コラム|自宅で簡単資格取得ならオンライン通信資格【ラーキャリ】

tel.075-746-5361

平日/AM 10:00〜PM 18:00

自宅でカンタン資格取得のオンライン通信資格ポータル

コラムCOLUMN

2021.02.19
行動心理

【すぐに使える】マーケティングに活用できる行動心理学8選!

行動心理学 マーケティング

マーケティングの携わっているが上手くいかないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。マーケティングに悩んでいる方も行動心理学を理解することができると、簡単に成果を出すことができます。

この記事では、マーケティングで活用することができる行動心理学のテクニックを解説します。マーケティングに携わる仕事をしている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

マーケティングをする際に使える行動心理学8選

マーケティングをする際に使える行動心理学8選

行動心理学は、マーケティングに活用することができます。

どのような手法の行動心理学が、マーケティングに使うことができるのか見ていきましょう。

アンカンリグ効果

アンカリング効果とは、最初に入ってきた数字が、後の判断の影響を及ぼすという行動心理です。

例えば商品が4000円で販売されていても普段は高いと感じてしまいます。しかし、商品が6000円と提示されていた後日4000円に提示されたとしたら購入したいと考える方は、多くいるでしょう。

このようにアンカリング効果を活用すると、お得感を簡単に出すことができます。アンカリング効果を活用して値付けをしている企業は多くあるので、マーケティングをしている方はぜひ試してみてください。

バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは、世間の流行りや周りの評判を判断材料にするという行動心理です。

世間の評価や周りの評判でよくある「◯◯個売れた」や「今話題」のなどのようなニュアンスのフレーズは、世間の興味を引くことができます。

マーケティングをする際は、世間や周りからの声を利用することを意識してみてください。

スノッブ効果

スノッブ効果とは、希少性があり、手に入りにくくなる物は欲しくなってしまうという行動心理です。

世界で数台しかしない車や期間限定の食べ物なども、スノッブ効果が活用されています。

以前にあった、ジャガイモ不足のニュースにより、ポテトチップスの売上が飛躍的に向上したのもスノッブ効果が考えられるでしょう。

ウィンザー効果

ウィンザー効果とは、直接相手に伝えるのではなく、第三者を通して情報を伝え信頼性を勝ち取るという行動心理です。

ウィンザー効果をマーケティングに活用する際は、口コミやインフルエンサーなどを利用するといいでしょう。

また、ウィンザー効果は、マネジメントに活用することも可能です。部下を褒める機会がある際は、直接褒めるのではなく、第三者を通して褒めてみてください。

マッチングリスク意識

マッチングリスク意識とは、自分の選んだものが万が一期待する効果を得られなかったらと不安になってしまう行動心理です。

美容サブリなどでよく見る、効果がなかった際の返金保証やお客様の声などもマッチングリスク意識を考慮したものになります。マーケティングをする際は、マッチングリスク意識を解消する要素を考えるようにしましょう。

ディドロ効果

ディドロ効果とは、一つのアイテムを購入すると、その商品に合った雰囲気の物で統一したくなるという行動心理学です。

ディドロ効果は、整形などでも見られる行動心理であり、一箇所を整形してしまうと、それ以外の箇所の整形をしたくなります。

そのほか、家具を一つ買い替えると、それ以外も買い替えたくなってしまいます。

このようにディドロ効果を活用すると、リピーターを作り出すことができます。これくだ-bんあどをターゲットにする際も、ディドロ効果を活用してみてください。

カリギュラ効果

カリギュラ効果とは、何かを禁止されててしまうと、そのことが余計に気になってしまうという行動心理です。

広告のキャッチコピーでよく見る「◯◯な人以外は見ないでください」や「◯◯な人はしないでください」などのフレーズもカリギュラ効果です。

カリギュラ効果を活用したフレーズは、普通のキャッチコピーよりも頭に残ります。広告のキャッチコピーを考える際は、カリギュラ効果を活用することを意識してみてください。

