コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-600-2505

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2020.12.02
資格別解説

コーチングはビジネス成功の秘訣!人材育成の活用におすすめスキル

コーチング体験セッションはどのようなもの

コーチングは、近年起業家や管理者の方からも注目されています。コーチングをビジネスに取り入れると、自主的に行動することができる組織を作ることができますよ。

この記事では、コーチングをビジネスに取り入れるメリットやコーチングを学ぶ方法を解説します。

コーチングに興味があるという方は、ぜひ参考にしてください。

なぜコーチングはビジネスで注目されているのか?

コーチングを仕事にするメリット・デメリット

近年ビジネスでは、コーチングが注目されています。コーチングが注目されている理由としては次のような理由があげられます。

  • 考える力を育てることができる
  • 主体性や応用力を高められる
  • 個性を活かすことができる
  • 学習力を上げることができる

コーチングは、上記のように、組織自らが考え行動する力を身につけることができます。

組織内を動かす際に、トップダウン型のやり方では、いつまでも次世代を育てることはできません。また、トップダウン型のやり方は、教える側の知識や経験に左右されてしまいます。

コーチングは、相手に答えを出させ行動させるため、教える側の知識や経験に依存されることはありません。自ら考え行動する人材を作ることができるので、人材育成をする際は、コーチングを取り入れることがおすすめです。

コーチングは起業家や管理者にも重要なビジネススキル

コーチングのメリットとデメリット

コーチングは起業家や管理者の方もよく学ばれるマネジメント方法です。特にコーチングに関心を持っているのが、ベンチャー企業です。

ベンチャー企業は、ビジネスの変化が速いため、一人一人に高いスキルが求められます。コーチングを実践すると、自らが考えて行動する組織を作ることができるので、ビジネスの変化にも対応することができます。

コーチングを実践すると、組織内に様々な変化を起こすことができます。

  • 組織が活性化する
  • トップダウン型を超えた成果を出すことができる
  • 部下や社員が自ら考え行動する
  • 組織内の目標が明確になる

コーチングを実践すると、組織に上記のような変化を起こすことができます。コーチングは、優秀な人材を育成することができるので、起業家の方や管理者の方は、コーチングの手法を覚えてみてください。

コーチングをビジネスに取り入れた効果

コーチングが「意味がない」

コーチングをビジネスに取り入れると、次のような効果を機体することができます。

  • 部下の主体性を育成できる
  • 自ら考えるため応用力を育成できる
  • 組織のチームワークが活性化する

それぞれの効果について見ていきましょう。

部下の主体性を育成できる

コーチングでは、部下の意思を尊重しながらコミュニケーションを行います。そのため、仕事でも部下の意思や判断に基づいて行動することが多くなります。

自ら行動する機会が増えるため、受け身にならず主体的に動いてくれるようになります。

自ら考えるため応用力を育成できる

コーチングは、相手が答えを持っているという考え方で指導をしていきます。そのため、自らが考えて答えを見つける能力が身につきます。

また、考えることで、様々な視点をもつことができるので、応用力が身につきますよ。自ら考える力を身につけさせたい場合は、未来を見据えた質問をすることがポイントです。

ミスをした際に「なぜミスをしたの?」と質問するのではなく「同じ仕事をする機会があった場合、良くするためにはどうすればいいと思う?」のような考えることができる質問をすることを意識してください。

質問の仕方を工夫するだけで、自ら考える能力は育成することができますよ。

組織のチームワークが活性化する

組織内でコーチングを実践すると、組織全体の目標を明確にすることができます。目標が明確になるため、組織のチームワークが活発にすることができます。

また、コーチングを行うと、部下と上司のコミュニケーションを取る機会が自然と増えていきます。組織内で目標が定まっていない場合やコミュニケーション不足に感じる場合は、コーチングを取り入れることがおすすめです。

コーチングの資格と学び方

コーチングがビジネスに効果的なケース

コーチングをビジネスに取り入れると、様々なメリットがあります。コーチングを学んでみようか考えている方もいるのではないでしょうか。

コーチングのおすすめの学び方や資格について解説していきます。コーチングに興味があるという方は、参考にしてください。

コーチングの学び方

コーチングには、様々な学び方があります。

  • 書籍で学ぶ
  • 講座で学ぶ
  • スクール通う
  • コーチングを受講する

コーチングは、資格がなくてもプロとして活動することができるため、独学で学ぶ方も多くいます。しかし、独学で学んでしまうと。コーチングの知識や技術があることを証明することが難しくなります。

コーチングは、形に見えないビジネスなため、怪しまれてしまうこともあるでしょう。クライアントから信頼を勝ち取るためにもコーチングの資格を取得しておくことがおすすめです。

 コーチングの資格

コーチングの資格は、全て民間資格です。そのため「絶対など、にこの資格を取得しといた方が良い」という資格はありません。

一つ気をつけて欲しいことは、コーチングにも様々な分野があります。ビジネスでコーチングをする際に役立つ「ビジネスコーチ」や日常生活で役立つ「ライフコーチ」など、どのような場面でコーチングを役立てたいのか決めておくようにしましょう。

また、講座の中には、資格を取得することで勉強会などに参加できるサービスを行っている講座もあります。勉強会などに参加し、コミュニティを作っておくと仕事に繋がることもありますよ。

将来的に独立することを考えている場合は、コミュニティがあるコーチング講座を受講することがおすすめですよ。

コーチングはビジネスにもなる

コーチングが「気持ち悪い」

コーチングは、知識や技術さえあれば、プロとして活動をすることができます。そのため、自分のコーチングスキルを商品化している方は、多くいます。

会社に勤めコーチとして活躍している方もいれば、コーチングセミナーの講師として活躍している方もいます。

また、コーチングの資格を取得して、プロのコーチになる方もおられます。将来的に独立を考えている場合は、コーチングの資格を取得しえおくとコーチとしての活動の幅も増えますよ。

独立してプロのコーチにも

コーチングの資格を取得すると、プロのコーチとして活躍することも可能です。プロのコーチとして独立することを考えている方は、オンラインコーチングをできるようにしておくことがおすすめです。

なぜなら、近年コーチングを受講している方の6割がオンラインで受講しているからです。また、オンラインコーチングの場合は、インターネットさえつながってしまえば良いので、経費がかかることもありません。

将来的に独立を考えているという方は、オンラインコーチングを一度受講してみてください。

また、コーチングは、仕事を見つけるのが難しい職業でもあります。将来的に独立を考えている場合は、コミュニティに参加するなど、案件がもらえるくすうをすることがおすすめですよ。

まとめ

コーチング講座の選び方

コーチングは、近年ビジネス業界でも注目を集めています。起業家や管理者の方がコーチングを実践すると、祖式は大きく成長しますよ。

人材育成に力を入れたいという方は、ぜひコーチングを学んでみてください。

また、コーチングは資格を取得することでプロとして独立することもできますよ。独立をしてビジネスを始めてみたいという方は、ぜひコーチングを学んでみてください。

TOPへ