コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-600-2505

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.12.02
資格別解説

コーチングでの質問スキルは必要?手法を学んで目標達成に活かす

コーチング 手法

コーチングは、コーチのスキル次第で大きく結果が変わります。そのためコーチングをする際は、知識や技術を学ぶようにしてください。

コーチングの手法を存分に発揮することができると、クライアントや部下のコミュニケーションを円滑にして目標の達成を目指すことができますよ。

コーチングに興味があるという方は、ぜひ参考にしてください。

コーチングの正しい手法を身につけるには

コーチング スキル

コーチングを実践する際は、コーチングの定義をしっかりと理解しておく必要があります。コーチングの定義について解説するので、ぜひ参考にしてください。

コーチングの定義を理解する

コーチングとは、傾聴や質問、承認を行い、相手の悩みにある答えを引き出す手法のことをいいます。

相手が自信で答えを見つける必要があるため、直接アドバイスをするという指導は行いません。そのため、似た言葉である「ティーチング」や「コンサルティング」とは違います。

コーチングは、自らがプロを名乗ればコーチとして、活躍することができます。多くの方がコーチとして活動しているため、コーチの定義が曖昧になっている方も多いと思います。

しかし、コーチングも実践を考えている場合は、定義や知識、技術などを覚えておくようにしましょう。

関連記事ーチングとは?意味や目的、ティーチングとの違いについて解説

コーチングの手法を学ぶ目的とは?

コーチング スキル まとめ

コーチングの手法を学ぶ目的は次になります。

  • 気付きを与える
  • 目標達成への向上心
  • 問題への対応力の向上

それぞれについて詳しく解説していきます。

気付きを与える

コーチングでは、クライアントが持っている潜在能力や可能性を引き出すことが目的です。可能性を引き出すことが目的なため、コーチから直接答えを教えるということはしません。

クライアント自らが自分と向き合い考える機会が多いため、様々なことに気付くことができます。

目標達成への向上心

コーチングでは、目標を達成するための目標を決め、段階を踏んで行動していくことになります。そのため、目的が明確になるので、目標達成への向上心もアップします。

また、相手を承認するテクニックを学ぶことができるため、モチベーションを上げることができます。組織内の目標が定まっていない時や部下が目標を見失っている時にもコーチングの手法は役立ちますよ。

問題への対応力の向上

コーチングでは、相手に考える時間を多く与えます。そのため、クライアントは様々な視点から物事を視る能力が身につきます。

様々な視点から物事を視ることができるため。問題への対応力も向上します。

コーチングの重要な手法である基本の三原則を学ぶ

コーチングの目的とゴール

コーチングには、基本となる三原則があります。

  • インタラクティブ
  • オンゴーイング
  • テラーメイド

それぞれについて詳しく解説します。

インタラクティブ

インタラクティブとは、双方向という意味があります。コーチングでコミュニケーションをとる際は、一方的に喋るのではなく、双方向でやりとりをすることが重要です。

コーチが一方的なコミュニケーションをとってしまうと、クライアントの考えを理解することが難しくなってしまいます。クライアントの話を聞くことで、必要とされているという実感が湧き、モチベーションが上がるこにも期待できますよ。

コーチングをする際は、双方向のコミュニケーションを取ることを意識してください。

オンゴーイング

オンゴーイングとは、現在進行系という意味です。簡単な言い方をすると継続です。

コーチングで教えたことをすぐに実行し、結果を出すということはできません。そのため、コーチングは継続的に行うことが大切です。

コーチングを実行する際は、継続的に行える環境を整えるようにしてください。また、クライアントの方にも、一度のコーチングでは、成果が出ないことを伝えておくようにしましょう。

