コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.11.29
資格別解説

コーチングを仕事にするには資格は必要?〜起業や独立に必要なスキルとは〜

コーチング 仕事
近年コーチング資格が仕事になると注目を集めています。しかし、コーチングのプロとして活躍するために、資格が本当に必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コーチングの資格を取得するメリットやプロとして活躍するために必要なスキルを解説します。コーチングのプロとして活躍したいという方は、ぜひ参考にしてください。

コーチングを仕事にするために資格は必要なのか

コーチングを仕事にするために資格は必要なのか

プロのコーチングとして活動するためには、資格は必要ありません。自らがプロのコーチの名乗るだけで、仕事をすることは可能です。

資格による権威性はほとんどない

資格を取得するメリットは、権威性を出せるところです。しかし、コーチングの資格は全て民間資格なため、権威性が出るとはいえません。

また、コーチングを技術や知識を学びたいという場合は、実際にコーチングを受けてみることが一番効果的です。将来コーチングのプロとして活躍したい場合は、資格勉強をするのではなく、プロのコーチングを受けてみるといいでしょう。

プロのコーチングとして活躍したい場合は、資格よりも次のような実績が重要といえるでしょう。

  • コーチとしてどのような経験や訓練を受けてきたのか
  • どれぐらいの人数をコーチングしてきたのか
  • コーチングしてきたクライアントは成果を出したのか

コーチングのプロとして活躍したい場合は、上記のような実績が重要です。資格を取得するのではなく、クライアントに実力を伝えられるような実績を積むことを意識しましょう。

資格を持つメリット

コーチングの資格を取得することで、次のようなメリットがあります。

  • 自信をつけるこができる
  • 知識や技術を効率的に学ぶことができる
  • クライアントに信頼される
  • コミュニティに所属できる

上記がコーチングの資格を取得するメリットです。コーチング講座の中には、資格取得後にコミュニティに参加できる場合があります。

コミュニティに参加することで、案件がもらえることや他に診断士と協業を持ちかけられることもあります。プロのコーチとして活躍を目指している場合は、資格を取得しておくと多くのメリットがあります。

コーチングの具体的な仕事内容

コーチングの具体的な仕事内容

コーチングの資格を取得すると次男ような仕事をすることができます。

  • 部下とのコミュニケーションを円滑にする
  • パーソナルコーチング
  • 人材育成
  • 企業への研修
  • 講師・講演活動
  • 必要経費

部下とのコミュニケーションを円滑にする

上司と部下でのコミュニケーションでは、一方的に上司が話をするケースが非常に多いです。しかし、一方的なコミュニケーションをしていると、部下の考え方を汲み取ることができません。

コーチングの基本は、相手の話を聞き、答えを引き出すことです。そのためコーチングを学ぶことで、コミュニケーションスキルを身につけることができます。

パーソナルコーチング

パーソナルコーチングとは、1対1でセッションしながらコーチすることです。1対1でコーチングを行うため、クライアントの本音を聞きやすいというメリットがあります。

また、パーソナルコーチングに関わらず、コーチングは1対1で行うことが基本です。コーチングを行う際は、1対1の環境を作るこを心がけるようにしてください。

パーソナルコーチングを行うメリットは次になります。

  • 思考を整理する
  • 凝り固まっている発想を転換する
  • 仕事のパフォーマンスを向上させる
  • プライベートと仕事のバランスを見直す
  • 理想のキャリアを考える

パーソナルコーチングを行うことで、クライアントの進むべき方向を明確にすることができます。

人材教育

コーチングは、相手が答えを持っていることを前提で指導をします。自らがしっかりと考えないと答えが見つからないこともあり、コーチングは、人材教育をする際に役立ちます。

また、コーチングと似た言葉であるティーチングは、相手に直接答えを教える手法です同じく人材教育をする際に使う手法ではありますが、メリットやデメリットが異なります。

コーチングを使い人材教育をする際は、しっかりとコーチングのメリットを活かすようにしましょう。

企業への研修

企業への研修では、傾聴や質問を行いクライアントの能力を引き出すし、行動や成長を促進させることが目的になります。

また、企業へコーチングをする際は、「エグゼクティブコーチ」や「ビジネスコーチ」など、ビジネスに特化したコーチングの手法を利用することが多くあります。

自身のビジネス経験を活かしたい場合などは、エグゼクティブコーチやビジネスコーチを覚えてみてください。

講師・講演活動

近年コーチングは関心が持たれていることもあり、講師や講演活動なども人気があります。しかし、コーチングセミナーは怪しいと思われている方も多くいるため、まずは実績をつけることがおすすめです。

