コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.11.26
資格別解説

コーチングが胡散臭い、気持ち悪い、意味がないと言われる理由を解説

コーチング 意味ない

コーチングは、怪しいや意味がないと言われることが多くあります。この記事では、なぜコーチングが怪しいと言われているのか解説します。

また、コーチングのプロとして活躍する際に、どのようなことに気をつけると、怪しまれないか紹介します。将来プロのコーチとして活躍したいという方もぜひ参考にしてください。

コーチングビジネスは怪しい?なぜネガティブな意見がある?

コーチングビジネスは怪しい?

コーチングビジネスは、怪しいというネガティブな意見が多くあります。なぜ、コーチングビジネスが怪しいと思われるかというと次のような理由があげられます。

  • コーチングの認知度が低い
  • コーチングの定期が曖昧である
  • コーチングの効果が人それぞれである
  • 自己啓発に批判的な意見が多い
  • コーチングが目に見えないサービスである

上記のような理由がコーチングが怪しいと思われる原因であります。

また、コーチとは名乗っているが、提供しているものがコーチングではない場合があります。コーチングとは、基本的に相手の話を聞くことがメインになります。

似た言葉ではありますが、コンサルティングやティーチングとは、大きく違うので注意しましょう。

コーチングが「胡散臭い」「怪しい」と思われる理由

コーチングが「胡散臭い」

コーチングが怪しい一番の理由として、怪しい自己啓発セミナーがあげられます。コーチングは、自らがプロを名乗ってしまえば誰でも簡単にプロのコーチとして活躍することができますよ。

そのため、コーチングには、怪しい自己啓発セミナーが多くあります。どのような自己啓発セミナーが怪しいのか見ていきましょう。

怪しい自己啓発セミナーについて

怪しい自己啓発セミナーか見きわめる際は「勧誘時」「参加時」「参加後」の3つのタイミングに注目する必要があります。それぞれどのようなところに気をつければいいのか解説していきます。

勧誘時

悪質な自己啓発セミナーは、近年SNSなどで勧誘してくるケースが増えています。SNSなどで勧誘をする際に、あなたが持っている不満や不安を煽ってくるような文章の場合は、悪徳なセミナーの可能性が高いです。

また、セミナーを受けることで人生が変わったなど、成功例を見せてくるのも悪徳セミナーの特徴です。勧誘時に次のような言葉が含まれている場合は注意しましょう。

  • とにかく稼げる
  • 人生が大きく変わった
  • すぐに行動できるかどうかが重要
  • 恩人や師匠など第三者の言葉が含まれている
  • 時間やお金の価値について語る

セミナーの勧誘時に上記のような言葉が含まれている場合は、怪しいセミナーの可能性がとても高いです。また、友人や同級生から直接誘われるケースもあるので注意するようにしてください。

参加時

悪質な自己啓発セミナーでは、まず体験や説明会、「とりあえずご飯に行こう」などの形で呼び出してくる可能性が高いです。その後手応えがあれば本格的なセミナーを行っていきます。

このような勧誘の場合は、講師が失敗談で共感を誘います。その後セミナーに参加すれば成功した方法を教えると参加させられるケースが多いです。

セミナーに参加する際に次のような言葉が含まれていた場合は、注意するようにしましょう。

  • 講師が失敗談を語る
  • 成功を掴む方法に具体性がない
  • 行動することの重要性を語る
  • 普通の人を馬鹿にする

セミナー参加時に上記のような言葉が含まれている場合は、怪しいセミナーの可能性がとても高いです。そのほか「会社員はダメ」のような常識とは違うような発言をされる場合は注意しましょう。

参加後

悪徳セミナーでよくあるケースは、「具体的な方法が書いている教材を持ってきた」や「別のセミナーに参加するとさらにノウハウを学ぶことができる」など、高額な情報商材の申し込みを誘ってくる場合があります。