テラーメイド

テラーメイドとは、個別対応という意味ですコーチングをする際は、クライアントの本音を聞くためにも、1対1で行う必要があります。

また、人間には個人差があるため、一人一人に合うコーチングをすることも重要です。人によって言葉の受け止め方は違うことを頭に入れてセッションするようにしましょう。

必要なコーチングスキルは手法によって異なる

コーチングのプロになるためにやるべき行動

必要なコーチングスキルは、手法によって異なります。「インタラクティブ」「オンゴーイング」「テラーメイド」それぞれに必要なスキルを解説します。

インタラクティブに必要なスキル

インタラクティブに必要なスキルは、傾聴と質問にです。一方的なコミュニケーションを避けるためにも、コーチングをする際は、傾聴することを意識しましょう。

コーチングでは、傾聴をすることが基本になります。質問をする際も相手が答えやすいように質問をすることが重要です。

☓悪い例

「なぜ仕事を失敗したの?」

◯良い例

「同じ仕事をする機会があった場合は、良くするためにどうすればいいと思う」

良い例のように質問をすると、罵倒されている感じもなく、相手も答えやすいです。 コーチングでコミュニケーションをとる際は、相手のことを理解するためにも、なるべく相手に喋らせることを意識するようにしてください。

オンゴーイングに必要なスキル

オンゴーイングに必要なスキルは、クライアントをしっかりと承認するスキルです。クライアントを承認することで、相手も認められていると感じ、モチベーションを保ってくれます。

承認をする際に注意しないといけないことは、わざとらしく承認をしないことです。わざとらしく承認しないためにも、必ず自分の意見も伝えるようにしてください。

「自分は◯◯だと思うけど、あなたはどう思いますか」と意見を伝えると、相手を認めていることもしっかりと伝わります。そのほか、承認をする際の言葉を複数用意しておくと、わざとらしさが消えるでしょう。

テラーメイドに必要なスキル

テラーメイドに必要あスキルは、クライアントの能力をしっかりと見極め課題を出すことです。組織内でコーチングをする際も、必ず個別に課題を出し、コミュニケーションを取るようにしてください。

個別にコミュニケーションをとることで、クライアントの本音を引き出すことができます。個別にコミュニケーションとる環境を確保できない場合は、電話やチャットなどでも問題はありません。

部下やクライアントなど、相手によって変えるコーチングの手法

コーチとして活動するには

コーチングは、部下やクライアントによって手法を変える必要があります。どのようなことに気をつけてコーチングをすればいいのか解説します。

個々に合わせる必要がある

コーチングでは、相手が答えを見つけ行動をすることが重要です。そのため、コーチは自らが答えを強制するような言い方は控える必要があります。

コーチの固まった思考を押し付けてしまうと、モチベーションに繋がらない恐れもあります。クライアントの方が答えを見つけた場合は、サポートする姿勢を見せるようにしてください。

また、コーチングの効果が出るまでは時間差があります。組織内でコーチングを行う際は、一人一人のペースを考えて課題を出すようにしましょう。

コーチングを実践する上での注意点とは

コーチングを実践する際は、次のことに注意するようにしてください。

コーチングのスキルが結果に表れる

コーチングは、誰でもプロのコーチとして活躍することができます。しかし、コーチングは、コーチのスキルが結果に表れます。

プロのコーチとして活動したい場合は、必ずコーチングの知識や技術を学ぶようにしてください。コーチングの技術や知識を学ぶことで、クライアントからも信頼されます。

コーチングでは、クライアントとの信頼関係がとても重要です。本心を引き出すためにも、資格などを取得し、クライアントにプロのコーチであることを証明できるようにしておきましょう。

効果が表れるのに時間がかかる

コーチングは、効果が表れるまでに時間がかかります。そのため、クライアントの方に継続的に受講してもらう必要があります。

コーチングを実践する際は、必ずクライアントの方に、効果が出るまでに時間がかかることを説明するようにしましょう。

また、クライアントの方は、コーチングをしっかりと理解していないことが多いです。コーチングを実践する前に、コーチングについての説明をすることも忘れないでください。

まとめ

コーチング おすすめ

コーチングは、ただアドバイスをするだけではなく、相手に気付かせて行動してもらうことが大切です。そのためにも「インタラクティブ」「オンゴーイング」「テラーメイド」を意識してコーチングするようにしましょう。

また、コーチングを受けるクライアントの方は、コーチングについてしっかりと理解していないことが多いです。コーチングをする際は、必ずコーチングについての説明や継続することの大切さを説明するようにしてください。

TOPへ