そのほか、資格を取得することで、コーチングの知識や技術があることを証明できます。

収入はいくらぐらいもらえるのか

収入はいくらぐらいもらえるのか

コーチングは、資格を取得すれば、プロになることができます。そこで気になるのは、コーチングの収入です。

コーチングの基本である1on1コーチングの場合の仕事内容や相場を解説します。

1on1コーチング

1on1コーチングとは、定期的に1対1でセッションを行うコーチングです。コーチングの内容は様々であり、仕事や健康、結婚など、クライアントによって違いがあります。

1on1でコーチングを行うためクライアントが本音で話してくれやすいというメリットがあります。コーチングは、大勢の人数で行うよりも1対1で行う方が難易度は下がります。

そのため、コーチングを初めてする場合などは、1on1コーチングに挑戦してみることがおすすめです。

相場

コーチングの平均相場は、1時間で1万円~1万5千円です。しかし、コーチングは継続的に行わないといけないこともあり、3ヶ月プランや6ヶ月プランなどを組まれる場合もあります。

また、個人でコーチングを行う場合は、1回5000円と相場を安くしている場合もあるため、相場は様々といえます。

必要経費

コーチングに必要な経費は、オンラインと対面コーチングで異なります。

対面コーチングの場合は、セッションの場所を確保する必要があります。セッションする場所は、会議室や喫茶店、ホテルのロビーなど様々です。

そのほか、移動手段に時間やお金がかかることもあるため、オンラインに比べると、値段を高めに設定することがおすすめです。

オンラインコーチングの場合は、会話をすることができるツールを使用する必要があります。

  • Skype
  • ZOOM
  • チャットワーク
  • Facebookメッセンジャー

上記がオンラインコーチングに必要なツールになります。現在、国際コーチ連盟の調べによると 7割近くがオンラインでコーチングを実施しています。

スマートフォンがあればツールをインストールをするだけでコーチングを実施することが可能なため、まずはオンラインコーチングを行うことがおすすめです。

関連記事コーチングを仕事にするには資格は必要?〜起業や独立に必要なスキルとは〜

コーチングを仕事にするために必要なスキル

コーチングを仕事にするために必要なスキル

コーチングを仕事にするためには、次のようなスキルが必要になります。

  • 目標を達成するコーチング
  • 目的を果たすコーチング
  • 悩みを解決するコーチング
  • 集客力
  • 自分の価値を伝えるスキル

それぞれについて解説していきます。

目標を達成するコーチング

コーチングの一番の目的は、クライアント自らが目標を達成することです。そのため、コーチングをする際は、クライアントに主導権を握ってもらう必要があります。

そのためプロのコーチとして活動するためには、クライアントのモチベーションを保つスキルが必要です。クライアントの目標は様々ですが、最終的には自走させてあげることを意識してコーチングをしましょう。

目的を果たすコーチング

コーチングをする際は、目的を果たすためにも明確にしてあげる必要があります。多くのクライアントは、目標を決めていることはありますが、目標を達成するためにどうすればいいのか目的を持っている方は少ないです。

クライアンとが目標を持っている場合は、次に何をすれば良いのかはっきりさせることもコーチングに必要なスキルです。コーチングのプロを目指しているという方は、クライアントの目的を明確にすることを意識しましょう。

悩みを解決するコーチング

プロのコーチングとして活動する場合は、クライアントの悩みを理解し解決するスキルが必要になります。クライアントの悩みとは、理想の状態に対する障害のことをいいます。

また、悩みを解決する際は、クライアントが主体的に考える環境を作ることが重要です。コクライアントが悩みを持っている場合は、次のことを意識するようにしましょう。

  • 問題解決のヒントを与える
  • 利像の状態に積極的に近づけるマインドの状態に変える

集客力

どれだけコーチングの技術や知識を持っていても、集客するスキルがないと仕事にすることはできません。この集客というスキルがなくコーチングを仕事にすることを挫折する方が多くいます。

なぜならコーチングを怪しむ方やコーチングのメリットを理解している方が少ないからです。そのためコーチングで集客する際は、独自の集客方法をもっておく必要があります。

  • 交流会やイベントに参加する
  • コミュニティに所属する
  • クライアントに紹介してもらう
  • ブログやSNSで情報を発信する

上記がコーチングを受けたい人を集客する方法です。プロのコーチとして働く際は、自ら集客できるパターンを用意しておくようにしてください。

自分の価値を伝えるスキル

コーチングのプロとして活躍するには、自らのコーチングの価値を伝えつ必要があります。なぜならコーチングは、日本に浸透していないことや怪しまれることが多いからです。

また、継続的に行うわないと効果がでないことを知らず、途中で受講を辞める方も多くいます。クライアントを見つけることができた場合は、必ず次のことを理解させておく必要があります。

