャイルドコーチングアドバイザーでは、6歳~18歳までの子供をコーチングする方法を学ぶことができます。

教育現場やスポーツ教室など、子供を対象にコーチングする場面は多くあります。

コーチングの技術を子供のために活かしたいという方は、チャイルドコーチングアドバイザーを取得することがおすすめです。

関連記事子育てコーチングでママの悩み解消!子供の自主性向上におすすめ資格

関連記事【コーチング】おすすめオンライン・通信講座!特徴や受講のメリット

 

まとめ

コーチングは部下の育成など現在のビジネスで活用できるだけでなく、独立してコーチとして役に立てることもできます。

他にも、子育てしている世代や教育現場でも、自主性を伸ばすことができるなど幅広く活用することができます。

コーチングを学ぶ方法には資格やスクールなど、様々な種類があるため、自分に合った受講方法を選択してスキルを取得してみてください。

TOPへ