実際に購入してみると、内容が薄いケースが多いため、注意する必要があります。また、セミナー参加後に次のような言葉が含まれていた場合は、注意するようにしてください。

  • 成功すればお金を取り戻すことができる
  • 教材は値引きされているがとても価値がある
  • 友達にも教材を紹介して欲しい

セミナー参加時に上記のような言葉が含まれている場合は、怪しいセミナーの可能性がとても高いでので注意するようにしましょう。

コーチングが「気持ち悪い」と思われる理由

コーチングが「気持ち悪い」

コーチングが気持ち悪いと思われる理由は、主に2つあります。

  • コーチに要因がある
  • 本人に要因がある

それぞれについて詳しく解説していきます。

コーチに要因がる

コーチングは、自らがプロと名乗ればコーチとして活躍することができます。そのため、コーチがコーチングの知識や技術がない場合があります。

また、コーチングを名乗っているが、やっていることはティーチングやコンサルティングであるコーチも多くいます。コーチングの基本は、相手の話を聞くことです。

もしもコーチングを受けている際に、相手が答えを教えてくる場合は、知識や技術がない可能性が高いでしょう。相手がしっかりと話を聞いてくれるのかどうかも確かめるようにしてください。

本人に要因がある

コーチングは、相手に答えがあることを基本とします。そのため、いくらコーチが頑張った場合でも、本人が答えを見つけないとと真価を発揮しません。

コーチングは、あくまで答えを引き出す手法になります。コーチングを受ける際は、コーチングが終わる頃には、どうなりたいのか目標を決めておくことが大切です。

コーチングが「意味がない」と思われる理由

コーチングが「意味がない」

コーチングは、意味がないという意見が多くあります。コーチングは意味がないと思われる理由が次になります。

  • コーチと名乗っている人の信頼が低い
  • コーチングの認知度が低い
  • クライアントが自主的に受けていない

コーチングが意味がないと思われる理由が上記になります。それぞれ詳しく解説していきます。

コーチと名乗っている人の信頼が薄い

コーチは、自らがプロと名乗ってしまえば、活動することができます。そのため、コーチと名乗っている人の信頼が薄いのも原因の一つでも。

コーチングは、相手の話を聞き出す必要があるため、信頼関係はとても重要です。コーチとしての信頼を勝ち取るためにも、コーチングの技術や知識があることを証明する資格を取得することがおすすめです。

コーチングの認知度が低い

コーチングは、まだまだ知名度が低いことが考えられます。そのため、コーチングとは何なのか、どんな効果があるのか理解していない方は多くます。

また、コーチングは、形に見えないビジネスのため疑われることが多くあります。コーチングをクライアントにする際は、コーチング自体の価値をしっかりと伝えるようにしましょう。

クライアントが自主的に受けていない

コーチングは、継続的に行うことで効果を発揮します。そのため、クライアントがコーチングを自主的に受けていない場合は、意味がないと思われてしまうことが多いです。

近年では、オンラインなどを使い、継続的にコーチングをする環境を作ることが可能です。クライアントをコーチングする際は、継続しやすい環境を作るようにしましょう。

正しいコーチングの実施方法や選択を解説

正しいコーチングの実施方法や選択を解説

コーチングを実践する際は、正しいコーチング方法や選択を知っておく必要があります。正しいコーチング方法を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

正しいコーチングとは

コーチングとは、相手の答えを引き出すことです。そのため、答えを押し付けることや教えることは正しいコーチングといえません。

コーチングをする際は、相手の答えを引き出すためにも「傾聴」「質問」「承認」を意識するようにしてください。

関連記事コーチング実践のポイント!目的や目標達成に必要なスキルを徹底解説

コーチングに関わる人の注意点

コーチングは、あくまで相手に答えを与えるものになります。そのため、コーチングをする際は、答えを無理強いさせないように意識しましょう。

また、コーチングを受ける側は、自らが正しい答えを選択するようにしてください。

まとめ

コーチング意味ない まとめ

コーチングは、誰もがプロになれるため、怪しいと思われる場合が多くあります。そのため、コーチングのプロとして活躍したい場合は、資格を取得し、知識や技術があることを証明することがおすすめです。

またコーチングを受ける際は、自らがしっかりと決断することが重要です。目標を持ちながら、継続的にコーチングを受けるようにしましょう。