コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2021.02.18
行動心理

行動心理学で深層心理が分かる!よくある仕草や癖の本当の意味を解説

行動心理学 仕草アイキャッチ

人間には、それぞれ無意識にしてしまう仕草や癖があります。

仕草や癖から分かる心理を理解する手法のことを行動心理学といいます。行動心理学を理解することができると、人間関係を高めることができます。

この記事では、仕草や癖から分かる心理について解説します。

日常でよく見る仕草や癖から分かる深層心理9選

仕草や癖から分かる深層心理9選

日常では、イライラしているときや緊張している際に無意識に出てしまう仕草や癖があります。

普段よく見る仕草や癖にどのような深層心理が隠されているのか見ていきましょう。

鼻を触る仕草

人と話している最中に鼻を触る理由は、嘘をごまかしたいや本心を隠したい意思の表れです。そのほか、退屈で話を切り上げたい際も、鼻を触ることがあります。

普段から鼻をよく触るという方は、恥ずかしがり屋な性格をしています。そのため、鼻をよく触る方を注意する際は、人前で叱らないようにしてあげることも大切です。

眉毛を触る仕草

眉毛を触る仕草は、何かを隠そうとする気持ちの表れです。

特に人は、喜怒哀楽を隠す際に、眉毛が大きく動いてしまいます。そのため、眉毛の動きを無意識に隠している可能性がとても高いです。

同性であれば退屈感や疑心感、異性の場合はす好きや嫌いなど、様々な感情を表に出さないように隠している可能性が高いでしょう。

耳や耳たぶを触る仕草

耳や耳たぶをさわす仕草は、会話に不満を感じているときにでやすい仕草です。

そのほか、相手が話している話題が苦手な場合にも、耳や耳たぶを触る傾向があります。

話し相手が耳や耳たぶを触っている場合は、話題を変更する必要があるでしょう。

頭をかく仕草

頭をかく仕草は、恥ずかしいという心理の表れです。

そのほか、恥ずかしいと似た感情である、照れているときにも、頭をかく仕草をしてしまいます。

唇をなめる仕草

人間は緊張をすると、唇が乾いてしまいます。そのため、緊張しやすい人は、唇をなめる人が多いといわれています。

そのほか、性的欲求が満たされていない場合にも、唇をなめる人が多いです。唇を多くなめる人は、性的欲求が強い人ともいえるでしょう。

口を隠す仕草

口を隠す仕草は、隠したいことがある心理の表れです。会話をしている際に口を隠す場合が、話の内容や心情など、何かを隠しながら話ている可能性が高いです。

また、日常的に自分に自信がない人や大きな発言をしがちな方も、口を隠す形が多いです。

目をこする仕草

会話をしている最中に目をこする仕草は、会話の否定を意味しています。会話の内容に対して内心は否定をしていることが多いです。

また、会話をしている相手のことが嫌いな場合にも、目をこする仕草がでやすいといわれています。

相手の発言に否定から入る傾向がある方も、目をよくこする傾向があります。

唇を噛む仕草

唇を噛む仕草は、言いたいことを我慢している場合や相手の会話内容に不満がある場合に出る仕草です。

また、日頃から唇を噛むことが多いという方は、極度にストレスを感じている可能性がとても高いです。

もしも、話し相手が唇を噛んでいる場合は、話を聞いてあげることを意識することが大切です。

舌を出す仕草

舌は日常では見せることがない部分です。そのため、相手が舌を出す際は、リラックスしているときになります。

また、相手を挑発する際も舌を出す場合があります。このように挑発をする際に舌を出す場合は、余裕であることを相手にアピールしていることが多いです。

そのほか、女性の場合は、男性に対し、安心感や信頼感、好意などをアピールする際に舌を出すこともあります。

目線で分かる深層心理3選

目線で分かる深層心理3選

相手の目を見れば、相手の感情が分かると言われており、目線は心理や心情を感じ取りやすい場所です。

目線によって、どのような深層心理があるのか見ていきましょう。

瞬きをすることが多い

瞬きをすることが多い人は、緊張状態であることが多いです。

瞬きをすることが癖ではない方も、先輩や上司と会話をする際は、瞬きをする回数が増えてしまいます。そのほか、恥ずかしさを隠したい場合や嘘を隠したいときにも、瞬きをする回数は増えるといわれています。

