コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.11.08
資格別解説

コーチングの資格は必要?取得するべき人とおすすめの資格を紹介

コーチング 資格

近年コーチングが話題になっていることもあり、資格を取得しようか考えている方も多いのではないでしょうか。

コーチングの資格を取得すると、人間関係やビジネスなど、幅広く活躍するのでおすすめですよ。

この記事ではコーチングの資格を取得するメリットや学び方を紹介しています。

コーチングの資格は必要?取得するべき人の特徴

コーチング 資格必要な人

コーチングは、国家資格ではなく、民間のコーチング団体や機関が資格を発行しています。

そのため、コーチングの資格を取得しておかないと、コーチング業界で働けないというわけではありません。

しかし、コーチングの資格を取得していると、プロとして幅広く活躍することができますよ。

特に次のような方が、コーチングの資格を取得すると、大きなメリットを実感することができます。

  • プロのコーチングになりたい
  • コーチングの技術を極めたい
  • 人間関係を良くしたい
  • 自分自身を変えてみたい

それぞれの詳しく解説していきます。

一つでも当てはまる場合は、ぜひ参考にしてださい。

プロのコーチになりたい

コーチングのプロは、資格を取得していなくてもなることが可能です。

しかし、資格を取得せずにコーチングのプロを名乗ることはおすすめではありません。

なぜならコーチングは、人を相手にする仕事だからです。

多くの方が「資格を取得しているコーチ」と「資格を取得していないコーチ」なら、前者のコーチングを受けたいと感じるはずです。

資格を取得せずにプロのコーチングになってしまうと、コーチをして欲しいと思ってくれる相手が見つからないという恐れがあります

そのため、プロのコーチングを目指したいという方は、まず資格を取得して相手に安心感を与えることが大切ですよ。

コーチングの技術を極めたい

コーチングの基本は、「傾聴」「質問」「承認」することであり、それぞれにテクニックがあります。

そのため、コーチングの技術は、独学だけで学ぶということはとても難しいです。

「仕事でリーダーシップを発揮したい」方や「まわりの人の悩みを解決したい」場合は、コーチングの資格を取得することで実現することができますよ。

人間関係を良くしたい

コーチングは、傾聴が基本になりますが、話を聞いているだけでは、下に見られてしまうことがあります。

そのため、コーチングをする際は、自分自身をコーチングする方法を学び、周囲から尊敬される人間になることが基本です。

常に相手に尊敬される行動を取ることで、周囲の反応も変化していきます。

コーチングの技術を身につけることで、「必要だと思われる人間」に変わることができますよ。

自分自身を変えてみたい

コーチングを学ぶことができると、相手だけではなく、セルフコーチングをすることもできます。

セルフコーチングを学ぶことで「自分の価値基準」や「自分の弱みや強み」を知ることとができますよ。

今何をするべきなのかを身につける能力も身につけることができるので、自分の理想や目標を見つけることができるのもコーチングを学ぶメリットです。

コーチングは、仕事以外にも、様々な場面で役立ちますよ。

おすすめのコーチング資格3選

おすすめな資格 3選

コーチングの資格を取得すると、プロのコーチングとしても活躍しやすくなります。

しかし、コーチングの資格は多くあるため、どの資格を取得しようか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

プロのコーチングを目指す方は、ぜひ次の3つの中から資格を選んでください。

  • コーチングプロフェッショナル
  • 国際コーチング連盟
  • トラスト認定プロフェッショナルコーチ

コーチングプロフェッショナル

コーチングプロフェッショナル

コーチングプロフェッショナルは、コーチングの知識が全くないという方いも分かりやすいテキストになっています。

コーチングを学ぶためには、多くの専門用語やテクニックを知る必要がりますが、コーチングプロフェッショナルでは、初心者に向けて詳しく解説されていますよ。

また、コーチングの応用方法やセルフコーチングの方法まで解説されているので、資格取得後もしっかりと学んだ知識を活かすことができます。

【一般社団法人日本技能開発協会】コーチングプロフェッショナルの資格

国際コーチング連盟

国際コーチング連盟は、「ICF」と呼ばれており、世界138カ国に会員がいる大きな資格です。

コーチングの本場でもあるアメリカが、1995年に設立したため、本格的にコーチングのことを学ぶことができますよ

ただし、国際コーチング連盟は、資格を取得するために、最低8名以上の相手と100時間のコーチングをする必要があります。

コーチング業界の中では大きな資格ではありますが、取得難度が高いので、講座を受ける際は注意しましょう。

トラスト認定プロフェッショナルコーチ

トラスト認定プロフェッショナルコーチは、実際にコーチングを受けながら学ぶことができます。

コーチングの技術を極める際は、一度プロのコーチングを受けてみるということはとても良いことです。

コーチングを実際に体感しながら学ぶことで、テキストでは分からない細かなテクニックに気づくこともできますよ。

こちらがおすすめのコーチング資格です。

上記の3つの資格を取得すると、コプロのコーチングとしても活躍する幅が大きく増えます。

資格を取得することで、クライアントに安心感を与えることもできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

コーチングの資格取得後に実践することがとても大切

コーチング 実践

コーチングは、取得を資格後に実践しない方も多くいます

そのためコーチングの資格取得後は、コーチングを上手くすることではなく、コーチングを実践していくことを意識することがプロになるためには大切です。

資格取得後にコーチングの本を読むことやコーチングを体感することで、さらに知識や技術を身につけることも可能ですよ。

コーチングの資格を取得したことに満足せず、ぜひ学び、実践することを意識してください。

関連記事コーチングを学ぶ方法は?実践するメリットやおすすめの講座を紹介

関連記事コーチングとは?ティーチングとの違いや実践方法を詳しく解説