コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.11.26
資格別解説

コーチングは気持ち悪い!?悪いイメージがある理由や本当の効果を解説!

コーチング 意味ない

「コーチングって怪しくない?」

このように、コーチングが「怪しい」や「意味がない」、「気持ち悪い」と言われることがあるってご存知ですか?

「コーチングって今話題で良いものなんじゃないの?」と思っている方は疑問に思うかもしれません。

そこで、この記事では、なぜコーチングが怪しい、意味がないと言われているのかを解説します。

 

コーチングは怪しい?なぜネガティブな意見がある?

コーチングビジネスは怪しい?

コーチングは、「気持ち悪い」「怪しい」「胡散臭い」など、ネガティブな意見が多くあります。

なぜ、コーチングが怪しいと思われるかというと次のような理由があげられます。

  • コーチングの認知度が低い
  • コーチングの定義が曖昧である
  • コーチングの効果が人それぞれである
  • 自己啓発に批判的な意見が多い
  • コーチングが目に見えないサービスである
  • コーチング自体を知らないため否定的

コーチングは、クライアントに対して明確な答えを導き出す目標達成手段のことを意味するため、具体的な答えを教えるわけではありません。

コーチングを指導する会社やセミナーは複数ありますが、その定義は異なり、コーチングをおこなうことで明確な答えを得られるわけではないため、

その部分も「気持ち悪い」、「怪しい」、「胡散臭い」と思われる理由になります。

また、似た言葉ではありますが、コンサルティングティーチングとは、大きく異なるため注意してください。

 

 

次に、「気持ち悪い」「意味がない」などと思われる理由について、それぞれ順に解説致します。

コーチングが「気持ち悪い」と思われる理由

コーチングが「気持ち悪い」

コーチングが気持ち悪いと思われる理由は、

  • 本人に要因がある

という要素が大きいと考えられます。

本人に要因がある

コーチング関連のキーワードを検索すると、「コーチング 洗脳」というキーワードが関連として上がってきます。

コーチングにのめりこみすぎると、周りが見えなくなり、コーチングを必要以上に勧めたり、実際に講座を受けてみてはどうかと勧誘するケースもあります。

コーチングの存在を理解されていない方からすると、怪しい自己啓発セミナーのように捉えられてしまうこともあるため、強い宗教信者と思われてしまい、気持ち悪いというイメージを生んでいます。

 

コーチングが「意味がない」と思われる理由

コーチングが「意味がない」

コーチングは、意味がないという意見が多くあります。コーチングは意味がないと思われる理由が次になります。

  • コーチと名乗っている人の信頼が低い
  • コーチングの認知度が低い
  • クライアントが自主的に受けていない

コーチングが意味がないと思われる理由が上記になります。

コーチと名乗っている人の信頼が薄い

コーチは、自らがコーチと名乗ってしまえば、活動することができます。そのため、コーチと名乗っている人の信頼が薄いのも原因の1つともなっています。

コーチングは、相手の話を聞き出す必要があるため、信頼関係はとても重要です。

信頼してもらうためには、コーチとしての実力をつけることが最低条件です。結果が出るコーチングができるとなれば、クライアントは信頼するからです。

コーチとしての信頼を勝ち取るためにも、コーチングの技術や知識があることを証明する資格を取得することがおすすめです。

コーチングの認知度が低い

コーチングは、まだまだ知名度が低いことが考えられます。そのため、コーチングとは何なのか、どんな効果があるのか理解していない方は多くます。

また、コーチングは、形に見えないビジネスのため疑われることが多くあります。コーチングをクライアントにする際は、コーチング自体の価値をしっかりと伝えるようにしましょう。

クライアントが自主的に受けていない

コーチングは、継続的に行うことで効果を発揮します。そのため、クライアントがコーチングを自主的に受けていない場合は、意味がないと思われてしまうことが多いです。

クライアントがコーチングを自主的に受けるも受けないも、コーチングをする側のコーチの実力です。コーチングのスキルアップができれば、クライアントがコーチングを自主的に受け始めます。

コーチングのマイナスイメージは誤解

正しいコーチングの実施方法や選択を解説

これまでコーチングが「怪しい」「胡散臭い」「気持ち悪い」などネガティブなイメージについて解説しましたが、コーチングは決して悪いものではありません。

むしろ、これからの時代、コーチングスキルはビジネスにおいて求められるスキルの1つです。

 

コーチングは、コミュニケーションを円滑におこなうことで、相手と対等な立場に立ち、相手の中にある優れた能力や自主性、可能性などを引き出すコミュニケーションスキルとなります。

コミュニケーションという点に関しては、社内や社外、個人やサラリーマンに問わず、どのようなビジネスシーンでも必要なスキルであるため、コーチングを身につけることは決して悪ではありません。

「資格取得」と「セミナー・講座」の違い

コーチングスキルの取得について学習を進める際、コーチングをインターネットで検索すると、様々な学習先があります。

その中でも大きく、資格取得とセミナーや講座に分けられます。

大きな違いは、認定証(ディプロマ)が発行されるかどうかです。

コーチングが気持ち悪い、胡散臭いなどと言われないためには、第三者機関(多いのは社団法人)に認められた民間資格を取得し、体系的にコーチングスキルを身につけたという証明があればそのように思われることはありません。

社団法人に認められた正しいコーチングはどうやって学べばいい?

コーチングを学ぶためにはセミナーや資格など様々な方法があることがわかりましたが、その中でも正しいコーチングを学ぶには、第三者機関から認定されている資格を選ぶと良いでしょう。

『通信講座・通信教育のラーキャリ』の「コーチングプロフェッショナル資格」は、一般社団法人日本技能開発協会から認定された資格で、企業が社内研修としても導入された実歴のある通信資格です。

プロ講師から受けるよりも安価かつ、自分のペースで学習できるので、初心者だけどコーチングを学んでみたいという方にはおすすめの教材です。

また、コーチング実践しているけど、結果がまだ出ていないような人にもスキルアップに役立つのでおすすめです。

コーチングプロフェッショナル

【一般社団法人日本技能開発協会】コーチングプロフェッショナル資格

 

まとめ

コーチング意味ない まとめ

コーチングは、誰もがプロになれるため、怪しいと思われる場合が多くあります。そのため、コーチングのプロとして活躍したい場合は、資格を取得し、知識や技術があることを証明することがおすすめです。

『通信講座・通信教育のラーキャリ』の「コーチングプロフェッショナル資格」を取得することでコーチングのスキルを磨くことができます。

またコーチングを受ける際は、自らがしっかりと決断することが重要です。目標を持ちながら、継続的にコーチングを受けるようにしましょう。