返報性の理論

返報性の理論とは、人に何かをされると、お返しをしたくなるという行動心理です。

無料サンプルや試食なども、返報性の原理が活用されています。

人間は何かを受け取ったことがあると、契約までのハードルを下げることができます。マーケティングをする際は、意図的に相手に好意を与えることも意識してみてください。

行動心理学をマーケティングに活かしたい方におすすめの本5選

マーケティングに活かしたい方におすすめの本5選

行動心理学をマーケティングに活かすために勉強したいという方におすすめの本を5冊紹介します。

行動心理学初心者の方にもおすすめなので、ぜひ参考にしてください。

シュガーマンのマーケティング30の法則お客がモノを勝ってしまう心理的トリガーとは

シュガーマンのマーケティング30の法則

こちらの本は、セールスやマーケティングの実践的なノウハウが詳しく解説されています。

心理学の本である学問的な裏付けを解説しているのではなく、著者の実体験をもとに執筆されています。そのため、行動心理学について詳しく無い方でも、読みやすい本になっています。

マーケティングに携わる仕事をしている方は、読んでおいて損をすることはありません。

脳科学マーケティング100の心理技術-顧客の欲欲求をこの脳と心の科学

脳科学マーケティング100の心理技術

こちらの本は、紙やWeb、何かサービスを提供しているマーケターの方が、より成果を出すためのノウハウが解説されています。

心理的なテクニックだけではなく、上司をどのように説得するのかについても書かれているので、ビジネスマンに役立つ1冊です。

特にコピーライティングについて詳しく書かれています。LPをつくる際などにも役立つでしょう。

現代広告の心理技術101-お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは

現代広告の心理技術101

こちらの本は、消費者がどのような心理からレスポンスをしているのかということが詳しく解説されています。消費者の行動心理を理解することができると、消費者が反応を起こしやすい広告を作ることができるでしょう。

Web運営者やアフィリエイトをしている方は、ぜひ読んでみてください。

価格の心理学?なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか

価格の心理学?

こちらの本は。新商品の価格決めにフォーカスしており、消費者心理だけではなく、行動経済学も学ぶことができる一冊です。

本の中では架空の会社「チョコレートティーポットカンパニー」を題材に新商品の価格決めをしていきます。

架空の会社を題材にしていることもあり、ストーリ仕立てで非常に読みやすくおすすめです。

天才詐欺師のマーケティング心理技術

天才詐欺師のマーケティング心理技術

この本では、人の感情に訴えるテクニックについて解説されています。人の感情に訴えるテクニックを理解することができると、ビジネスの交渉を有利に進めることが可能です。

実際にこちらの本で解説されているテクニックは、アメリカでは有名な詐欺師のテクニックをマーケターの方が現代ビジネスでも合理的に使えるようにアレンジしたものです。

元は詐欺師のテクニックでもあるため、本を読むことで、自己防衛や人の嘘を見抜く力も身につく一冊です。タイトルに興味がある方は、ぜひ一度読んでみてください。

行動心理学を詳しく学びたいなら行動心理プロフェッショナル受講することがおすすめ

行動心理プロフェッショナルとは

行動心理学をさらに理解すると、マーケティングだけではなく恋愛や日常生活でも活かすことができます。

そのほか、行動心理学について詳しく知りたいという方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事行動心理学とは?ビジネスや恋愛で即使えるテクニックを詳しく解説

関連記事行動心理学で深層心理が分かる!よくある仕草や癖の本当の意味を解説

また近年、行動心理学の知識を活かし、カウンセラーやアドバイザーとして活動している方も増えています。そのため、心理学に関する資格は人気があります。

行動心理プロフェッショナルでは、人を動かす行動心理や仕事に活かせる行動心理の知識を取得することができます。スキルアップやキャリアアップにも繋がるので、行動心理学に興味がある方は受講してみてください。

行動心理プロフェッショナルについて詳しく調べる

TOPへ