また、日頃から瞬きをyくしてしまうという方は、些細なことでも緊張してしまう方が多いです。

上目遣い

女性が上目遣いをする際は、男性に好意を持っていることが多いです。

また、なぜ男性が上目遣いをしている女性を見ると可愛いと感じるかというと、大人が子供を見下ろした気分になるからといわれています。

男性が上目遣いをする場合は、威嚇や攻撃心の心理の表れです。

女性と男性の上目遣いの深層心理は、大きく意味が異なるので注意しましょう。

見下ろす

見下ろす仕草は、相手よりも優位に立っていることを自覚しているときに出る仕草です。

日常的に見下すような視線が多いという方は、周囲の人間を舌にみている可能性が高いです。また、人の上に立ちたいという願望がある方も、視線と見下すような目線を送ることが多くなります。

座り方で分かる深層心理5選

座り方で分かる深層心理5選

相手の座り方を見ることで、深層心理を知ることができます。

どのような座り方から深層心理が分かるのか見ていきましょう。

椅子に浅く座る

椅子に浅く座る人は、その場に居たくないという心理から出る仕草です。職場で椅子を浅く座る場合は、仕事に飽きているや早く帰りたいなどの心理が表れています。

また、商談や会議などで浅く座る場合は、あまり長く話したくないと考えている場合が多いです。

椅子に深く座る

椅子に深く座る人は、リラックスや安心をしている人に出やすい座り方になります。

そのほか、相手の話に興味がある場合は、椅子に深く座ることが多くなるといわれています。

また、自分に自信がある人や気の強い方も、椅子に深く座る傾向があります。

足を広げて座る

足を広げて座る人は、リラックスをしているときに出やすい座り方です。そのため、対面の相手が足を広げて座っている場合は、警戒していないということになります。

そのほか、足を広げる座り方は、攻撃的な人やライバル心の高い人にも見られる座り方です。足を大きく広げることで、体を大きくみせ威嚇しているともいわれています。

足を組んで座る

足を組むと、すぐに立つことができないため、安心をしているときに見られる座り方といわれています。

しかし、逆に足をむことで対面の相手と距離ができるため、警戒している可能性も考えられます。足を組む座り方には、2つの意味があるため、覚えておきましょう。

また、普段から足を組む座り方をしている方は、常にプレッシャーを感じており、足を組んでいることが多いです。

ふんぞり返って座る

ふんぞり返った座り方は、そこが自分のテリトリーであるという認識をしている心理の表れです。そのため、ふんぞり返った座り方をしている人は、プライドや縄張り意識が高いです。

場所を選ばず、ふんぞり返って座る方ほど、プライドや縄張り意識が高い傾向があるでしょう。

行動心理学は恋愛やビジネスにも活かすことが可能

恋愛やビジネスにも活かすことが可能

行動心理学を理解すると、人間の深層心理をすることができます。

人間の深層心理を知ることができると、ビジネスや恋愛などにも活かすことができます。ビジネスや恋愛に活かせる行動心理学の手法を知りたいという方は、下記の記事を参考にしてください。

行動心理学を独学で学ぶことができる本についても解説しています。

関連記事行動心理学とは?ビジネスや恋愛で即使えるテクニックを詳しく解説

社団法人に認められた行動心理プロフェッショナル資格はどうやって学べばいい?

行動心理プロフェッショナル資格を学ぶためには、第三者機関から認定されている資格を選ぶと良いでしょう。

『通信講座・通信教育のラーキャリ』の「行動心理プロフェッショナル資格」は、一般社団法人日本技能開発協会から認定された資格で、企業様が社内研修としても導入された実歴のある通信資格です。

プロ講師から受けるよりも安価かつ、自分のペースで学習できるので、初心者だけど行動心理プロフェッショナルを学んでみたいという方にはおすすめの教材です。

【一般社団法人日本技能開発協会】行動心理プロフェッショナル資格はこちら

行動心理学をさらに詳しく知りたい方は資格を取得することがおすすめ

行動心理学をさらに詳しく知りたい方は資格を取得す

行動心理学を知ることができると、多くのメリットがあります。

そのほか、行動心理学の知識を詳しく理解すると、アドバイザーやカウンセリングとして独立することもできます。

行動心理学を日常で活かしたいという方や仕事にしたいという方は、ぜひ資格を取得してください。

 

TOPへ