コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.11.28
資格別解説

コーチングとは?意味や目的、ティーチングとの違いについて解説

コーチングとは

近年、幅広い年齢層の方が組織内にいるため、コーチングがとてもとても注目されています。コーチングを覚えることができると、自ら行動できる人材を育成することができますよ。

この記事では、コーチングの意味や目的を詳しく解説していきます。コーチングに興味があるという方は、ぜひ参考にしてください。

コーチングとは?仕事に活用できるスキル

コーチングとは?仕事に活用できるスキル

近年幅広い年齢層の方と仕事することもあり、コーチングが流行っています。コーチングを覚えることができると、人材教育やセルフコーチングをすることができますよ。

コーリングの意味や歴史を解説するので見ていきましょう。

コーチングの意味

コーチングとは、相手の話に耳を傾け、内面にある答えを引き出す手法です。そのため、正しいコーチングを覚えることができると、相手が答えを引き出すまでのサポートを行うことができますよ。

コーチングをする際は、相手の話を上手に聞く必要があるため、コミュニケーション能力もあがります。会社の人材教育にや人間関係に悩んでいるという方は、コーチングを学ぶことで問題を解決することができます。

コーチングの歴史

コーチという言葉ができたのは、1500年代です。もともとは、馬車という意味が意味で使われていました。

馬車の役割である「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味から「人の目標を支援する」という意味でコーチングという言葉が使われるようになりました。

1950年頃には、ハーバード大学の教授であるマイルズ・メイス氏が、著書の中でコーチングはマネージメントに必要なスキルであると記しています。そのことがきっかけとなり、1980年には、多くのコーチングに関する出版物が増えてきました。

近年日本では、教育現場や医療関連の方など、様々な方がコーチングに関心を持っています。コーチングの基礎を覚えることができると、自ら考えて行動できる人材を育てることができますよ。

コーチングの対象者

コーチングに適している対象者は次のような方です。

  • 成長を実感できない
  • モチベーションが高い
  • 継続的にコーチングを受けることができる

上記のような方がコーチングの対象者として適しています。

コーチングは、あくまでクライアント自身が答えを見つける必要があります。そのため、クライアント側にモチベーションがない場合は、コーチングが成功する可能性はとても低いです。

また、コーチングは相手を承認してあげることがとても重要です。普段から成長を実感できていない方は、承認してあげることで、やりがいを感じてくれますよ

このようにコーチングが適している方と適していない方がいます。しかし、一番大切なことは、クライアントがコーチングを継続的に受けてくれるかどうかです。

コーチングは、継続的に受けることで効果を発揮します。そのため、コーチングを始める際は、継続的にコミュニケーションを取れる環境を作ることも重要ですよ。

コーチングとティーチングとの違い

コーチングとティーチングとの違い

コーチングと似た言葉で、ティーチングという言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、コーチングとティーチングは、大きく意味が異なります。

ティーチングとは、クライアントに知識やスキル、ノウハウを教える手法のことをいいます。コーチングとの大きな違いは、クライアント自らが答えを伝えるところです。

クライアント自らが答えを伝えるため、基礎知識や技術を教える際には、効果的な手法です。しかし、自分の知識をクライアントに伝えるため、自分以上の人材を育てることができないというデメリットもあるんので注意してください。

コーチングの目的とゴール

コーチングの目的とゴール

コーチングを行う際は、目的とゴールを持つことが大切です。コーチングの目的の定義やゴールの設定方法について詳しく解説します。

コーチングの目的

コーチングを受ける目的には、次のような理由が挙げられます。

  • 人生の目的を見つける
  • 自己理解するため
  • アイディアを整理するため
  • 目標達成や成長のため

上記がコーチングを受ける目的になります。コーチングを受けることで、自らの人生の目的を見つけることができるため、迷いなく行動をすることができるようになります。

コーチングのゴール

コーチングを設定する際は、明確にしておく必要があります。明確にすることで、もし間違った方向に行動をした場合でも軌道修正をすることができます。

また、コーチングをする際のゴールは、クライアント自らが設定する必要があります。クライアントが迷っている場合でも、コーチがゴールを強制しないように注意してください。

コーチングのメリットとデメリット

コーチングのメリットとデメリット

コーチングには、メリットも多くありますが、デメリットもあります。それぞれ、どのようなメリット、デメリットがあるのか見ていきましょう。

コーチングのメリット

コーチングのメリットには、次のような効果があります。

  • 新しい視点を持つことができる
  • コミュニケーションの幅が広がる
  • 決断力の向上
  • 人生に対する満足度が上がる
  • 目標や理想を見つけることができる

上記がコーチングのメリットになります。コーチングを受けることで、自らが考えて生きていく能力が身につきます。

また、新しい視点が身につくため、現状に満足していないという方は、コーチングを受けることがおすすめですよ。

コーチングのデメリット

コーチングのデメリットは次になります。

  • 効果を実感するまでに時間がかかる
  • 目標達成までにスピードが重視される際は適さない
  • 自ら考えることができないクライアントには適さない
  • 一度に多くのクライアントをコーチングできない

コーチングは、クライアントが答えを持っているという考え方のため、コーチはサポートすることが目的になります。そのため、クライアント次第では、効果を実感することができないケースも考えられます。

また、コーチングは、目に見えないサービスです。コーチをする際は、コーチングには、上記のようなデメリットがあることを事前に伝えないと怪しまれる可能性があるでしょう。

コーチングをする際は、しっかりと価値を伝えるようにしてください。

関連記事コーチングが胡散臭い、気持ち悪い、意味がないと言われる理由を解説

コーチングがビジネスに効果的なケース

コーチングは、自らが答えを考えるため、ビジネスでも役立つケースがあります。特にコーチングをビジネスに活かしたいという場合は、「エグゼクティブコーチ」や「ビジネスコーチ」を覚えることがおすすめです。

エグゼクティブコーチ

エグゼクティブコーチとは、経営者や経営幹部を対象にしたコーチングのことをいいます。そのため、エグゼクティブコーチでは、組織内の課題の課題やビジネスの成果をあげることが目的となります。

また、クライアントの方が、経営者や経営幹部の方のため、ビジネスの知識やノウハウを理解しておく必要があります。ビジネスをしてきた経験を活かしたいという方は、エグゼクティブコーチングの手法を覚えることがおすすめです。

ビジネスコーチ

ビジネスコーチングとは、ビジネスの領域に特化したコーチングのことをいいます。ビジネスコーチの役割は、組織内の目標を達成や部下や社員の能力の育成や自主性の発揮などになります。

エグゼクティブコーチとは違い、組織全体をコーチングする必要があります。また、クライアントの方にビジネスコーチの手法を教えることを頼まれることもあります。

ビジネスコーチの手法を組織内に浸透させることで、生産性の高い組織を作ることができます。

まとめ

まとめ

コーチングを覚えることが多くの場面で役立ちます。また、コーチングをビジネスでに活かしたいという方は、「エグゼクティブコーチ」や「ビジネスコーチ」を覚えることがおすすめです。

様々な種類のコーチングがありますが、どのコーチングをする際も、必ず継続して行える環境を作るようにしましょう。