  • コーチングを受けるメリット
  • コーチングに投資をする価値
  • 自分のコーチとしてのスキルや技術の証明
  • 継続的に受講することの大切さ

コーチングは目に見えないビジネスなため、非常に価値を伝えづらいサービスです。事前に必ずコーチングについて説明するようにしましょう。

コーチングとコンサルティングの違い

コーチングとコンサルティングの違い

コーチングとコンサルティングは同じく行動変容を目的としています。しかし、コーチングとコンサルティングでは、アプローチの仕方が異なります。

コーチングは、クライアント自らが目標を達成するために戦略を考えさせ高度してもらえるようにサポートします。しかしコンサルティングでは、クライアントにヒアリングした情報を基に、戦略やプランを考えクライアントに答えを与えて上げる必要はあります。

また、コンサルティングでは、クライアントは受け身でいる必要があります。それに比べコーチングは、クライアントが自ら問題を解決するためにも、自己啓発力の姿勢が必要です。

アプローチの仕方だけではなく、クライアントの姿勢も違うことを覚えておきましょう。

コーチングを仕事にするメリット・デメリット

コーチングを仕事にするメリット・デメリット

コーチングを仕事にすると、どのようなメリット、デメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット

コーチングを仕事にするメリットは次になります。

  • ライフスタイルに合わせて仕事ができる
  • オンラインで仕事をすることが可能
  • 運営コストが小さい

上記がコーチングを仕事にするメリットです。

コーチングは、運営コストも小さく、自身のライフスタイルに合わせて仕事をすることができます。コーチングの技術や知識があれば、リスクなしでビジネスを始めることができますよ。

新しくビジネスに挑戦してみたいという方には、コーチングの資格を取得してみることがおすすめです。

デメリット

コーチングを仕事にするデメリットは次になります。

  • クライアントの人生に関わるため責任が重い
  • 収入が不安定である
  • 怪しまれることが多い

上記がコーチングを仕事にするデメリットです。

コーチングは、自由なビジネスにすることができるビジネスではありますが、成果がでないと収入がゼロになることもあります。また、日本ではコーチングが浸透していないこともあり、怪しいビジネスだと思っている方も多くいます。

トラブルにある可能性もあるため、中途半端な知識や技術ではできない仕事でもあります。コーチングを仕事にする場合は、クライアントに信頼されるためにも、必ず資格を取得しておくようにしましょう。

コーチングの実績による成果の例

コーチングの実績による成果の例

コーチングの実績としてどのような成果があげられるのかイメージができないという方も多いのではないでしょうか。コーチングを仕事にすると、どのような成果を上げることができるか紹介します。

部下の成長や変化

コーチングを学ぶことで、部下への接し方やマネジメント方法を知ることができます。部下が自ら考えて行動する組織を作ることができるため、部下の成長や変化を実感したという方は多くいます。

このような会社内の組織をまとめるコーチングを「ビジネスコーチ」といいます。ビジネスの現場で成果をあげたいという方は、ビジネスコーチを学ぶことがおすすめです。

周囲の変化

コーチングを学ぶことで、効果的な質問ができるようになります。そのため、相手がどんどんとアイディアを出して実現してくれるように行動してくれたという声も多くあります。

コーチングは、ティーチングやコンサルティングとは違い、周囲の人間の能力を引き出すことができます。周囲の行動を変化させることができるのも、コーチングの特徴といえるでしょう。

コーチングを学ぶことで様々な実績をあげることができます。特にビジネスの現場では、コーチング技術や知識が必要とされる場面が非常に多いことが分かります。

ビジネスのノウハウや知識があるという方は、コーチングと一緒に自身の経験をアピールするといいでしょう。

まとめ

まとめ

コーチングは、資格を取得することで、クライントからの信用を勝ち取ることができます。必ず資格が必要というわけではありませんが、プロとして活躍したい場合は、コーチングの資格を取得しておくといいでしょう。

また、クライアントの中には、コーチングの効果をはっきりと理解していない方も多くいます。コーチングをする際は、必ず事前に自身の実績やコーチングのメリットを話しておくようにしてください。